うどん王国へ  ~東讃編~

さて讃岐を堪能した旅も今日で最後です。
屋島に行こうと思いましたが、過去に何回か行ったことがあるので新しい町に挑戦!
何も考えず屋島に車を走らせていたパパさん、方向転換して庵治に向かいました。
あれ?以前は「木田郡庵治町」だったのにいつのまにか「高松市」になっている!
実は私会社勤めをしている時の担当が高松支社でよく香川県内の地名を目にしていたので、市名や町名を見るとおおよその位置がわかります。
ということは他の町も市になったのかな?と地図を確認しました。
あらら、「大川郡引田町」が「東かがわ市」になってる!
そういえば初めてちぃさんに郵便物を出した時「郡&町」だったのに気がついたら「市」になっていたわ!
自分が住んでいる県の市町村合併もよくわかっていない私。
これは勉強せねば!(意外と地名が好きな私です)

庵治にストーンミュージアムというところがあると知ったのでそこに向かったのですが、途中に「うどん本陣山田家」を発見!
時間は11時ちょい前でしたので先にストーンミュージアムへ。
最近ストーンアクセサリーの店もよく見かけますのでりっちも興味があったみたい。
博物館系に無関心の兄ちゃんも意外と熱心に見学していました。
さてお腹もすいてきたので山田家さんに行きましょう!

え?何ですか??この混みかたは!!!
門をくぐった瞬間庭にひしめき合う人・ひと・ヒト!
とりあえず名前を書いたら69番目。
今呼ばれた人は・・・30番台!
う~、果てしないなぁ・・・
暑くて空腹の中、何時間待つのか心配しましたが30分程で名前を呼ばれました。
(庭にセルフサービスの冷たいお茶があったのでなんとかしのげました)

待ったかいがあったおうどんでしたよ。
通されたお部屋もきれいなお庭が眺められて落ち着きました。
そういえば順番待ちの時気になったフレーズがありました。
「赤ちゃん連れでお待ちのの○△様。7名様でよろしいですね?」
(そういえば生後間もない赤ちゃん連れで大人数の人が沢山いる)
「8名でお待ちの○○様。お子様を見せていただきますか?」
(子供を見る?どうして??)

謎はお座敷に案内された時に解けました。(私ならではの解釈ですが)
近くに陣取っていた赤ちゃん連れのお客さん。
おじいちゃん、おばあちゃん、おじさん、おばさん、若夫婦、幼児、赤ちゃん。
そういえばこのパターンの家族が多くいましたね。
「子供を見る」のはお座敷か椅子席か見極める為のようです。
(赤ちゃん連れは断然お座敷ですよね)
そして1年未満の乳児連れの人の多くが県外車に乗っていました。
出産後の里帰りかも!
おじさん、おばさんもよんでおうどんでも食べに行きましょう、ってところかしら。
ひとりで勝手に納得しました。

次に目指したのは旧・引田町。
確かこのあたりは讃岐名産の和三盆の郷。
初めて徳島支社の方に送っていただいた時、衝撃を受けた味のひとつです。
上品な甘さが口の中で溶けていく・・・。
ガイドブックで「讃州井筒屋敷」なる施設を見つけたので行ってみることにしました。
江戸時代の雰囲気漂うたたずまいの中に新旧のお店が並んでいます。
物産品を扱っているのはわかるけれど、なぜ「ちわわ屋」さんや「かぶくわ屋」(カブトムシとクワガタ専門店!)があるの?
しかも本来なら水曜定休だったのにお盆時期だったため特別に開いていたそうです。
(パパさんたら定休日の確認もせずに車を走らせていたんですよ!)
讃州井筒屋敷の隣に「かめびし屋」といううどん店がありました。
営業時間は15:00まで。着いた時間が14:45!
「さあ、うどんを食べよう!」とパパさん。
冗談でしょう!山田家さんで食べ終えてから1時間ちょっとしかたってないのに。
いくら兄ちゃんでも「ちょっと入らないよ。(先ほど天丼とワカメうどんを食べた)」
そこでパパさん一人だけぶっ掛けを注文。
って、大盛りたべるんですかっ!
テーブルの上にさまざまなお醤油が並んでいます。
そう、ここは本来は「かめびし醤油」が経営するうどん屋さん。
テーブルにあるお醤油は隣の売店で売っているそうです。
さっそくりっちとGO!
だし醤油に三年ものの醸造醤油、粉末醤油・・・え、お醤油の粉末っ?
「あ、前にテレビで見たことがある。」とりっち。
正式名称は「ソイソルト」
結構なお値段でしたが、りっちお小遣いでお買い上げ~!

18:30までに高松駅周辺に戻ってレンタカーを返さねばなりません。
夕方までやっているおうどん屋さんを本で探しては電話で確認。
私とパパさんのお気に入りの店は「うどん玉、終わっちゃたんですよ~。」
それではと電話確認して行ったお店が「うどん馬鹿一代」
強烈なインパクトのお店ですがおうどんはつるつるのしこしこ!
美味しかったですよ~。夕飯ですよ~。
朝もホテル近くで食べたので本日3杯目。
パパさんのみ4杯目。
満足してレンタカー店に向かいました。
このあと大変な出来事が起きるとも知らずに・・・。

長すぎたので次回に続きます。
[PR]

by livingmama | 2008-08-25 10:07 |