ちょっと面白話と変なこと

友人に久しぶりに電話をしたら彼女の息子さんの話題になりました。
彼は今年受験生、りっちと同級生です。
スポーツ推薦で一般受験ではなく特色化選抜(千葉だけの言い方。他県では推薦試験)を受験するようです。
先日の日曜日、柔道仲間のお父さんから一緒に初詣に行かないかと誘いを受けたそうです。
この時期の中3生は天神様にお参りが一般的ですよね。
でも彼らが向かった先は「鹿島神宮」と「香取神宮」。

<武甕槌(タケミカヅチ)神が、香取神宮に祀られている経津主神とともに武芸の神とされていることから、武術の道場には「鹿島大明神」「香取大明神」と書かれた2軸の掛軸が対になって掲げられていることが多い。>(ウィキペディアから抜粋)

つまり柔道少年たちは学業成就のお守りではなく武術成就(ってそんなのあるのかしら?)のお守りを買ってきたのかしらねぇ。
なんにせよ上を目指して日々精進することは良いことです。
以上がちょっと面白かった話。


それでは「おいおい、なんですか?それは!」のお話。
たこ焼き屋さんで持ち帰り用のたこ焼きを注文しカウンターテーブルで待っていたら、近くに小難しそうな文書に目を通している青年がいました。
明石焼きを食べているその青年がとった行動に目を奪われました。
えっ!?今のって・・・。
もう一度見たらしっかりやっていました。それは・・・

3種類の薬味を、自分が口をつけた箸を容器の中に入れてつまんでは小鉢の出汁のなかに入れているのです。
確か薬味トングが付いていた筈・・・あ~あ、テーブルの上に落ちてるぅ~!
トングに気がつかなかったら箸の反対側でつまんでよね、口をつけない方で!
たこ焼き屋の店長もちらりと見ていましたね。
そしてちょっと不愉快そうな顔をしていました。
注意をしてやろうかと思いましたがちょっと離れていた席に座っていたのと、
このたこ焼き屋が今日か明日で閉店(材料が無くなり次第とのこと)ってわかっていたからやめました。

ああ、でもおせっかいババアと言われても注意すべきだったかしら・・・
[PR]

by livingmama | 2007-01-30 21:31 | 日記