特殊清掃

一週間前の衝撃的な出来事。
本日亡くなった方の部屋の片付けと清掃が終わりました。
清掃と言っても普通のお掃除ではないので、もぬけのカラになった後の消毒があります。
今回初めて特殊清掃を目の当たりにしました。

テレビや雑誌で目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
私は1年前に買った小説「モップガール」でこの職業を知りました。
普段はほとんどの人が知らない職業、でもこの方々がいないと大変困ります。

人の亡くなり方は自宅で穏やかに亡くなる方、病院で医師に看取られてなくなる方だけではなく、不慮の事故や不幸な事件に巻き込まれることもあります。
事件や事故をニュースで知ってもその後の「片付け」のことは報道されません。
警察は最後までやってはくれません。
遺族が出来る範囲を超えたものも沢山あります。
その時に人知れず活躍してくれる人達がいることを頭に刻んでおきましょう。

怒涛の1週間でした。
でも前向きに「私にとって貴重な経験になった」と思います。
[PR]

by livingmama | 2010-11-17 21:05 | 日記