虫の声と読書

この時期の夜、窓を開けると虫の声が聴こえます。
それが聴こえるとなぜか本が読みたくなる私。
秋の虫の声をBGMに読書したいのに我が家のパパさんと娘はテレビ好き。
家にいる間絶対テレビがついているんです。
その横で読書に没頭できるほど人間ができてない私・・・イライラする!
仕方なく静かな部屋へ移動。
するとまもなく私を探す声が聞こえてきます。
なんの用事だろうとテレビの部屋に行くと・・・

「見て見て、ほらこのお店、俺が前に行った店!」
んー、私は今静かに読書中なんだけど。
再び読書の世界に戻るも再び私を呼ぶ声が。
今度はワンオクターブ高い声で「来て来てっ!」
はいはい、今度はなーに?
「蜘蛛、蜘蛛!」(りっちではなくパパさんの声)
虫類、だめなんですよ、我が家の大黒柱は。
ふわりと蜘蛛さんをティッシュにくるんでお外に出てもらいます。
虫と格闘している間に虫の音が止んでしまいました。
私の読書タイムが~!

因みに昨日まで読んでいたのが「ゼロの焦点」
もうすぐ映画化されるようで久しぶりに読み返そうかな、と。
前に読んだのは高校生の頃だったかな。
あの頃は骨太の推理小説ばかり読んでいたっけ。
もちろんオシャレな推理小説も読んでいましたよ→ポアロ
ミステリーばかりだな^^;
でも、最近はブログのお友達のお勧めの本も読んだりしますよ。
[PR]

by livingmama | 2009-10-10 21:14 | 日記