うぐいすは何と鳴く?

和菓子屋さんの入り口に「うぐいす餅・サービス価格」の張り紙につられて、
私とりっちの分を2つだけ買いました。
あの綺麗な薄緑色がなんとなく好きなんです。
春の和菓子には桜餅もありますが餅といいながら皮は小麦粉なんですよ。
関東の桜餅は小麦粉で作られた皮で餡をくるんだものです。

りっちの勉強部屋にお茶とうぐいす餅を持って行くと仮眠をとっていました。
ここのところ頑張って遅くまで受験勉強をしているからなぁ、と思いながらりっちを起こしにかかりました。

「ほらほら、起きなさい。おやつだよ~ん★」
・・・うーん、なかなか起きません。
「うぐいす餅だよ~。おいしいよ~!」
・・・し~ん・・・
作戦変更!
「ねぇ、うぐいすってなんて鳴くか知っている?」
ピクッ・・・(反応あり!)
「うぐいすよ、うぐいす。ねぇ、なんて鳴くの?」(しつこい私)
りっち「・・・ふぇー・・・(ムニャムニャ)」
「えっ?なに?」


「へーあんきょー!」

へいあんきょう?平安京?
はっ!もしかして「鳴くよ(794年)うぐいす平安京」の事?
後でなぜ「へいあんきょう」と答えたか聞いたら、
「ちゃれんじに出てたから、覚えちゃった。」

なるほど、年号を語呂合わせで覚えるあれね。
でもね、うぐいすは「ホーホケキョ♪」って鳴くのよ。
[PR]

by livingmama | 2007-01-18 22:37 | りっち