北陸の旅 ~金沢から七尾へ~

8月10日(水) 雨のち曇り

朝起きたら窓の外は雨模様。と言っても小雨なのだが。
昨日はあんなに晴れていたのに・・・と、食事を終えて荷物をまとめていたら雨が上がった。
ホテルをチェックアウトする前に、金沢駅のおみやげコーナーへ立ち寄ってみる。
漆塗りの漆器類、金沢の銘菓、金箔入りの脂取紙、地域限定キティちゃんの根付などなど。
りっちが加賀友禅の和小物に夢中になっている間に主人がふらりといなくなり、再び戻ってきて、「寿司があったぞ。」
チラシ寿司や太巻き寿司の類を想像していたのではじめは乗り気ではなかったが、ひととおりお土産コーナーを見てしまったので、主人が気になっているおすし屋さんへ行ってみた。

あ、押し寿司なんだ。笹の葉で包まれていて美味しそう!
富山県内ではサービスエリアなどで鱒の押し寿司を何回か買ったが、ここお店のは鯛!
どれも美味しそうなので各自食べたいものを買って山の上の公園で食べることにした。
ホテルでチェックアウトをしてから山の上の公園を目指して愛車でGO!
出発した時は日がさしてきたのに、山の上は雨がパラパラ。
そこで公園の駐車場に車を止めその中でお寿司を食べることにした。
う~ん、笹の香りが食欲を誘う!押し寿司最高!!
どこかの食事処に入らなくても美味しいものが食べられるなんて、素敵!
金沢駅にもし行くことがあればまた立ち寄りたい芝寿しでした。
但し、絶品だった「うなぎまぶし」と「穴子の棒寿司」は夏季限定だったので次に行った時はお目にかかれないかも・・・。


お腹が満足したところで再び金沢の中心部へ。
片町近くの武家屋敷跡を散策し、目指すは茶房「金沢長町菓遊庵」。
このお店は和菓子とお抹茶がいただけるだけではなく、自分でお薄茶をたてることができる「お点前遊び」というメニューがあるので旅行前からチェックを入れていた所。
この日も暑かったので主人はかき氷の柚子シロップ添え、息子は柚子フロート、私はお抹茶セット、りっちは自分で体験できるお点前遊び。
1200円は高いかなと思ったお点前遊びだったが、手作りの和菓子が2つついてきたし、お棗の中のお抹茶がなくなるまでお代わり自由だったので、かえって安上がりだったかも。
お湯はポットででてきたが、これもお代わり自由。
初めても人も心配するなかれ、点て方の説明書がついてくるのでひと安心。
なかなかうまくお茶がたてられなかったりっちだったが、主人たちが外に出て行ってしまうとプレッシャーがなくなったのか「あ、うまくできたみたい!」とにっこり。
金沢を訪れる時は是非また行きたいお店のひとつになった。

さて、本日のお宿は七尾市の民宿「サンヒルズ のと」。
金沢市内から一般道を通って七尾へ向かう。
七尾市の中心部には入らずに富山県との県境まで数百メートルというところにある民宿を目指したが、「地図をプリントアウトしてくるの忘れた!」
それでも道路沿いの大きな看板のおかげで無事に到着したのが夕方5時。
民宿と言ってもちょっとした旅館のようで、玄関を入るとマンガのコミックスが本棚にびっしり、入り口のキャビネットにはニコンやMAMIYAなどのカメラの名機がぎっしり。
なんなの、ここは?
後で聞いたらカメラはご主人の趣味で、廊下には素敵な立山の写真がいっぱい展示されていて、飽きの来ない民宿でしたよ、はい。

続く・・・
[PR]

by livingmama | 2005-08-21 23:07 |