近くの穴場

c0022231_855352.jpg

友人から幕張にあるコストコに行きたいから車を出してくれる?と電話がありました。
ところが家を出発したのがお昼過ぎでしたので、おなかはペコペコ!
通り道にあるパスタ屋さんは満席、どうしようとハンドルを握っていた私に、
「まっすぐ、突き当たりを左!」と友人のナビの言いなりになって着いたところは年代を感じるお蕎麦屋さん。
何回も通ったことがあるところでしたが、車を駐車場に入れてびっくり!
ものすごく奥行きがあるんです。車を縦に並べて5台分位。
その横に建つ細長~い造りの日本家屋。
引き戸を開けると左右に4人用の座卓が5つづつ奥に向かってずら~り。
客層はほとんど男性で、どちらかと言うとトラックドライバーや郵便局員など外で仕事をする体力を必要とする方ばかり。
お昼のメニューは定食が多く、どれもこれも美味しそう!
私が頼んだ冷やしきつねそばとご飯、コロッケ、味噌汁、サラダ、漬物の定食が780円。
さすがにお蕎麦屋さんだけあって腰があって美味しいお蕎麦でした。
コロッケは揚げたてでほっくほく~♪
ところが、ご飯が食べても食べても減らないんです。
漬物もお味噌汁もなくなって、ご飯だけがどどーん!!
残すのは申し訳ないし・・・
困っていた私の目の前にトンッと置かれた物は韃靼蕎麦ふりかけ。
香ばしくて美味しいよ、と友人推薦の一品で、各テーブルの端にソースや爪楊枝とともに置かれていました。
美味しかったけど、喉まで詰まっている感じでした(^^;)
ふーふー言いながら食べていたら、後から入ってきたご婦人、
「天ぷら定食のご飯、食べきれないので抜いてくださる?」
お店のおばちゃんは、
「じゃ、盛り蕎麦2枚に代えましょうか?」
そんなことが出来たのか!
お蕎麦2枚なら楽々おなかに納まったぞ、きっと。
お蕎麦すごく美味しかったし、次回は「ご飯をお蕎麦に代えてくれますか?」作戦で行こう!と友人と目で合図しました。

大食漢の兄ちゃん(友人は柔道やってる100キロの巨漢の息子)を連れてきても、怖くないぞー!というお店を発見して、ご機嫌な1日でした。
お店は千葉市花見川区の旧道沿いにある「ふじ竹」というお蕎麦屋さんで、この辺りは昔海に近くて海苔を干している風景を見られたそうです。(byおじいちゃん)
今でも背の低い日本家屋が点在していて、車で7~8分と近くなのに旅行先で立ち寄ったお蕎麦屋さん、という感じがとても好きです。
[PR]

by livingmama | 2006-09-11 22:50 | お外の食事