カテゴリ:東京散歩( 31 )

りっち、新宿へ行く

そういえば連れて行ったことが無かったかも・・・。
もしかしたら赤ん坊の頃連れて行ったことがあるかもしれないけれど、彼女の記憶には「初めて!」だったようです。
午前中は別の場所の高校見学に行ったのですが、お昼から伯父の油絵の個展に行く為新宿に移動しました。
人であふれ返る新宿の街を窮屈そうに歩いていたりっち。
「う~~ん、りっちは新宿や渋谷や原宿は苦手だな・・・。」
じゃあ、どこが好きなの?
「根津、浅草橋、恵比寿かな?」
普通の中学生の答えじゃない・・・。
最後が「恵比寿」で、まだ救われたかな。
「巣鴨」なんて言われたら・・・笑うしかないですよね。

そんなことを話しながら、伯父が個展を開催しているギャラリーに到着したら・・・あら、まあ!!
実家の父と母に会場で偶然会いました。
本当は昨日来る予定だったけれど、大雨で今日に変更したとのこと。
伯父の絵は結構好きなタッチで、「欲しい」と思う絵がいくつかありました。
30点ほどの中から、母とりっちが好きな作品が全く同じだったのでみんなで驚いてしまいました。
感性が同じってことかしら?
作品は全部がパリの街角を描いた油絵でした。
伯父とはあまりじっくり話をしたことがなかったので、今日初めて聞いた話がたくさんありました。

ギャラリーを出てから両親とお茶を飲んで家路についたらもう18時!
朝から動きまわっていたので、なんだかとっても疲れました。
[PR]

by livingmama | 2006-10-07 23:30 | 東京散歩

連休中に吉祥寺をぶらり

連休中なので家族揃って私の実家へ行きました。
都内にある実家から吉祥寺へは車で20分くらいなので、いきは弟に送ってもらって、母とりっちと私の3人で出かけました。
(その間、男性陣は家でアメリカのコメディーDVDを2本も鑑賞をしていたそうです)

いやあ、久しぶりの吉祥寺は混んでいるなと思ったら、今日の混み具合はやはり連休の影響だそうです。
有名肉屋さんはコロッケだかメンチカツを買うのに長蛇の列ができていましたし、商店街の抽選会(?)が行われていたので、その会場はまた長蛇の列!

お目当ての「ナチュラルテラ」という自然食&雑貨店でいくつかお買い物をした後、駅ビルで夕飯の買い物をしただけであっという間に2時間が経過してしまいました。
でも、この街は魅力的なお店が多すぎます!
帰りのバスの窓からは素敵なお店をたくさん見つけてしまいました。
でも、途中下車して寄るわけにもいかず、そのまままっすぐ実家に帰りました。
今度は普通の日に来ようっと!
[PR]

by livingmama | 2006-05-05 23:58 | 東京散歩

久しぶりの観劇

今日は私のブログに時々遊びに来てくれる米田さんが出演されたお芝居を観に行って来ました。
『お化け旅館』という題名だったので怖い話かと思っていましたが、パンフレットの片隅に「ヒューマンコメディー」と銘打ってありましたので、楽しくそしてほろりとさせられる内容でした。
なんと米田さん、まだお若いのに原作・脚本・出演と3つもこなされておりました。
彼はご自分のブログでプチ雑学などを掲載されているので、今回のお芝居にも雑学やうんちくがちらりちらりと見え隠れていました(ように私は感じたのですが・・・)
私はそういう構成が好きなので、1時間40分の上演時間があっという間に過ぎてしまいました。
終了後は椅子に座って観ていただけなのに、頬は紅潮し、全身汗までかいておりました。

舞台がはねたあと、驚いたことに通路に出演者がずらりと並んでお客様をお見送りしてくれたのです。
私は大きな舞台ばかり観に行っていたので、こんなアットホームなお芝居&出演者の皆様に出会えて嬉しくなりました。
米田さんにもお会いできたし~♪

年に何回かこういう体験をしてもいいな、と思った1日でした。
[PR]

by livingmama | 2006-04-27 23:25 | 東京散歩

雑貨屋めぐり

c0022231_0421510.jpg

川沿いの桜が満開で、道行く人が皆カメラや携帯を向けてシャッターを切っていました。
私の目線より下にある桜の花を撮影したら、川面を流れていく桜の花びらがぼんやりと写っています。
本日の目的は雑貨屋めぐり。
春休みになったら出かけようね、と娘と約束していたのでした。
今日は気温が低かったものの、桜はほぼ満開で、春を感じながら気分良くブラブラお散歩してきました。
ブティックのセールで定価5800円のハンチングが300円だったり、りっちが前から探していた皮製の編みこみベルトが500円だったりとまずは幸先のいいスタートを切りました。
「アウトレット」という雑貨屋さんでは欲しいものだらけでしたが、絞りに絞ってフルーツの形の製氷皿やブタさんの形のカッティングボードなど数点を購入しました。
この時点ですでに14時をはるかに回っていまして、空腹を満たすお食事どころを探すもののランチタイム終了の店ばかり。

やっと見つけたところが『アマポーラ』というレストラン。
c0022231_043843.jpg

スパゲティは私、ピザはりっちがチョイス。
トマト味のものが物凄く食べたかったので幸せなランチタイムでした。
[PR]

by livingmama | 2006-03-31 23:57 | 東京散歩

グリル チキン

昨日息子と御茶ノ水に行った帰りに春と同じように両国方面へ歩き出しました。
途中、この秋にオープンした秋葉原のヨドバシカメラにちょいと寄って買い物をし、靖国通りを千葉方面に向けてテクテク・・・

秋葉原から浅草橋に向かう途中で店の前に何かが置いてあるのを発見しました。
『KAMISM』という、インテリア和紙を扱った会社の前でした。
箱の中に長い筒状のもの・・・和紙です。新聞紙を広げたくらいの和紙を2枚重ねて斜めにくるくると巻いてありました。
『ALL100円』きゃー、なんて安いこと!
これを2巻きとランチョンマットサイズにカットされた和風の包装紙をワンセット買いました。
これからお正月に向けて何かと重宝しそうです。
長いので持ちずらかったのですが、安いに越したことはありません。
再び元気に歩き出しました。

両国から錦糸町に向かう途中で消防車のサイレンが聞こえてきました。
そういえば春にこの辺りを歩いていたらボヤに遭遇したよねぇ、と息子と顔を見合わせました。
消防車2台を見送って、錦糸町に向けてテクテク・・・
「今日は錦糸町の先まで歩こうよ。」と息子。
そうだね、ギリギリ暗くなる前だし、亀戸まで歩きますか。
錦糸町の丸井の前を通り過ぎようとしたら、何やら車の屋台が出ていました。
なにかなと近づいてみると・・・チキンだ、グリルしたチキンを売っていました。
クリスマスが近づくと肉屋さんの店先で売っているチキンレッグとは違って1匹丸のまま焼いています。
なんか、おいしそう!
半分で1100円かあ・・・パパから飲むことになったとメールが入ったことだし、3人なら1/2匹でもいけるかなと購入決定!
注文するとチキンをカットしながら、おじさん嬉しそうに一人で喋り捲りました。
「ワインに長いこと漬け込んで、ハーブと塩だけで焼いたチキンだからね。」
「チリソースつけてあげるよ。これも自家製なんだよ。」
「大根のピクルスもつけちゃうよ。」
「グリルポテトもつけるからね。」
(こうなるとおまけなのか最初からセットされたものなのかわからなくなってきました。)
「月・水・金と土日にここに出ているから。あ、日曜は並んじゃうから平日の方がいいよ。」
(そうは言われても近所じゃないんです。千葉からはなかなか来られない・・・)
「六本木に似たお店はあるけど・・・違うんだなぁ。」
「場所じゃ(六本木に)負けているけど、味じゃ負けないよ!」
(錦糸町だと負けるのか?錦糸町の人に悪いよ、おじさん^^)
千葉に持って帰るまでに当然冷めてしまいましたから、オーブンで温め直しました。
皮はパリッ、中はジューシー!
おじさん、自慢するだけあったよ!!・・・と息子。
c0022231_14591362.jpg


残念ながらお店の名前がわかりませんでした。
アルファベットがいっぱい並んでいて、その中に『PAPA』という文字を見た気がするのですが。
[PR]

by livingmama | 2005-12-13 15:04 | 東京散歩

やねせん散歩~♪

今日はブログで知り合ったちぃさんが東京に来られるというので、上野駅で待ち合わせをしました。
なぜ上野かというと、東京の下町散歩をしようかな・・・と思ったわけです。
初めてお会いしましたが、ぽわんぽわんの巻き毛がよく似合うかわいらしい方でした。
ちぃさんのお友達もご一緒して、上野駅から二駅、「日暮里」で下車しました。
ところが、改札の内側でなにやら人だかりが・・・あ、お墓参り用のお花を売っている!
はっ!今日はお彼岸の中日じゃないの。
しまった、両国は大相撲をやっていて混みそうだからわざわざはずしたのに!!
日暮里駅の外に出ると車道も歩道もものすごい混雑!谷中はお寺の町だものねえ。

『花へんろ』というお店でちょっと早めのランチタイム。
りっちたら昨日の夕食がハヤシライスだったのに「ハッシュドビーフ」を注文していました。
「ふわ~~、とろけるぅぅぅ・・・!」美味しかったようですね。
そこのお店でちぃさんから素敵なお土産をいただきました。
c0022231_0525619.jpg上段ひだりから、お遍路さんキティ、さぬきうどんキティ、金毘羅さんキティ、寅さんキティ(東京限定)、下段左からよさこいキティ、萌キティちゃん(東京限定)。
東京限定は私が上野と秋葉原で買いました。
ちぃさん、ありがとうございます。


ところで、題名の「やねせん」とは谷中、根津、千駄木という上野近くの町の頭の文字を取ったものです。今日は谷中と根津しか行けなかったので「やね」ですね。
[PR]

by livingmama | 2005-09-23 22:54 | 東京散歩

デザイン・フェスタ

昨日、東京ビッグサイトで開かれていた「デザイン・フェスタ」にりっちと一緒に行ってきました。
ホビーショーとはまたチョット違った感じで、どちらかと言えば学生の文化祭のノリでした。
自作の絵葉書や洋服や人形を展示・販売したり、コスプレをした人達が会場を練り歩いたりと、慣れるまでに少々時間がかかりました。
なぜこんな所に娘を連れて行ったかというと、いとこが参加していたからでした。
彼女は「銀粘土」というちょっと聞きなれないアクセサリーを作って出品していました。
そこで体験教室を開いていたのでりっちが挑戦しました。

まず、銀粘土を形作り、ホッとプレートで20分ほど乾燥させます。(写真・一番左)
次に周囲をやすりで削り、ゴツゴツした所を取り除きます。
そしてコンロで15分ほど焼きます。(写真・真中)
焼きあがりを冷ましたらステンレスブラシで磨き、最後にサンドペーパーで磨いてできあがり。(写真・一番右)

c0022231_224523.jpg


ところでこれはペンダントヘッドなのですが何をデザインしたものだと思いますか?
Tシャツの形の中に「24」のナンバーがついているのがわかりますか?
実はりっちが大好きな阪神タイガースの桧山選手の背番号なのです。
世界にたったひとつのペンダントヘッド。
出来あがった瞬間、りっちの顔はゆるみっぱなしでした。

その桧山選手、今日5月15日の楽天との交流試合で決勝打となる2ランホームランを打ってくれました!!
やった!阪神、4連勝~☆
[PR]

by livingmama | 2005-05-15 23:27 | 東京散歩

こどもの城

c0022231_22133284.jpg先日、青山の「こどもの城」の前を通った時、このオブジェが物凄く目立っていました。
作者は大阪万博の太陽の塔で有名な岡本太郎氏です。
丁度私が携帯でこの塔の写真を撮っていたら小学校3~4年生くらいの男の子が後ろから走ってきました。
その後ろから追いついてきた彼の母親が「○○君も写真撮ってよ。」と言ったら、
「やだ!キモイよ。」
気持ち悪い、か・・・
小さい頃から岡本作品を見なれている私と同年代の大人と違って子供はストレートです。
りっちに「気持ち悪い?」と聞くと「ううん。面白いとは思うけど。」
小さい頃から画集や展覧会などでピカソやダリを見せていたので、りっちはそれほど抵抗がなかったようです。

子供は吸い取り紙です。良い事も悪い事も皆吸い取ってしまいます。
と、誰かが言っていたけれど、大人が時々吸い取りのお手伝いをしなければ行けないな、と思ったひとコマでした。
音楽、美術、演劇・・・
演劇!?そういえば今こどもの城の劇場で「アニー」をやっているんだった。
独身時代に観たっきりだなぁ。
いつかりっちを連れて観にいきたいな。
私も小学生の頃生まれて初めて宝塚を観て感激したから、その時と同じ感動と興奮を味わって欲しいな、と思います。
[PR]

by livingmama | 2005-05-07 22:41 | 東京散歩

青山 ぶらり

連休中部屋の片付けと模様替えが続いたので、今日は息抜きにりっちを連れて青山界隈をブラブラ歩いてきました。
青山一丁目にあるお目当てのレストランがリニューアル中でお休みだった為外苑前駅までウインドショッピング。
ちょうどそこで主人達と銚子へ行った息子からメールが入りました。
「ただ今飯屋(回転寿司)で順番待ち」
それを見たりっちが「お寿司食べた~い!」
都合よく『魚がし日本一』の前だったので「よし、食べよう!」
c0022231_0222173.jpg
結構ボリュームがありました。おなかポンポン!
食後は表参道まで雑貨屋さんを中心にぶらぶらり。
りっちのリクエストで脇道に入ったら思いがけず青山に住む叔父に会いました。
7~8年ぶりでしょうか。以前会ったのはりっちがまだ幼稚園の頃だったと思います。
少し立ち話をして叔父と別れ、再び雑貨屋を巡りながら渋谷へ向かいました。

渋谷からは井の頭線に乗って『池ノ上ピエール』へ行きました。
代替わりしてしまったので品数や内容は変ってしまいましたが、味は昔のまま変っていない様に思いました。
さくさくタルトに少し甘めの生地を流し込んだ焼き菓子。
でも最近は甘味が控えめのケーキが主流なのでそれを食べなれている人には「甘い」と感じるかもしれません。
たぶんコーヒーに合うケーキなのでしょう。
ああ、それなのに紅茶を入れてしまった私・・・
c0022231_022306.jpg
[PR]

by livingmama | 2005-05-04 00:02 | 東京散歩

ぶらり途中下車(しない)の旅

山形に住む知人の息子さんが都内の高校に進学することになり、入寮するため入学式の一日前に上京してきました。
たまたま学校が休みだった息子と上野駅までお出迎えに行きました。
上野駅構内は私が通学する途中乗で換えていた頃より格段に進歩し変化を遂げていましたが、駅前の西郷さんの銅像がある公園の真下のビルはほとんど変わりなく、「ああ、上野に来たんだな」となぜかホッとする風景です。

友人親子と京成電車の改札前で別れた後、息子と不忍池を横目で見つつ湯島まで歩いていき目的地の『上野デリー』へ。
息子推薦の「カシミールカレー」を注文すると、濃いこげ茶色のサラサラのルーの中に骨付きの鶏の手羽元とじゃが芋半分がどどーんと居座っていました。
お味は・・・あ、こくがあっておいし・・い・・・・!?か、辛っっっ!!!
大抵の辛めのカレーは平気なのですがこれはものすごく辛い!でもお味がいいので食べたくなっちゃう、でも辛い・・・これの繰り返しでした。
不思議な事に額に汗をかかず涙が出てきました。しかも会計の時、喉がヒリヒリして声が出ませんでした。こんな事初めて!
普通のカレーの5倍の辛さにいきなり挑戦したのは無謀でしたね(^^;)

唇と喉のヒリヒリがおさまらないので『上野デリー』斜向かいにある『みつばち』で小倉アイスを注文。
ここは高校時代から時々訪れていた甘味屋さんですが店内には入った事が無くいつも店頭で「小倉アイス!」
縁日の金魚すくいの時に出てくる丸い最中の皮の形ですが、みつばちの皮はぱりっと薄く食感が良い事この上ありません。
中の小倉アイスに至っては上品な甘さでさらっとした口どけが心地よく、あんなにヒリヒリして水を飲んでもおさまらなかった口の中がたった一口で解消されてしまったのです。

小倉アイスを食べ歩きながら湯島天神まで来てしまいました。
学問の神様なのよーと息子に教えると「大学受験の時に来るか」と言っていましたが、彼のもうひとつの目的はカレー&小倉アイスと見た母でありました。
お天気が良いのでそのまま秋葉原方面に向かいました。

秋葉原は通常ですと駅から電気街へと向かうのですが、湯島から秋葉原駅へ向かったのは初めてでした。
会社が多いなぁ、とブラブラ歩いていたら突然周りが派手な看板に埋め尽くされました。
十数年のうちにおばさん一人では歩くのも恥ずかしくなるようなゲームショップとアニメショップの街に変貌していました。
そして昔から外観がそのままの『アキハバラデパート』は一階の軽食コーナーに外国の方々があちらにもこちらにも。
電気街で食事処を探すのが難しかった昔と違って、今は結構ラーメン屋やコーヒーショップがあるのに人々はここに集中していました。(比較的お安いからかしら?)

ここから総武線に乗って千葉へ帰ろうとしたのですが昭和通りにでたらなんとなく人の流れに乗って浅草橋方面へ。
そのまま歩き続けて浅草橋-両国-錦糸町までぶらぶらぶらり。
高校の時の同級生の家の前を通ったり、柳橋で趣きの有る佃煮屋さんを発見したり、両国でお相撲さんと沢山すれ違ったり、信号待ちをしていたら消防車が6~7台も目の前で止まったり(ラーメン屋さんがぼやだったようです)とぶらり歩きをしなければ体験できないような事に次々と出くわしました。

お天気が良かったからこそ上野から錦糸町まで歩いてしまう暴挙に出てしまったのですが、さすがに家にたどり着いた時はチョット足が痛かったです。
「時間さえあれば市川(千葉県内)まで歩いたのになぁ、と言っていた息子も帰宅するやいなやソファにどさっと身体を投げ出していました。
しかし私は迫り来る夕飯時間のため座っても要られずそのまま着替えだけをして買い物、夕食の準備・・・
うーん、母は強し!?と誰か言ってヨー!
[PR]

by livingmama | 2005-04-07 23:32 | 東京散歩