高校生活1ヶ月目

りっちが高校に入学してから1ヶ月が経ちました。
ほとんどの同級生が都内の中学から進学してきたので、誰かしら同じ中学の出身者がいるようです。
でもりっちは地元の中学から男女合わせてもたった一人の進学者でした。
(兄ちゃんもそうでしたが・・・)
ま、そのうち友達ができるだろう、とのんきに構えていたらじわじわ友達の人数が増えてきたようです。
同じクラス、同じ部活、体育の授業が一緒の隣のクラス・・・。
新しく友達になった子の面白い話を毎日してくれます。

「集会の後、服装検査があったんだけど、隣のクラスの元気のいい子が面白かったの!」
言いながらもうすでに思い出し笑いをしています。
「スカートの長さなんかをチェックされた後、爪の長さを見られたの。」
うんうん。
「その子は自信満々で手を出してOKされたの。」
ほうほう。
「先生達が離れようとした瞬間『あぁ~っ!』と彼女が叫んだの。」
どうしたの?
「先生が『どうした?』って聞いたら・・・プププッ♪」
ずるいぞ、先に笑っちゃ!
「『先生、どうしよう!?足の爪切ってくるの忘れちゃいましたっ!』だって!」
足の爪・・・見えないじゃないの。
「『今すぐに足の爪を切りますから爪きり貸してくださいっ。』って、おもむろに座って靴下を脱ごうとしたのっ!」
ってことは彼女は大真面目ね。
「男の先生はあきれていて、女の先生は大笑いだったよ。」

そういうりっちもちょっとおかしな子だと思いますよ。
中学の時は「天然ボケ」を超えた「天然記念物」と言われたそうですから。
ディズニーキャラの「リロ&スティッチ」のスティッチの女の子版のぬいぐるみをお友達を貰ったそうです。
ピンク色が可愛いので早速通学鞄につけたら、同じ部活の子に
「あ、エンジェルだ!かわいい~★」
え、これエンジェルって名前なの(娘は映画を見ていません)と聞いてから
「スティッチの女の子版だからスティッ子って呼んでた。」
友達はなにそれ~と大笑い!
りっちは大真面目だったのですが、やっぱりちょっとずれてますね(^^;)
それにしても、ネーミングセンスが・・・無いですね。
[PR]

by livingmama | 2007-05-10 22:02 | りっち