ミモザの日

「FESTA DELLA DONNA(フェスタ・デッラ・ドンナ)」って聞いたことがありますか?
3月8日、イタリアの男性たちは日ごろお世話になっている身近な女性に感謝の気持ちを込めて、「ミモザ」の花を贈るそうです。
私がこの風習を知ったのが一昨年の3月8日。
偶然、駅の構内にある花屋さんの前を通りかかった時、店先の看板に「ミモザの日」のことが書いてありましたので一束買ってきました。
本当は「買ってきて」もらったらもっと嬉しかったでしょうけれど、私自身知らなかったことですから、主人はきっと知らないと思って買ってしまいました。
案の定、後で聞いてみると「ミモザの日」はおろか、ミモザの花さえ知らなかったようです。
昨年はミモザの日がいつだったか忘れてしまったので買いそびれてしまいましたが、今年は事前に調査したので明日花屋さんに行ってみようと思います。
なにしろ1年に1回しか近くの花屋さんでは売らない様なので・・・。

丸くて小さい花が枝にたくさんついているミモザ。
生花を見たのは大人になってからでした。
高校生の頃、「ミモザの砂糖漬け」なるものがレアチーズケーキに飾られた写真が「アンアン」や「ノンノ」に載っていました。
ミモザってどんな花なんだろう・・・日本ではほとんど見られなかったので、それがどんな季節の花なのかも知りませんでした。
一昨年花屋さんの店先で見た数日後、近くの家の庭にミモザの木があるのを発見しました。
それから、ひな祭りが終わった今頃そのお宅の前を通るたびにチェックを入れています。
今年はまだ、つぼみの状態でした。
これから何回も用も無いのにそのお宅の前を通る日が続きそうです(^^;)
[PR]

by livingmama | 2006-03-07 17:46 | 日記