こどもの城

c0022231_22133284.jpg先日、青山の「こどもの城」の前を通った時、このオブジェが物凄く目立っていました。
作者は大阪万博の太陽の塔で有名な岡本太郎氏です。
丁度私が携帯でこの塔の写真を撮っていたら小学校3~4年生くらいの男の子が後ろから走ってきました。
その後ろから追いついてきた彼の母親が「○○君も写真撮ってよ。」と言ったら、
「やだ!キモイよ。」
気持ち悪い、か・・・
小さい頃から岡本作品を見なれている私と同年代の大人と違って子供はストレートです。
りっちに「気持ち悪い?」と聞くと「ううん。面白いとは思うけど。」
小さい頃から画集や展覧会などでピカソやダリを見せていたので、りっちはそれほど抵抗がなかったようです。

子供は吸い取り紙です。良い事も悪い事も皆吸い取ってしまいます。
と、誰かが言っていたけれど、大人が時々吸い取りのお手伝いをしなければ行けないな、と思ったひとコマでした。
音楽、美術、演劇・・・
演劇!?そういえば今こどもの城の劇場で「アニー」をやっているんだった。
独身時代に観たっきりだなぁ。
いつかりっちを連れて観にいきたいな。
私も小学生の頃生まれて初めて宝塚を観て感激したから、その時と同じ感動と興奮を味わって欲しいな、と思います。
[PR]

by livingmama | 2005-05-07 22:41 | 東京散歩