うどん王国へ  ~中讃編~

2日目は五色台、坂出方面に向かいました。
レンタカーのカーナビが時々へそを曲げるのか思った通りの道に案内してくれないことが何回かありました。
この日がまさにそれで、「五色台」と検索にかけたら周りが畑や田んぼののどかなところへ案内してくれました。
ちっとも「台」じゃないじゃない!どう見ても平地。
あれ?近くに「五色台」と名がついた老人ホームが・・・まさかココを検索しちゃった?
もう一度検索しなおしたらカーナビの地図は手持ちのガイドブックと同じようなところを示しているではないですか!
よしっ、再出発!

「トイレに行きたい・・・」
兄ちゃんが突然か細い声で言いました。
ええー、こんな畑や住宅しかないところにトイレが借りれそうなところなんて・・・
せめてコンビニかガソリンスタンドが・・・無い!
ふと左手を見ると住宅と田んぼの間に車がたくさん停まって、人がうじゃうじゃ。
こんなところに道の駅はないし・・・
はっ!もしやアソコは!
運転しているパパさんにアソコに行くように頼みました。

そう。着いたところは人気うどん店がもう
車も人もいっぱいでしたが回転がいいからお客さんがどんどんはけていきます。
お腹がすいたというより、トイレに行きたくて寄ったところががもうだったとは。
私達、ついてるっ!

((写真は後でね♪))

安い!早い!うまい!はまさにココのこと。
ああ、なんで「かけの小」にしちゃったんだろ、と後で後悔。

満足した後は再び五色台に向かってGO!
途中で寄った見晴台からの眺めもよかったけれど、パパさんが見つけた林の中を通り抜けて行った所は断崖絶壁(は、おおげさかな?)で青い海の色が目に眩しい穴場!

坂出の町で遅めのお昼ご飯(がもうでのうどんは午前中のおやつ?)のうどんを食べて、瀬戸大橋の記念館に向かいました。
二十歳をちょっとすぎた頃、勤務先の会社の支社の人が「珍しいもの見せてあげる」と連れてきてくれたところがこんなにりっぱな記念館になっているなんて!
当時は見学台のような物の上から建設中の瀬戸大橋を見ました。
行き交う車と列車を見ていると年月の長さを感じました。

夜はcocoloさんお薦めの骨付き鶏の店一鶴へ行きました。
本店は丸亀市にあるようですがホテルから7~8分のところに支店があることがわかったのでそちらに行って見ました。
実は昨日も訪れたのですがものすごく混雑していたのであきらめての再挑戦です。
この日もかなりの待ち時間でしたが昨夜よりは早めに訪れたので、夜7時40分には入店できました。
が、鶏が焼けるまで結構時間がかかりますのでまたまた待つことに。

((写真は後でね))

うーん、待ったかいがありました。
ひな鶏は柔らかく、親鶏は身が硬いけれど噛みしめると味わい深かったです。
鶏飯も美味しかったな♪
毎日美味しい物をたくさんいただいて幸せいっぱいです。
[PR]

by livingmama | 2008-08-16 23:27 |