卒業式が終わっても・・・

中学3年生の皆さん、ご卒業おめでとうございます。
長かった受験の時期を終え、ホッとしているところでしょう。
卒業式で3年生を見送った1、2年生は「受験が終わって、いいなぁ」と思っているかもしれません。
卒業式を終えた3年生の先輩に群がって、学らんの金ボタンをねだり、運良くゲットした女子生徒がいるかもしれません。

だが、しかし、ここで注意してもらいたいことがあります。
実は入学式まで、まだまだ忙しい日が続くんですよ。
特に来年度以降の卒業予定者の皆さん、卒業式が終わったからと言っても浮かれてばかりではいけません。
学校に行かなくて良いからといって、遊んでばかりいたら大変です。
卒業しても高校の入学者説明会やクラス編成テストなど、まだまだ予定はぎっしりですよ。

そして、金ボタンをゲットしてしまった女子生徒の皆さん。
これが後々、厄介な問題を引き起こすんですよ。
もらっちゃった女の子は気がつかないでしょうけど・・・
あなたの憧れの先輩が、卒業式の後の入学者説明会に金ボタンがないまま出席する羽目になるんですよ。
厳しい規則を掲げる私立高校に通おうとしている生徒は、泣く泣く説明会の日のためだけに、金ボタンを購入した、という事例もあります。
(卒業式の日、「家の子、ボタンが全部ないわ~♪(もてるって証拠よねぇ、フフフ)」と喜んでいたお母さん、きっと後で大騒ぎだったでしょうね。)

どこの学校でも、3月末に『離任式』なるものがあり、転任される先生とお別れするために、登校しなければならない日があります。
これがまた、各高校の制服の発表会のように、みんな新しい制服を着てくるんですよ。
誇らしげにね。
中には勇み足と言うか、しっかりお化粧してくる女子生徒もちらほら・・・
一応ね、3月末までは中学生なんですから。

ちなみに我が家の兄ちゃんは、金ボタンはきれいに全部揃っていたし、高校の制服が3月末までに出来上がらなかったので、離任式には中学の時の学らんを着ていきました。
[PR]

by livingmama | 2006-03-16 23:59 | 子育て・教育