お花見らしいお花見♪

お花見にはちょっと遅いかなというこの時期、土日が桜祭りでしたので以前住んでいた地域までお花見に行って来ました。
いつもは友人家族と出かけるのですが、今年は桜祭り会場近くにお住まいのせれすさんご一家も一緒にお花見♪
ご主人様とは初めてお会いしましたがとても気さくな方で、お会いしてすぐに我が家の兄ちゃんと連れ立って買い物に行ってくれました。
久しぶりにお花見弁当など作ってみましたが、せれすさんちの王子様・そうちゃんがかわいすぎてみんなででれでれしていて写真を撮り忘れてしまいました008.gif

そうちゃんはちょうどおねむの時間になってしまったので、その間に大人達は桜の花を愛でながらしばしお弁当タイム。
その間桜の花びらははらはらと風にのって気持ちよさそうにベビーカーの中でねんねしているそうちゃんの上に舞いおりてきました。
花数が減ってだいぶ葉桜になってしまいましたが、久々にのんびりした時間を過ごしました。
今は大学生になった兄ちゃんですが、その昔赤ちゃんだった兄ちゃんを初めてお花見に連れてきたのもこの場所でした。
只今生後8ヶ月のそうちゃんと兄ちゃんを交互に眺めていたらおかしくなってしまいました。
子育てってあっという間なんだなって。

私の友人もそうちゃんを優しい目で見つめながら隣にいた長女(りっちの幼なじみ)に、
「あなたもあんな頃があったのよ~。」
そうそう、小さい頃から毎年りっちとお花見に来ていたっけ。
昨年初めて一緒に来なかったのよね。高校の入学式の直前で忙しかったから。
小さい頃は手をつないでお花見見物していた二人、大きくなった今は携帯を片手に出店を眺めていましたが・・・
「わたあめ買ってこようかな?」と二人で列に並びに行きました。
ふと小さい頃の二人の姿を思い出しました。
こちらも兄ちゃん同様、あっという間に大きくなったなぁと感慨深くなりました。

「俺、トイレに行って来る!」と支所に走って行った兄ちゃんを追って行ったら(私もトイレ!)、
「あら?」と前を歩いていた女性が振り返って私を見ました。
あ!先生!!
なんとこの方兄ちゃんが4年生の時の担任の先生でした。
「私があの学校(現在は別の小学校)に転任して初めて担任を持ったときの生徒なのよね。」
おぼえていてくださったんですね。
「彼に会いたいわ~!」
今トイレに行ってますのですぐ呼びます!
慌てすぎた私は兄ちゃんの携帯にかけたつもりが自宅にかけてしまいました。
(つらい花粉症で鼻声のパパさん、ごめんね。電話に出させて。)
トイレからかけつけた兄ちゃんを一目見た先生。
「ひゃ~~!面影が無い~。おっきくなっちゃって!」
先生の横顔、嬉しそうでした。
転校する時『君のことは絶対に忘れないよ!』という言葉を贈ってくれた先生。
成長しているから顔を見ただけじゃわからなくても名前を聞けば思い出してくれるんですね。
事実、成長していない(多少老けましたが)私の顔は覚えてくれていましたもの。
先生が担任していた頃の兄ちゃんは迷走期でしたから。
文字通り逃げ回っていたんです。クラスになじめないで。
でも根気強く向き合ってくれた先生でした。
現在大学の食品科を専攻していると言うと、
「今注意しなければならない食品はなにかな?わからなくなったら君に聞いていいかな?」
先生、『あんなにてこずった生徒がこんなに大人っぽくなって・・・』というような顔で兄ちゃんを見つめてくれました。

そうちゃん一家と小学校の先生。
新しい方々と懐かしい方に出会えた楽しい一日でした。
[PR]

by livingmama | 2008-04-06 22:22 | 日記