わずかながらの雪なれど

朝、店のシャッターを開ける音がしたので1階に行きましたらおばあちゃん(夫の母)が外で雪かき中。
そうか昨夜のうちに雨から雪に変わったんだっけ。
あれ?道路の雪は全部解けていたのを起きぬけに3階の窓から見たのに・・・

「まったく、酷い女だよ!」とちりとりを片手に店に入ってきたおばあちゃん。
「店のシャッターを開けてから店の中に入ったら急に車が家の前に止まったから、あれ、お客さんかねぇとみていたら・・・」
見ていたらぁ?
「いきなり団扇のようなもので車の屋根や前の方(フロント)の雪を落とし始めたのよ。」
え、人のうちの前で!?
「道路に雪を沢山落としてさっさといっちゃった!まったくなんて女だいっ!」
知らない人ですか?
「そう。文句言ってやろうと思ってドアを開けようとしたら気づいて行っちゃったよ。」

我が家のお向かいは内科医です。
お年寄りや小さい子が診察に来ます。
それなのに雪の上で滑って転んだら大変です。
おばちゃんは雪が溶けやすいように陽の当たる所に雪をかき出したそうです。
常識の無い大人にまたであってしまいました。

夕べの話です。
神社の巫女バイトから帰ってくるなりりっちが言いました。
「ただいま~!今日は雨で滑って転んじゃった。袴は汚れなかったけど腰のところの着物の部分が泥だらけになっちゃった。」
あらら、雪ではなかったけど雨で滑った人がここにいたか。
[PR]

by livingmama | 2010-02-02 14:56 | 日記