焼き豚・東京味

合羽橋の食器屋さんから浅草橋へ向かう途中の信号待ちのときのこと。
くんくん・・・肉の匂い・・・いえ、正確には焼き豚?
せっかく青になったのにりっちに「ちょっといいかな?」と寄り道しました。
匂いに誘われ店内に入るとお肉と揚げ物のお惣菜は目に入ったのに肝心の焼き豚は・・・?
するとカウンターの上の四角いお皿の上に真っ黒な物体がごろごろ!
え、これが焼き豚?ちょっと黒すぎるような・・・。
「こちらはまだ温かいですよ。」とおじさんにニコニコされては買うしかありません。
100g300円ちょっとだったかしら(よく聴き取れず)?
それでは脂が多すぎないものをと、1つ買ってみました。
「電車でお帰りですか?駅まで袋の口を閉じないでくださいね。まだ温かいですから。」
蒸れるとよくないのかしら?とおじさんの言う通りにして駅に向かいました。

「あ、いつものアクセサリー屋さんに寄りたいんだけど。」とりっち。
OKしたものの、店内ではほんのり焼き豚の香りが・・・。(お店の方ごめんなさい!)
電車の中では袋の口を閉じて乗りましたよ(^^)

c0022231_1271516.jpg
袋から出してみるとこんな形態。
なんか懐かしい包み方で嬉しくなっちゃいました。
そしてお店の看板メニューの「焼き豚丼」のようにしました。
あったかご飯の上に千切りレタス、焼き豚に付いてきたタレをかけてお肉をのせました。
お野菜が足りないかな?と野菜たっぷりみそ汁を添えました。

さて、焼き豚のお味はといいますと。
ん、醤油味が濃い!
最初は辛いかな?と思いましたが外側が辛めなだけでご飯の上にのせると「美味しい!」
c0022231_1222108.jpg

タレも慣れ親しんだ甘辛味ではなく、醤油味1本で勝負!という感じですね(^^)
たっぷりかけずにちょっとで良いですね、タレは。
お肉は柔らかくていくらでもいけちゃいます。
夜10時過ぎにバイト(いつもより忙しくて遅かった)から帰ってきた兄ちゃんはラーメンの具にしたら「チョーうめえ!」

浅草橋のお土産がまた増えてしまいました。
[PR]

by livingmama | 2007-12-09 12:22 | 東京散歩