日本の歳時記を考える 3月の巻

3月の行事と言えばひな祭りですよね。
別名を上巳(じょうし)の節句。
上巳とは3月最初の巳の日のことで中国では邪気に見舞われやすいとされた日だとか。
日本では平安時代頃に貴族が自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」が行われたのが起源のようです。
地域によっては今でも流し雛の風習が残っているようです。
江戸時代には現代の原型のような豪華な雛人形を身分の高い人々や豪商では飾ったようですが、庶民は土をこねて人形を作りささやかに女の子のいる家庭で祝ったそうです。
最近では地域ごとに特徴ある雛飾りを観光の目玉にしているところもあります。
伊豆稲取の雛の吊るし飾り、千葉県勝浦市の勝浦ビッグひな祭り。
特に勝浦のは市内浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社の60段の石段一面におよそ1,200体の人形が飾られ、夕暮れ時からライトアップされるそうです。
いつも同じ県内だから行ってみたいと思っても行き損なってしまいます。

3月中旬を過ぎるとそろそろお彼岸が近づいてきますね。
最近の子供は3月の春分の日を単なる休みとしか思っていないのでしょうね。
おじいちゃんやおばあちゃんと同居しているお子さんはお墓参りに連れて行かれたりするのでなんとなくわかってはいると思いますが。
和菓子屋さんの店先には牡丹餅がずらりと並ぶ頃ですね。
以前は牡丹の花が咲く春の彼岸は牡丹餅で花のイメージからこしあんで大ぶりに作り、萩の花が咲く秋の彼岸はつぶあんで小ぶりに作ったそうです。
でも最近は春分の日の店先でもこしあん、つぶあん共にあり「おはぎ」として売っているところも多いようです。


日本の行事ではありませんが3月14日のホワイトデーがありますね。
また3月下旬から4月下旬にかけてのイースターもありますが、これはクリスマスやハロウィン程日本人には認知度が高くないようです。
イースターは日本語で言えば復活祭。
イエスキリストが死後3日目によみがえったとされる日です。
子供の頃近所の教会でゆで卵のカラに彩色したものを貰った気がします。
キリスト教徒ではありませんが近所の教会が子供達の社交場になっていたのでクリスマスにはイエス様誕生の劇をやったり賛美歌を歌ったりしました。
いまだに教会での結婚式に招かれると昔の記憶が呼び起きて、大きな声で賛美歌を歌ってしまいます(^^;)
[PR]

by livingmama | 2010-11-26 17:09 | 日記