期末試験

昨日、今日でりっちの期末試験が終わりました。
千葉市の小中学校はは2期制なので、りっちの試験期間が終わったとたんに、次は兄ちゃんの試験2週間前となります。
我が家の子供たちは塾に行っていないので、小・中学校時代は父&母が講師となって教えていました。

現在、子供たちは自分にあった方法で勉強していますが、覚え方にも兄妹でかなり個性が出ています。
兄ちゃんはノートやサポートブックの重要事項をレポート用紙に書き写して覚える派。
妹のりっちは小さな紙に漢字を書いて家中に貼り付けて覚える派。部屋のドア、廊下や階段の壁、洗面所、お手洗い・・・
りっちは目に触れるたびに覚えていくと言っていますが、主人に「目障りなんだけど・・・俺まで漢字覚えちゃうじゃないか。」
(あら、漢字ならいいじゃないと言ったら「ほかに覚える事が多いから余計な物は覚えたくない」そうです。)

今朝、兄ちゃんが目覚めて部屋から出てきたところで、一番最初に目に触れた物がりっちの漢字メモ。
「おい、あんなもの貼るなよ。しかも、俺の部屋から出てすぐのところに!」
一所懸命覚えようとしているんだから少しくらい我慢して、と息子にいいますと、
「いや、よりによってあんな漢字を貼るなんてさぁ・・・。別の言葉にしてくれよ。」
さて、りっちは兄ちゃんの目に触れやすいところにどんな漢字を貼ったのでしょう?

それは・・・『追悼』
[PR]

by livingmama | 2006-02-21 23:29 | りっち