りっち発 ちょっといい話

いってきま~す!と家を出てから数分後に来る家族からのメール。
たいていが「困ったな、電車が遅れてる~!」という遅延情報ですが、りっちの場合は女の子らしく「前に並んでるお姉さんの洋服がかわいい♪」なんてものもきます。
先日もちょっと心温まるメールがきました。

『船橋で目の前の席が空いたんだけど、座ろうか迷って、隣に立っていたお姉さんに座ってもらおうと思って座らなかったの。そしたら周りを見てからお姉さん座ったんだけど、今お姉さんのかばん見たら「おなかに赤ちゃんがいます」ってキーホルダーがついてたの。座らなくて良かったと心から思ったりっちでした。』

帰宅後詳しく聞いたら、あと二駅なので座らなくてもいいかなって思ったそうです。
それよりも隣に立っているお姉さんの方が都心部まで電車に乗って行きそうだったので、そういう人に座ってもらった方がいいなと体をずらしてお姉さんに譲る準備をしたそうです。
(口で「どうぞ」とは言えなかったみたい)
すると空いてる席を目ざとく見つけたおじさんがやってきたので、なぜかすごーくお姉さんに座ってもらいたかったりっちは困っっちゃったみたい。
するとお姉さんはおじさんが到着する寸前に座ってくれたのでりっちも一安心。
ふと見るとひざに置かれたバックに例のキーホルダーが付いていて、りっちは心から良かった~、とほっとしたとか。

よく『赤ちゃんが乗っています』という車を見かけますが、あれは「乗っているからどうしろと言うんだ?」というつっこみの対象になっていますよね。
でもこのキーホルダーは有効かなって思います。
お腹が大きいから妊婦さんだと思われて席を譲られた、という笑い話が雑誌に投稿されているのを見ましたし、混んだ電車の中でお腹を守るのは大変だったと妊娠中も通勤していた友人から話を聞いたこともあります。

『お腹に赤ちゃんがいます』
このキーホルダーを見たら席を譲ってあげましょうね、皆さん
[PR]

by livingmama | 2009-06-16 10:27 | りっち