日本の歳時記を考える 2月の巻

2月の行事といったら節分ですね。
え~、バレンタインデーじゃないのぉ~、と言われそうですがそれはあとで。

節分=豆まきとしか思いつかない方、ちょ~っと違います。
季節が分かれる時を意味するので立春、立夏、立秋、立冬の前日をさします。
年を経て今では冬から春への季節の変わり目が新年の初めを意味するものとされ、立春の節分のみをさすようになったそうです。

節分は2月4日の立春の前日の2月3日になります。
豆まきは全国各地で行われますが、その掛け声は各地さまざまなようです。
「鬼は外」「福は内」が一般的ですが、千葉県の成田山新勝寺は「福は内」だけだとか。
豆を撒くことで邪気(鬼)を払い、福を呼び込むのです。

ところで、豆まきの作法を知っていますか?
神事ですから夜に豆まきを始めるまで、豆は枡に入れて神棚に供えておくのです。
って、現代のおうちには神棚なんて無いですよね。
(我が家は義母が商売をやっているので店に神棚があります)
そして年男か一家の主が掛け声を掛けながら豆をまくのですが、外に向かってまいたら福が出て行かないようにすぐに扉を閉めましょう。
私が子供の頃は弟がまき役で私が閉め役でした。
終了後に歳の数だけ豆を食べます。
私が親に伝え聞いたのは歳の数+1でした。
これで1年間の無病息災を祈ります。

友人宅では玄関に焼いた鰯の頭を柊の枝に刺したものを飾っていました。
これは柊の葉のとげが鬼の目を刺す為鬼が来ないという言い伝えの為。
鰯の頭の悪臭により邪気が家に入るのを防ぐ意味だそうです。
これは30代半ばに初めて知りました。

最近では恵方巻きが豆まきよりメジャーになっている気がします。
「鬼は外~」なんて恥ずかしくて言えないけれど、恵方巻きなら美味しいし無言で食べるからやりやすいわよね~、とお考えの人が多いのかな?
その歳の恵方を向いて7種類の具を巻き込んだ太巻き寿司を無言でかぶりつくのが作法のようです。
なぜ7種類の具なのかと言うと七福神をあらわしているそうです。
我が家は関東の人間なので最近までこの風習を知りませんでした。

さて、お待ちかねのバレンタインデー!
タイトルが「日本の歳時記を考える」ですからねぇ~。
日本の行事では無いのでカットします。
・・・と言ったら怒られそうなので、簡単に。つまり番外編。
実は遠征する兵士の結婚を禁じたローマ帝王に反対したバレンタイン司祭が処刑された日。
彼が愛を守護する聖人とみなされて殉教日が記念日になったそうです。
20世紀になると男女が愛の告白をして贈り物をするようになりました。
国によって愛の告白を女性から、男性からと違いはあるようです。
皆さんご存知の通りチョコレートを女性が贈るのは戦後菓子業界が考えた日本独自のもの。
冬はチョコレートを作るのにうってつけの時期ですしね。
菓子屋になるべく修行中の娘も1月か2月にチョコレートの実習があるのかな?

そうそう、来年の2月初旬だったかな?
『洋菓子店コアンドル』という映画が封切られます。
蒼井優ちゃんと江口洋介さんのW主演です。
お菓子に興味がある方は彼氏と一緒に見に行かれてはいかが。
[PR]

by livingmama | 2010-11-02 11:37 | 日記