カテゴリ:りっち( 85 )

好転が暗転に

2011・11・11の1揃いの日に起きた出来事。
りっちの身に起きた恐ろしい事とは・・・


そもそもは昼食後の実習時に後頭部と背中に違和感を覚えたりっちが保健室へ。
ベッドにコックコート、エプロン、帽子までつけた格好のまま寝かされたとたん、
左の腕から足にかけて血の気がすーっとひいていき力が入らなくなったそうです。
それを聞いた先生、救急車を要請!
脳の病気の疑いをかけられ酸素マスクまで付けられたとか。
私の携帯と夫の携帯に事務室から電話がありましたがよほど慌ててたのでしょう。
かつぜつが悪く早口で何を言っているのかわかりませんでした><;
とにかく入院するかもしれないと急いで最低限の用意をして千葉から府中へ!

途中で実家の母が合流しりっちが運ばれた総合病院へ行くと、すごーくりっぱ!
設備が充実していそうでちょっぴり安心。
待合室には担任の先生が待っていました。
先生もご自分の授業を他の先生に任せて救急車に乗ってくれたそうです。
救急車に乗ったりっち、「あ、先生急いでスーツに着替えたんだ」と以外に冷静。
意識はしっかりしていたのでその後もずーっと口だけは動いていたそうです。
幸いにも脳にも脊髄にも異常は見られませんでした。
しかし徐々に力が戻ったとはいえその日に帰るのは無理とのことで入院!
入院したのは立派な新しい病院から徒歩5分の神経病院。
10階建ての10階の部屋になりました。

昨夜遅く帰宅した私ですが今朝は7時半には家を出て再び府中の病院へ。
病室いに行くとりっちがうとうと寝ていました。
よほど疲れていたのでしょう。
はっきりした診断は出ませんでしたが、過労からきた病気のようです。
私に気づいたりっちが言った一言は・・・
「ここから富士山が見えるよー^^」
昨日のことがうそのようにはしゃいでいました^^;
この2ヶ月、就活とコンクールの練習、自分の作品の商品化で目まぐるしかったから、
疲れが出て、気持ちと体がバラバラになってしまったのでしょう。
小学生の時にも似たような症状になって入院したので今回も退院が早かった訳です。

本当に皆様、ご心配をおかけしました!
[PR]

by livingmama | 2011-11-13 22:38 | りっち

内定頂きました!

昨日、秋のコンクールで帰りが遅いりっちから電話が来ました。
「今駅に着いた。ホテルから電話あって合格したよ。あ、電車きた!」
と、あっけなく電話が切れてしまいました。

どうやら第一志望の内定が取れたようなのに・・・
なに?この感動の無さは!
すべてタイミングよく来た電車のせいだ!と逆恨み。

りっちが帰宅したのは夜9時をかなりまわってから。
でも部屋に入った瞬間その顔を見て「ああ、内定取れたんだ!」と実感。
ものすご~~く、ニマニマしていたんです。

ホテルから電話があったとき実習の真っ最中で、気がついたのが夜7時過ぎ。
遅いからかけるのをためらってたりっちに友人が「今、かけた方がいいよ!」
実はその彼女は3回受けていまだ内定が取れていなかったので遠慮したりっち。
でも、その思いを察したのか友人はかけることを薦めてくれたそうです。
そしてホテルの人事課にかけると・・・
「合格しましたよ!」と優しい声のお姉さん。
「ふへっ!?ひゃっひゃっひゃっ・・・」と言葉にならず怪しい発声をしたりっち。
「え!どうしました?」と心配声のお姉さん。
「あ、嬉しすぎて、笑ってしまいました!すみません!ありがとうございます!」
電話の向こうのお姉さん、大爆笑!!

何はともあれ、都内の某ホテルのペストリィー(製菓製パン)部門、内定です。
[PR]

by livingmama | 2011-11-10 19:30 | りっち

今が正念場!

りっち、現在物凄く忙しいです。
寝てる暇が無いくらい、1日24時間では足りません。
何をやっているかというと・・・

1、次のコンクールの練習とレシピ、作文の製作
2、夏のコンクールの商品化の為のケーキの製作
3、就活
4、就活の為の食べ歩き(これは先生からの宿題)

もちろんこれに通常授業とバイトが少々(店の都合で9月はシフトが激減!)。
季節の変わり目で風邪もひいちゃったし・・・

1のレシピと作文はほぼ徹夜で仕上げました。
この「ほぼ」が重要!
実は眠くてたまらないから15分仮眠をとるので起こしてと寝てしまったりっち。
さあ、起こせど起こせど「うん、わかった」と言って起きない!
ほおっておいたら朝まで絶対寝てしまう!!
さあ、私も眠いのに紅茶入れたり空気の入れ替えしたり起こし続けましたよ。
1時間半ほどでようやく目が覚めたみたい。
は~、私お弁当作らなきゃならないし起きたらタウン紙配布の日なのに。
3時に寝て6時前には起きました。
私のおかげ(ここ重要!)で何とか間に合いました~^^;
りっちが次のコンクールにかける情熱が凄かったのでココまで付き合いました。
ケーキの設計図はミリ単位の正確さで数字が記入されています。
家で高価なバターをふんだんに使って練習できないので粘土で成形練習。
学校でうっかり秘密の設計図を落として先生に見つかっちゃった!
「お前ココまでやってたの!?」とビックリされたそうです。
粘土練習のこともポロリと喋ってしまったら
「すげ~な~!普通そこまでしないぞ。」と呆れられたのか感心されたのか^^;
私は他の人より不器用だから練習しないとと答えたそうです。

りっちよ、キミの卒業後「ひとつのケーキに物凄く情熱注いだヤツがいた!」と伝説になるかもしれないぞ♪
[PR]

by livingmama | 2011-10-01 08:54 | りっち

一夜明けて就活、また一夜明けて花火

軽井沢の興奮も冷め切らないまま、5日(金)はりっちの就活日でした。
気になる企業が東京のお台場、1人でゆりかもめ(交通機関)に乗るのでちょっぴりドキドキしたそうです。
昼過ぎに説明会は終わったのですが、実は夕方にお楽しみがあったのです。
お気に入り歌手のイベントの抽選に当たったので夕方まで暇つぶしてから会場へ。
そこで座席に座って待っていたら隣席の奥様が話しかけてくれたそうです。
すると奇遇なことにりっちが初めてその歌手のイベント(というか、本来はお菓子のイベントにゲスト出演されたのですが)に参加した時の事を覚えてくれたそうです。
奥様ファンが多い中、当時高校生だったから目だったのかな?
そこから一気に奥様のお友達が増えました!
りっちの携帯には同年代の友人の中に奥様のお名前が3名混ざっています(笑)

さてまた一夜明けて6日(土)、3年連続で神宮花火大会のお手伝いです。
朝9時頃に宅配便がきたので何かしらと思ったら・・・コンテストの副賞でした!
プロ使用のフードプロセッサーでパン生地こねや卵のあわ立ても出来るそうです。
定価5万円以上のお品でした!
午後からは神宮球場へ。
たぶん花火大会のお手伝いは今年最後になるだろうなぁ。
就職できたらのお話ですが。
[PR]

by livingmama | 2011-08-06 17:38 | りっち

軽井沢スイーツコンテストの結果報告です

1ヶ月待たされました。
軽井沢スイーツコンテストの結果のご報告です!
皆様のご声援のおかげでよい結果となりました。

第三位、銅メダルです!

いやあ、同行してよかった~。
嬉しそうなりっちの顔をリアルタイムで見ることが出来てとっても嬉しい!
しかも一緒に出場した同級生は第2位、銀メダルでした。
彼女は1点差でグランプリを取れずに相当悔しがっていました。
でもりっちは銅メダルで大満足!
他の出場者のケーキを見て味わって「ああ、みんなのケーキの方がいけてる・・・」
当日アクシデントがいっぱいあって自暴自棄になりそうだったそうです。
そんな思いでいっぱいだったのでこの三位がどれだけ嬉しかったか。
「オリンピックで銀メダルの人が金の方がよかったと悔しがっているけど、以外にも銅メダルで満足している人が多いでしょ。あの気持ちわかった気がする。」
りっちの目標は何色でもいい、メダルを貰うこと。
それが叶えられ、有名シェフに首にかけて貰った事は一生の思い出でしょう。
特別製のメダルはガラス製でとても重いそうです。
一位に輝きたい応募者141人の思いが詰った重さです。
式典の後学生達は記念撮影の為にすぐに退場してしまいました。
「どんなメダルかな~♪後で見せてもらおう!」と私もうきうき!!

・・・と先にいい事を発表してから、実は朝からどたばたで大変でした!
朝家を出て電車に乗ったとたん「替えの靴忘れた!」
履いてきた靴は太めとはいえヒール5cm程のワインカラーのひも靴。
コックコートの下ではちょっと目立つかな?
しかたない、その靴で我慢しなさい。草履や下駄じゃないんだからよしとしよう。

次に東京駅で「デジカメのメモリー忘れた!」
これは私のカメラと同じメモリーだったので入替えてセーフ!
(りっちカメラの方が高性能です)
そして、最大の悪夢がりっちを襲いました!


なんと、
銅メダル、粉砕!

同行した先生が同じグループ校の学生4人集めて写真を撮っていたときのこと。
タイル張りのテラスでまずは銀メダルをかけた同級生。
次にりっちを撮影するから先生の指示に従って移動しようとした瞬間、
ぱっりぃぃぃぃーんっ!!!!
あまりの重さに金具が耐え切れず落下したメダルは粉砕!
丁度テラスに出ようとした私の耳にもあの悲惨な音が届きました。
茫然自失のりっち!
先生も他の学生も立ちすくむその中で走り出したのが二位の彼女。
すばやくコンテストの担当者を呼んできました。
りっちの過失で無いことは5人の人間が見ています。
2位の彼女のメダルも実は外れたけどキャッチしてセーフだったとか。
それを見たりっちは金具をしめつけたのに・・・重すぎたのですね。
1日で天国と地獄を味わってしまいました。

これからのオリンピック関係者の皆様。
メダルのガラス製はやめましょう。
全世界が注目する中で「ぱっりぃぃぃぃーんっ!!!!」は衝撃が大きすぎます。
[PR]

by livingmama | 2011-08-05 11:03 | りっち

練習開始!(お菓子コンクールへの道・2)

発表から一夜明けた昨日、学校へ着くなり祝福の嵐だったそうです。

その数十分前のお話。
中央線快速で座っていたりっちは車内で爆睡していたら何かが足につんつんあたるので目が覚めたそうです。
足にあたったものを見ると学校の製菓用の実習セット。
ああ、同じ学校の子かな?と顔を上げると・・・
「ああ、やっぱりそうか。もう駅に着くよ!立川に行っちゃうぞ。」
同級生の男子学生がりっちに似ているけれども確信が持てず、でもそのままにしていたら立川に行っちゃうので意を決してつんつんしたそうです。
起こしてくれたお礼を言うと「俺もよく立川行っちゃうんだ^^;あ、おめでとう!」
生の声で祝福してくれたのはつんつんした彼が第1号でした。

先生や友人達から良かったね、頑張ってね、と祝福される中ちょっと寂しかったのは担任の先生がたまたま有休だったこと。
副担任の先生が代わりに担任のメッセージを伝えてくれたそうです。

「コンクールの前に試験だからな。」

え、試験なの?知らなかった!・・・と慌てたりっちはクラスメートの爆笑の渦の中。
コンクールの準備に必死になっていて7/1の実技テストをすっかり忘れていたそうです。
大丈夫か、りっち!
[PR]

by livingmama | 2011-06-15 09:45 | りっち

とてつもなくHappy!な日♪(お菓子コンクールへの道・1)

11日(土)から今日までの3日間が物凄く長く感じました。
理由はあるお菓子のコンテストの応募締め切りから発表までの3日間だったわけで、
当の本人のりっちより親のほうがドキドキでした。
数年前の高校受験のときに感じた気持ちと同じでした。
結果ですか?

はい、書類審査を無事通過して決勝戦に進出することになりました!
10人の中にりっちが入っているなんて信じられません。

決勝進出者は141分の10の確立。
関東ブロックは3人でしたからその中の1人になれたのです。
嬉しいことに一緒に書類を出したクラスメートも決勝へ。
(出席番号は1番違いで名前もなんとなく似ているし^^;)
二人合わせて決勝では10分の2、関東では3分の2♪
10分の8の人達は地域も学校も各方面から選ばれました。
北は岩手から南は鹿児島まで。

決勝戦は食材の収穫から調理まで。
過去3年間の課題食材はブルーベリーが2年間、杏、そして今年がルバーブ!
ちょっと変わった食材なので近所のスーパーや八百屋さんでは売っていません。
練習するのもなかなか困難ですが、これから決勝(7月2日、3日)まで学校で居残りで特訓です。
体調を崩さずに頑張って練習してもらいたいなぁ。
決勝戦は7月初めなのに発表は8月初めなんですよ~。

「まってろよ、軽井沢!」(byりっち)
[PR]

by livingmama | 2011-06-13 22:55 | りっち

今週は「パン週間」

24日から27日まで我が家は「パン週間」でした。
りっちが実習販売でパンと焼き菓子担当だったので売れ残ったパン等を貰ってきました。
毎日フランスパン1本とクロワッサンやブリオッシュ等など。
我が家は朝食はパン食なので非常に助かりました。
しかし毎日フランスパン1本は・・・なかなか食べ切れません。
だって他にもクロワッサンやデニッシュがあるんですもの。
夫は「軽くトーストしても冷めるとすぐ硬くなるから食べにくい。」と贅沢なモンクを言います。
そこで兄ちゃんが考えた

「スープにひたして食べればいくらでも入る!」

考えるのは兄ちゃんでも作るのは私(^^;)
前日の夜に野菜を細かく切っておき、翌朝ミネストローネを完成させました。
野菜も沢山取れるしフランスパンも消費できる、一石二鳥!

うーん、まだ残っているフランスパンはどうしよう?
パンプディングでも作ろうかな。
[PR]

by livingmama | 2011-05-28 11:54 | りっち

初めての販売実習

昨日11日、りっちのクラスの初めての販売実習の日でした。
製菓コース二年制の二年生はこれから1年間一周おきに販売実習があります。
製パン、生菓子、焼き菓子、タルト、販売の5グループに分かれて作業するそうです。
今回のりっちはタルト班。
二人でピュイダムールというフランスの伝統菓子を作るそうです。
タルトレットサイズのパイ生地にラズベリーソースを敷き、その上にカスタードを絞り出して最後にてっぺんをキャラメリゼした見た目シンプルなお菓子です。
シンプルゆえごまかしがきかない高度なお菓子なのですが・・・
練習の際カスタードクリームがだれてしまい一昔前に流行った「たれぱんだ」の様になってしまいました。

失敗は成功のもと!

何がいけなかったかを分析し、改善していくのが職人への第一歩です。
昨日の構内販売(一般販売の前日に行う、いわば練習のようなもの)ではピュイダムールがタルト類の中では1番に完売したそうです。
日本料理やイタリア・フランス料理の学生、製菓1年生達が長蛇の列を作ってケーキを買いに来たそうです。

明日と明後日は一般販売日です。
気を抜かず頑張って作りましょう!
[PR]

by livingmama | 2011-05-12 15:27 | りっち

23年度から変わったこと

りっちも製菓専門学校の2年生になりました。
学校は4月8日からでしたが授業は昨日の11日からスタート!
とはいえ、計画停電が実施されることを想定にしてカリキュラムを組んでしまったようなので
4月いっぱいはすべて午前中で終わるそうです。

それからもっと重大なことが変わりました。
昨年度は私の実家から通学していましたが、4月からは千葉の自宅から通うことにしました。
理由は実家の父が3月末に肺炎で入院してしまったからです。
母一人では朝早く夜遅い(バイトで)りっちの世話を見切れません。
交通手段を考えて最短時間のルートで行けば学校まで1時間半です。
私も学生時代の8年間、そのくらいの時間はかかっていましたから大丈夫でしょう!

父は咳が酷く熱も高かったので病院に行ったところ「肺炎」と診断され即入院!
いったん大部屋に移ったものの咳が酷くて同室の人の迷惑になるので個室に逆戻り。
入院から10日ほど経った頃にだいぶ咳も落ち着き、食事もおかゆ以外の物が食べられるようになったそうです。
子供の頃から朝食はパン食だった父。
旅行先でも選択式の朝食はパン食、会社の保養所でも特別に父だけパン食。
さすがに病院では我慢の日々だそうですが、「今朝は美味しいパンだった!」とメールが。
退院したらいつもの食べ慣れたパンを存分に食べてくださいね。
[PR]

by livingmama | 2011-04-12 10:46 | りっち