半年後の黒帯

先日の日曜日の夕方、友人からメールが入りました。
『今日、息子が柔道の初段の昇段試験を受けて合格いたしました。』
彼は半年前の10月、昇段試験を受けている最中に鎖骨を折る怪我をしてしまいました。
その直後に出場が決まっていた大会にも出ることが出来ず、数ヶ月間何もやる気が起こらなかったそうです。
そして今年の2月ごろから少しづつ練習を再開し、先日の試験で初段に合格したそうです。
彼にとっては憧れの黒帯!
春の大会、夏の中学校総合体育大会にむけて弾みがついたようです。

黒帯ってひとつの目標ですから、合格した時は非常に嬉しいそうです。
(りっちが空手の初段に合格した時に言っていました。)
自分の名前が刺繍された黒い帯を手にしたときは、喜びもひとしおだったことでしょう。

彼、りっちと同じクラスですがとてもシャイなので、合格したことをクラスメートに言っていないそうです。
りっちには母を通して情報が流れていきますが。

H君、合格おめでとう!!
[PR]

by livingmama | 2006-04-25 22:53 | 日記