ちょっと、ちょっと!

昨日買い物に出かけた時の出来事です。
いまだに携帯電話をかけながら片手で車を運転する人を多く見かける中のちょっとちょっと!な話。

小学4~5年生位の男の子が右肩にスポーツバックをかけ自転車のハンドルを握り、左腕にバット袋をかけての先には携帯電話。
もちろん左耳にあてて通話しながらの自転車走行でした。
私のかなり前方を走っていたので注意できませんでしたが、幅3m程の歩道を左右にふらふら揺れながらなだらかな坂を登っていきました。
どうかすると車道に落ちそうでハラハラしてしまい走って追いかけて行こうかと思ってしまいました。

問題点満載のこの少年、おうちではスポーツ万能の自慢の息子なのかもしれません。
習い事(野球)で遅くなったとき心配だから小学生のうちから携帯を持たせたのかもしれません。
彼のこんな姿を親は知らないのでしょうし、もし偶然見たら驚くでしょうか?
「○○ちゃん、危ないわよぉ。」で終わってしまうのでしょうか?

1、自転車の走行中携帯電話をかけない。
2、両腕に荷物満載は自転車のふらつきの原因になるのでなるべくリュックサックにして背負う。
3、歩道は本来歩行者優先なのでハンドルをしっかり握って歩行者の妨げにならぬよう走行。

・・・と言うことを子供に伝えられる親がどれだけいるのでしょうか?
以前T字路で脇から出てきた自転車と接触して右手の指を怪我してしまった私(私も自転車)。
その瞬間は何が起きたのかわからずに思わずごめんなさいと言ってしまいました。
が、軽く誤った相手が手にしていたものはメール途中の携帯電話。
しかもそのまま立ち去ってしまいました。
後から思えば明らかに相手の前方不注意と脇道から主線道路に出るときは一時停止して左右確認すべきところなのに。
私の右手指は数日間打撲で腫れてしまいました。

みなさーん、自転車にせよ、車にせよ、徒歩にせよ(ベビーカー押しながらのお母さんも含む)、ながら携帯はやめましょうよ。
[PR]

by livingmama | 2009-04-14 09:00 | 日記