希望のコースに・・・

親子でやきもきした1ヶ月弱、晴れて合格通知書が郵送されてきました。
りっちは大学進学ではなく調理系の専門学校に進学することを希望していました。
成績表と推薦状を送ったのが約ひと月前。
通常なら一週間後に結果がわかるところでした。
ところが今年はりっちが希望したコースが人気があって、大きく定員枠を突破してしまったそうです。
べつのコースを希望したクラスメートの男の子はあっさり合格通知書を手にしたのに、りっちは作文選考になってしまいました。
いつもは楽々と作文を書き上げるのに、今回は夢への第一歩と思ったせいでいつも以上にプレッシャーを感じてしまったようです。
そのまま郵送しようとしていたので「まず高校の国語の先生に見て貰ってからにしなさい。お兄ちゃんもそうしたんだから。」と学校に持って行かせました。
案の定先生の添削を受け、ようやく清書を始めたのが締め切り直前でした。
近所の郵便局に持って行ったら「今日の便は終わりました。」
それではと、本局まで行って速達便で出しました。
この2週間がどれほど長く感じたかわかりません。
28日発送予定と案内書にありましたので、29日は朝から親子でそわそわ。

午前11時、郵便配達員のバイクの音が聞こえました。
私は2階の自宅からだだだーっと階段を駆け下りて店先に行きました。
三年前、兄ちゃんの合否結果を待っているときと同じ状態で、郵便配達員から通知を受け取るとすぐにハサミで封を切りました。

やった!合格!!
すぐに夫に電話をし(今回は泣きませんでしたよ^^;)、りっちにデコメを送りました。

「合格通知きました。おめでとう☆よかったね!」って送ったら・・・

「受かったの!?」との返事が来ました。
え?わかりにくかったかな、私のメール。

「受かったよ!合格通知が着たってメールしたでしょ。おめでとう!!」
なかなか信じてもらえませんでしたよ(^^;)

とりあえずホッとした一日でした。
[PR]

by livingmama | 2009-10-29 23:13 | りっち