おじいちゃんが亡くなって(2)  ~覚書~

葬儀の打ち合わせの話。
祭壇はどれにしますか?
棺桶はどの形にしますか?
骨壷はどのタイプにしますか?
決めることがたくさんあります。
おばあちゃんは高齢なので長い打ち合わせは辛いだろうと、夫の姉夫婦・妹親子(高2の息子は文化祭の代休)が代わりに同行してくれました。

祭壇は洋花メインのシンプルな物。
棺桶はおじいちゃんが大柄な人だったので通常サイズでは入らず特大に。
骨壷は青磁の落ち着いた物。
その他細かいものが見積書にびっしり書き込まれています。

「これ、何ですか?オブジェってわからないんですが。」
私が何気なく聞いた一言がみんなに火をつけてしまいました(^^;)
「オブジェは祭壇の横に置く庭飾りみたいな物です。」
姉達一斉に「いらないんじゃない?」
そしてみんな次々に「これは何?」「これは必要?」と無駄を省いていきました。
ケチをしているわけではなく、納得がいかないものにお金をかけたくなかっただけです。
夫が「シンセサイザー演奏?って何ですか。」と駄目出し。
「葬儀中シンセサイザーによる生演奏です。」とこれ以上何を言われるかと担当者。
「これをやらないとどうなりますか?」と食い下がる夫。
「・・・・・・・・・・・・・」無言になる担当者。
今までこんなこと言われなかったんでしょうね。
でもこちらは静かに葬儀を執り行いたい気持ちがあるのです。
別のフロアからかなりの音量のシンセサイザーの音が聴こえてきました。
CDのBGMを静かに流してくれる程度でいいのにな。
「これをやらないと無音ですか?」
と私が放った一言に夫の姉がクスリと笑いました。
「納得がいかないものはやりません。」と夫が決断しました。
結局CD持込OK!となりました。(持ち込み料無し)
故人のお気に入りの曲をかける方が多いそうです。
でもおじいちゃんはどんな曲が好きだったのかしら?
自宅でCDを探していたらりっちが一言。
「さすがにお葬式でジャイアンツの応援歌かけるわけにいかないよね。」
え!闘魂こ~め~て~~♪ってあれのこと!?
大のジャイアンツファンだったけど、それは無理なんじゃないかなぁ。
CD無いし・・・(六甲おろししか無い我が家です)
親子で考えたあげく、クラシックの「悲愴」と「大きな古時計(by平井堅)」に決定。
おじいちゃんが好きだった曲というより、おじいちゃんにマッチする曲になりました。

夫の会社には報告の際「親族中心に葬儀を行うので弔問はご遠慮願います。」と。
実はこの時期は会社の決算時期なので皆さん忙しいから申し訳ない、との夫なりの配慮だったのです。
しかしお通夜に会社関係の方が沢山みえました。
おじいちゃんの仕事関係の方(私の友人のご両親)もみえました。
皆さん、ありがとうございました。
読売新聞のサービスセンター(販売店)の店長さん、大きなジャビット君のぬいぐるみを持ってきてくださってありがとうございました。
おじいちゃんの棺に何かを入れる際、報知新聞がいいと買いに行った私。
その時ずうずうしくも「巨人軍に関する小冊子などありましたらいただきたいのですが。」とお願いしてしまいました。
おじいちゃんとそこの店長さん(結構若い方!)は仲がよかったそうです。
それではとくださっったのがジャビット君。
「おじいちゃんのお棺に入れてあげてください。」

ジャビット君と一緒に天国へ行ったおじいちゃん。
置き土産はジャイアンツの12連勝!
[PR]

by livingmama | 2008-09-25 14:42 | 冠婚葬祭