家族団欒のカレー

近所の「フィッシュテール」のカレーです。
c0022231_16454646.jpg
りっちの年末年始にかけてウィルス性の胃腸炎がやっと回復したので久しぶりのカレーです。
写真奥がりっちと兄ちゃんのエビカレー。
渦巻き模様がりっちの「辛さ普通」、すでに手をつけて渦巻きがなくなってしまったのが兄ちゃんの「激辛」です。
大きなナンを挟んで私の「玉ねぎとチキンのカレー」(正式名称を忘れてしまいました!)。
パパさんのは写っていません、というよりこの時点ではまだ来ていませんでした。
注文品は「サグマトン(マトンのほうれん草カレー)」でした。
真ん中の小さなものは砂肝のスパイシー炒めでピリ辛のコ~リコリ♪

アットホームなお店で笑顔が素敵なネパール人の旦那様と会話のキャッチボールが絶妙な日本人の奥様が明るく元気にむかえてくれます。
確かもうすぐ2周年だったはず。
1度行くとまたすぐに行きたくなるお店なんです。
それはなぜかというと・・・
「あ、このカレーはもう少し辛い方がよかったかな?でも今日は口内炎が痛いから辛さ普通にしちゃった・・・。次はリベンジで辛めに挑戦だ!」ということになるからなのです。
もうちょっと食べたい、でもナンって時間が経つとお腹で膨れるから我慢我慢!
よし、近いうちにまた来よう!
[PR]

by livingmama | 2008-01-11 23:43 | お外の食事