もしも~~し!

1Fの店にいたら2Fの自宅用電話が鳴ったので階段を駆け上がりました。
受話器を取る瞬間ディスプレーを見たら兄ちゃんの携帯番号が表示されていましたので、
「はい、もしもし。」と応答するとあちらからは返事がありません。
かわりにざわざわとした中で複数の人間の話し声がかすかに聞こえてきます。
よく聴くと息子の声も混ざっていますので間違いなく彼の電話なのですが・・・
ざわつきとちょっと遠くで聞こえる声は会話が聞き取れません。
「もしもし?もしもーーしっ!」と大声を出して問い掛けても返事無し。
そのうち女性の声で「すりガラスの上にのせて・・・」という言葉が聞き取れました。
すりガラス?・・・そうか!今は機器実験の時間だって言ってたからその会話だ。
まさに実験の生中継。
こちらの声が聞こえないようなので受話器を置きました。

少し時間をおいてから兄ちゃんの携帯にメールをしたら電話がかかってきました。
「なに?電話がかかっちゃったの?」と兄ちゃん。
「実験の様子を携帯のカメラで撮ったあとリダイヤルボタンが押されちゃったみたいだな。」
彼の携帯は2つ折りではないのでロックをかけないとちょっとしたことでボタンが押されてしまうことがあるそうです。
いつもはすぐにロックをかけるところ、実験中の撮影ということもあってかけ忘れてしまったとのことでした。
彼はばつが悪そうにしていましたが、母はちょっと楽しかったな♪
だってちゃんと実験にいそしんでいることがわかったから。
私にとっては嬉しいハプニングでした。
[PR]

by livingmama | 2009-05-26 16:11 | 日記