夜のテルテル坊主 ~日比谷~

昨日は讃岐姫と我が家の兄ちゃんと日比谷の日生劇場へ「赤い城 黒い砂」の観劇に行ってまいりました。
生憎の雨でしかも5時開演の夜の部でしたので、芝居がはねた後は横殴りの雨と真っ暗な空間で見通しの悪い状態でした。
劇場を出て左に歩いていくとなにやらただならぬ気配を感じました。
(なにかいる!それもかなりの数っ!)
先頭を歩いていた私は後続にストップをかけました。
「ちょっと、ストップ!」
かなりの数・・・それは東京宝塚劇場の出待ちのお嬢様方。
雨の中皆さんおそろいの雨合羽を着て縦に5~6人横に無数列作っておとなしくお向かいの帝国ホテルを見つめていたのです。
アイドルを待っているお嬢様方と違ってそれはそれは静かに雨にうたれておりました。
するとちょっと先の方から小さく「あっ」「あっ」「あっ」と言う声がさざなみのように私たちが立ちすくんでいるところまで流れてきました。それと同時に帝国ホテルに向かってこれまたさざなみのように遠慮がちに手を振っているのです。
帝国ホテルの入り口を見ますと宝塚のスター(おそらくトップと言われる方?)がお嬢様方ににこやかに手を振っているではありませんか。
年齢層は10代から果てしなく・・・
そしてスターはホテルの中へ。
その瞬間テルテル坊主の様相のお嬢様方がいっせいに立ち上がりました。
「今よっ!」
私は後続の讃岐姫と兄ちゃんに声をかけ足早にまっすぐ歩いていきました。
お嬢様方、立ったはいいけれど動く気配がいっこうにありませんから、次のスターが出てくるのを待っているのかもしれません。
宝塚劇場の角を曲がろうかとちらりと視線を向けたらそちらの道路は両脇の歩道いっぱいテルテル坊主のお嬢様方がいらっしゃるじゃありませんか!
もしかして花道!?
あ、歩けない。
仕方なくまっすぐ歩いていきました。

出待ちのお嬢様方のパワーに驚かされた夜でした。
[PR]

by livingmama | 2009-04-26 16:11 | 東京散歩