下関~門司港

旅も最終日の3日目。
今日は新山口駅を9:17発の電車の乗って下関に行きました。
切符は100キロ以上(だったかな?)を通しで買うと途中下車ができるしいちいち切符を買う手間が省けるのでこれを購入。
下関までの1時間半、うとうとしながら電車に揺られていきました。

今回はガイドブックなど一切買わずに行ったので、各駅で貰う無料のタウンマップが頼みの綱でした。
下関でそれを探していると観光案内所がありました。
中に入るといや~な文字が・・・
『本日、唐戸市場は定休日です』
えーーっ、ネットで調べたら「ふく(ふぐ)のから揚げ」や「ふくの握り寿司」があるというので楽しみにしていたのにぃ。
なんか今回はこんなのばっかりです。
予定してたお店が月に一度の休みと重なってしまうなんて・・・それも何ヶ所もですよ。
しかたないのでとりあえず唐戸に行くことにしました。
そこから船で門司港に渡ろうとしていたからなのですが・・・

神様は私達を見捨てていなかったー!
乗船場の近くに美味しそうなふくのお店を発見!
間口が広い入り口に沿ったカウンターと4つほどのテーブル席のお店でしたが、メニューが豊富でしかもお安いんです。
「ふくの河久(かわく)」と言うこのお店の一押しは「ふく刺ぶっかけ丼」とのこと。
私は迷わずそれにして、りっちはふく刺ぶっかけ丼・ふく串フライ・小ふく唐揚・ふく汁付がついた「ふくふく満足セット」にしました。
c0022231_8194729.jpg
りっちちゃん大食漢~と思ったあなた、フライとから揚げとお味噌汁は半分個にしたのですよ。
ふく刺しの中央に載った細切りのふくの皮が美味しかったなぁ。
下関に行ったらお勧めしたいお味です。
この近くにレトロな館があると聞いていたので探してみると・・・えーん、3件中2件が改修工事中でした。
カバーがかけられてちらりとも見えなかったぁ~。
本当に今回こんなのばかり。

船に揺られて5分ほどで九州に上陸です。
関門海峡って以外に狭いんですね。
歩いて渡れるところ(人道トンネル)もあるようですし。
門司港はレトロな街でした。
こちらのレトロな建築物は全部見られましたよ019.gif

大荷物を持っての移動が効いたのか春の陽気が効いたのか喉が渇いてきました。
ティータイムにしようかと観光案内所の方に相談したら「ドルチェ」というケーキと喫茶のお店を紹介されました。
門司の名物の焼きカレーもあるといわれ3時間程前にふくを食べたばかりだと言うのに行ってしまいました。
スコーンセットと焼きカレーを注文して待っていたら店内に流れてきたBGMが聴き覚えがあるものでした。
よく聴くと保険のCM(氷の上のプロポーズというスケーターの話)の曲に似ていただけだったのでしたが・・・
「あ、今女子のフィギュア・ショートプログラムやっているんじゃない?」
慌ててりっちが携帯電話を出してTVモードにしたら、丁度鈴木明子さんが終わるところでした。
TVを見ながら熱々の焼きカレーを半分個、スコーンも2つお皿に載っていたので1つづつ分けました。
c0022231_8204751.jpg
どちらも胃袋がほっとする優しいお味(スタッフは女性だけだったみたい)でした。
せっかくだったので安藤美姫さんまで見てから店を出ました。

門司港から小倉までの乗車券(通し切符から外れた路線だったので)を買って博多へ。
これまた1時間半以上揺られてのんびり行きましたよ。
博多駅で明太子などのお土産と夕飯の鶏の炊き込みご飯のおにぎりを買って福岡空港へ。
いいなぁ、福岡は、中心地から飛行場が近くて♪

あー、楽しくて美味しかった旅もこれで終了です。
[PR]

by livingmama | 2010-02-24 23:57 |