りっちの高校の文化祭

この日がいよいよやってきました!
今日はりっちの高校の文化祭でした。
食べ物屋さんをやるにはまだまだつらい季節です。
昨年までは11月だったのに今年から9月!
しかも今日はものすご~く暑かった!!
でも、みんな頑張りました。
友達がお寿司屋さんに発泡スチロールをもらいにいって、我が家でかき集めた保冷剤をいっぱい入れて暑さ対策したようです。
りっちが試行錯誤して作った「具」の作り方を友人に伝授して、本人は文化祭実行委員の為、学校の門を入ったところの受付にちんまりと座っていました。

りっちを横目にクッキング部のある家庭科室に直行!
売り物ははマドレーヌ5種類、ブラウニー2種、ゼリー2種、カレーライス。
暑かった今日はひんやりゼリーが嬉しかったです♪
黒糖のブラウニー、とっても美味しかったですよ。
こんどりっちにレシピを教えてもらおうっと!

玄関ホールには有志による生け花が展示されていました。
何気なく見た作品の題名を見てギョッ!としました。
『反抗期』・・・確かにお花の使い方も高低のつけ具合もバラバラ、というか先生の言うことを聞かずに生けてしまった感じです。
まさしく『反抗期』な作品でした。
名札を見ると・・・ああ、男子生徒の作品かぁ・・・納得。
ん!?まてよ!この名前どこかで聞いたことがある・・・
あ、りっちとおなじ部活の女の子じゃない!!
りっちが男の子みたいな名前だって言ってたから思い出した!
ネーミングが粋な作品だと思いましたよ。

しかし、本当に暑い!
受付でもらったパンフレットをよく見ると・・・あれ?
屋外にある父母の会の催し物が実際と違っています。
パンフレットには『イカ焼き・お好み焼き・豚汁・フランクフルト』でしたが、実際は『焼きそば・ホットドック・カキ氷』に変更になっていました。
カキ氷は売れていましたよ!
焼きそばは3年生の出店の方が安くて美味しそうでしたが。

さて、りっちのクラスのタコスはといいますと・・・
お客さんがいない!
しかもトルティーヤのふちがすすけて黒くなっている!
うん、ここは私がサクラになって買うしかない。
すみません、2つください。
「はい、ありがとうございます。300円になります。」
・・・・・1分・・・・・2分・・・・・3分・・・・・
「すみません。お待たせしてしまって。」(申し訳なさそうな今時のお顔の女の子)
あ・・・トルティーヤが焦げる原因がわかった!
テフロンではなく鉄のフライパンで何度も繰り返して(空焼きの状態)焼くからすすけるのね。
隣では男子生徒がキャベツを炒めて・・・うおっ!太切り!!
出来たものは具沢山の熱々タコスでした。

普通のタコス屋さんではひき肉に新鮮なレタス、トマトが盛り沢山なのですが、ほとんど夏場に近い9月では生野菜の使用はアウトでした。
そしてさらに、生肉よりはソーセージを使え!と担任命令がくだってしまいました。
そこでりっちが考えたのがコロコロに切ったソーセージと玉ねぎを炒め、サルサソースとケチャップで味付けをし、さっと炒めた細切りキャベツをトルティーヤに挟む方法でした。
どこにも売っていないオリジナルタコスの完成です。

太切りキャベツでしたが具の味付けはGood!でした。
うん、150円では食べ応えがあるじゃないの。
ただし手際の悪さはマイナスかな?(辛口コメントでごめんね)
りっちがいればもっとスムーズにできたと思いました。
まあ、付け焼刃にしてはなかなかかな?
味が良かったから合格にしてあげましょう。


体育館でのイベントを見ている最中にふと後ろを振り返ったら、懐かしい人が!
以前近所に住んでいたのですがご主人の転勤で引っ越されたSさん。
あれから6~7年ぶりでしょうか?
実は入学当初からチアリーディング部の上級生がSさんの長女に似ているな、名字はわからないけど下の名前が同じだわ・・・と気になっていたのでした。
挨拶に行くと非常に驚かれていましたが、私のことも覚えていてくれたので話は6年の壁を越えてスムーズに進みました。
妹が中3なのでお姉ちゃんの引退演技を見つつ、学校見学に来たとのことでした。
りっちは1年下のSさんの次女とよく遊んでいましたが、彼女は小さかったのでりっちのことを忘れてしまっていました。
しかたないかな、と別の友達の名前を出したとたんに、
「あ、絵をよく描いていた・・・?」
そうそう、その子がりっちよ!
よかった。薄ぼんやりでも思い出してくれて。
タコス屋さんをやっているのよ、と言いましたら
「あ、Nのクラスだ!」
なんとりっちのクラスメートのNちゃんと友達なのだとか。
なんというつながりでしょう!
あとでりっちに言いましたら「うっそぉ!」と驚いていました。

部活の片付けをしてりっちが帰宅したのが夜の8時半。
へろへろに疲れていました。
さぞお腹が空いているだろうと思ったら、お腹いっぱいとのこと。
部活の片付けが終わったら先輩のお母さんからドーナツの差し入れがありみんなで食べたとの事。
ドーナツ?ミスドのかな?
「大きな箱に入ったすごいヤツだった!」
もしかしてクリスピークリームドーナッツ?
「そうかも!りっち3つも食べちゃった。」
うーん、母もまだ食べていないのに・・・。

今日1日、本当にお疲れ様でした。
[PR]

by livingmama | 2007-09-22 23:33 | りっち