東京マラソン

ニュースやワイドショーでたくさん放送されていましたが、東京マラソンが昨日行われました。
低温で激しく降る雨の中、約3万人の人々が新宿の東京都庁から出発して東京ビッグサイトまで走りました。
昨日は出かけていたので中継などは見ていませんでしたが、今日かかりつけの整骨院で後日談を聞きました。

その整骨院の院長先生は陸上選手(特にマラソン)の間では有名な先生で、箱根駅伝にも参加していましたが、今回の東京マラソンにもマッサージ師として残り12キロ地点で待機していたそうです。
いつもだったら何事もなく走れる選手が悪天候と寒さで体の不調を訴え、次々とマッサージ所に来たそうです。
けれどもそこは名医、ツボを一発で探り当てもみほぐすと・・・
「あれ?あんなに痛かったのに、楽になりました~♪」と選手は笑顔でまた走り出していったそうです。

テレビでは沿道で自主的に差し入れする下町の人々ばかりクローズアップされていましたが、マラソン終了後に元気よく帰路につかれた人々の中に、我が家の近所の名医のゴッドハンドのお世話になった方も沢山おられるのではないでしょうか。

ワイドショーのコメンティターが「来年は参加しようかな?」と言っていましたが、せめて地元の市民ランナーじゃないとフルマラソンは辛いですよ。
7時間以内にゴールすればいいから大丈夫、などと思っている方は怪我をしますよ。
・・・と、先生のお話を聞きながら思った私です。
[PR]

by livingmama | 2007-02-19 17:58 | 日記