カテゴリ:りっち( 85 )

希望のコースに・・・

親子でやきもきした1ヶ月弱、晴れて合格通知書が郵送されてきました。
りっちは大学進学ではなく調理系の専門学校に進学することを希望していました。
成績表と推薦状を送ったのが約ひと月前。
通常なら一週間後に結果がわかるところでした。
ところが今年はりっちが希望したコースが人気があって、大きく定員枠を突破してしまったそうです。
べつのコースを希望したクラスメートの男の子はあっさり合格通知書を手にしたのに、りっちは作文選考になってしまいました。
いつもは楽々と作文を書き上げるのに、今回は夢への第一歩と思ったせいでいつも以上にプレッシャーを感じてしまったようです。
そのまま郵送しようとしていたので「まず高校の国語の先生に見て貰ってからにしなさい。お兄ちゃんもそうしたんだから。」と学校に持って行かせました。
案の定先生の添削を受け、ようやく清書を始めたのが締め切り直前でした。
近所の郵便局に持って行ったら「今日の便は終わりました。」
それではと、本局まで行って速達便で出しました。
この2週間がどれほど長く感じたかわかりません。
28日発送予定と案内書にありましたので、29日は朝から親子でそわそわ。

午前11時、郵便配達員のバイクの音が聞こえました。
私は2階の自宅からだだだーっと階段を駆け下りて店先に行きました。
三年前、兄ちゃんの合否結果を待っているときと同じ状態で、郵便配達員から通知を受け取るとすぐにハサミで封を切りました。

やった!合格!!
すぐに夫に電話をし(今回は泣きませんでしたよ^^;)、りっちにデコメを送りました。

「合格通知きました。おめでとう☆よかったね!」って送ったら・・・

「受かったの!?」との返事が来ました。
え?わかりにくかったかな、私のメール。

「受かったよ!合格通知が着たってメールしたでしょ。おめでとう!!」
なかなか信じてもらえませんでしたよ(^^;)

とりあえずホッとした一日でした。
[PR]

by livingmama | 2009-10-29 23:13 | りっち

りっちの冒険 ~台風に負けるな!~

各地に爪跡を残した今回の台風、りっちにとっては冒険の1日になってしまいました。

さかのぼること台風の前日の夜のこと。
りっちは中学校時代のお友達のお誕生日をファミレスで祝っていました。
多少の雨風があったのと兄ちゃんをバイト先に送っていったついでに車でお迎えに行きました。
明日台風くるかなぁ、と言う一言からりっちの友人は「私の学校明日臨時休校になった。」
あ、お兄ちゃんの大学も臨時休校になったって言ってたと伝えると、
「ええ~~、私の高校はそんなこと言われなかったから登校になるよ、きっと。」とりっち。
あまりひどいと連絡網がきて休みになるかもよ、といいながらその日は終わりました。

朝が来て外は「おまっとーさん!」と言わんばかりに台風がやってきました。
りっちはばたばたと学校へ行く支度をしています。
「高校のHPみたら『通常通り授業をおこないます。』ってかいてあった。」
えー、大丈夫かな・・・ともかくお弁当を作らなきゃ!
鮭を焼き炊きたてのご飯を冷まし、野菜を炒め、卵焼きを作り・・・TVから流れてくる台風情報を尻目にせっせとおかずをお弁当箱に詰めていきました。
まずはりっちがお弁当を通学バックにねじ込んで家を飛び出していきました。
その頃は風は強かったものの空は晴れていました。
その数分後に夫がお弁当をかばんに入れてあわただしく出発しました。

さて、りっちから5分後にきたメールは待ち合わせてくる友人が電車が遅れているためまだ到着しないというものでした。
さらに数十分後、やっと隣の駅に着いたとのメールが。
え?後から出発した夫の方が一足早く2つ先の駅に着いたと連絡があったばかりです。
りっちは快速でやってくるお友達を待って、彼女が乗ってきた電車に乗り込んだら電車が動かなくなっちゃったそうです。
よし、各駅停車で行こう!と乗り換えたロスタイムが最初っから各駅停車の乗った夫より遅くなってしまったのでした。

ものすごい時間をかけてようやくたどり着いた各駅停車での隣駅。
このままではいつ学校の最寄り駅に着くかわからない。
そこでりっちはあることを思い出しました。
「パパが京成電車の振り替え切符を貰って電車に乗ったって言ってたなぁ。」
友人に乗り換え計画の話を持ちかけると彼女はある心配をしたそうです。
「京成ってお金かかるよね・・・」
「振り替え乗車は只!・・・たぶん、タダだったと思う・・・」
多くの人が京成線に向かって歩き出したので澄ましてついていったとか。
ところが京成の駅も黒山の人だかり。
TDLのように20分ほど待ったすえにようやく満員列車に乗れたそうです。
二人で離れ離れにならないようにしっかりと手をつないで。(カワイイ♪)
途中で乗換えをしてやっとこさ船橋市内に入ったところで友人から衝撃的な電話が!
「たった今、学校がね、お休みになっちゃった!休校!!」
朝の10時のことでした。
ものすごく苦労してココまで来たのに・・・帰りの電車なんか来やしないし。
たまたまUターンしようと降り立った駅で二人は思ったそうです。

「お腹がすいたね。お弁当、食べちゃおうか。」

小さな駅の下りホームで女子高生2人が手作り弁当を広げて食べてる様子を想像したら、おかしいやらかわいいやら。
そこから再びものすごい時間をかけて津田沼駅まで戻り、JRが昼過ぎに動きそうだと言うので駅近くのショッピングモールで暇つぶしをしたそうです。
2時過ぎにようやく各駅停車の上り線が動き出し、少ししてから下り線も再開したのでようやくりっちは戻ることができました。
自宅に着いたのが3時!
兄ちゃんが疲れたであろうりっちの為にケーキを買ってきてくれたのに、当の本人はぐったりして寝てしまいました。
兄ちゃんがバイトに行ってしまった後の夕方6時半、りっちが起きてきて「ケーキ食べる!」
夕飯前に好物のプリンタルトを半分食べてすぐ夕飯を食べました。


今回役に立ったものは、手帳の巻末についている電車の路線図だったそうです。
地下鉄の路線図が付いたものは多くありますが、りっちの手帳には更に首都圏のJRと私鉄の路線図が付いていました。
京成線なんてめったに乗らない電車に乗れたのもこの手帳のおかげ。
更には京成の八幡駅まで行って地下鉄の新宿線に乗り換えて都内まで行こうとか、一番都内に近い千葉の駅で降りて、橋を渡って学校まで歩こうとかいろいろ二人で考えたそうです。

疲れただろうけど、いい経験したね。
二人なら心細くなかったしね。
[PR]

by livingmama | 2009-10-09 22:00 | りっち

りっちの文化祭!

秋晴れの本日、りっちの高校の文化祭がインフルエンザに負けず開催されました。
実家の母と中学3年生の女の子のお母さん(私の友人)と3人で賑やかに行ってきました。
駅から15分も歩くと晴天では喉が渇きます。
早速りっちのクッキング部でアイスコーヒーを注文しました。
高校の文化祭の飲み物とは思えないくらいコーヒーの種類がありました。
ブラジル、マンデリン、ノンカフェイン、あとなんだっけ?
ホットコーヒーはキリマンジャロを深煎りしてもらったので柔らかな酸味で飲みやすくなってました。
母は「おいしい!」とクッキング部に足を運ぶたびにコーヒーを飲んでいましたよ003.gif

りっちの高校は工業科もあるので建築ビジュアル科の作品展は面白かったですよ。
[PR]

by livingmama | 2009-09-26 17:10 | りっち

新型インフルエンザの影響

数日前に友人と久しぶりにミスドでコーヒータイム♪
もうすぐ文化祭でりっちが張り切っていることを伝えますと、
「千葉の高校は文化祭や体育祭、のきなみ非公開になったのよ!」
え、知らなかった。
「新型インフルエンザの影響らしい。息子の高校も体育祭一般公開なくなったのよぅ。」
彼女の息子さんの高校の体育祭、知り合いがいなくても楽しめる学校イベントです。
おととし誘われて見に行ったら迫力と真剣さが伝わってきて楽しいひとときでした。
無料のスポーツイベントって感じでしたね。
高校の近所の方々も毎年見に来る体育祭、今年は生徒のみで親も見学ができないとか。
「働くお母さん達はこの日のために休みを取ったのに~って。
つまらないからみんなでディズニーランドにいく事にしたの♪」

その翌日義妹が店に来たので文化祭が非公開になったことを聞きました。
「あ、でもやるところもあるのよ。息子の高校はいつも通りに一般公開するし。」
へ~、そうなんだぁ。
公立は一般公開をためらうところが多いのかな?
私立は強行するところが多いのかな?受験者が減っちゃうと困るものね。

りっちの高校は来週の26,27日が文化祭です。
あんなに準備頑張っているんだもの、中止にならないで欲しい~!
みなさん、200円のカレーと100円の焼き菓子&ゼリーを食べに来てください~。
たくさん用意しちゃっていますから。
[PR]

by livingmama | 2009-09-19 08:50 | りっち

りっち、正念場

りっちの高校の文化祭まであと1ヶ月を切ってしまいました。
まだ販売する商品の最終レシピも決まっていないし、1年生達はまだまだ手元がおぼつかない子ばかりなので心配の種が満載なのだそうです。
その上一番人数がいる3年生は受験生がほとんどなので、夏休みの部活も休みがち。
一般的な高校は夏休み前に3年生は引退してしまうのですが、りっちの高校は文科系3部活と運動部系が数部のみ9月末まで引退できないのです。
りっちは専門学校希望で後は願書を出すだけ(場合によっては小論文もある)なので部活に専念できますが、来年度から進学系のクラスが増えるようなので、1,2年生も夏期講習優先してしまい欠席者が多数でりっちは大忙し!
同じ系統の専門学校を希望している3年生の男子とはレシピのことで意見が合わず衝突ばかり。
りっち、気苦労がピークに達してしまったようです。

ドラマや小説だとそんなときに救世主が現われるものですがりっちには・・・2年先輩の卒業生が夏休みだからとふらりと部活に現われたそうです。
とにかく明るく元気な先輩ですが時には鋭い指摘をするという、人によっては怖い存在です。
りっちは1年生のときからこの先輩が大好きでよくメールで励まされていましたが、先輩が進学してからは忙しいところに迷惑をかけてはいけないと、相談メールなどをひかえていました。
久しぶりの先輩の出現にりっちは昨年部長を引き継いでからの出来事を話したそうです。
その日の夜遅くにメールがきて「なんか心配だから明日も行こうか?」と言ってくれました。

土曜日は中学生を対象とした学校説明会。
先輩は欠席した部員の分をカバーして、見学にきた中学生親子を和ませてくれたそうです。
帰り際先輩と二人きりになったりっちは今まで誰にも言えなかった事(私には言っていましたが)、全部先輩にぶちまけたそうです。
先輩は「私ができることはするから心配するな!」と力強く励ましてくれたそうです。
帰宅が遅くなったの叱ったら(だって何回もメールしても返事が無いんですもの)、先輩に1年間苦しかったことを話していたら時間が遅くなっていることに気づかなかったと泣き出してしまいました。

兄ちゃんは嫌なことがあるとすぐに吐き出すタイプですが、りっちは出来事は話してくれるのに気持ちを押し殺してしまうタイプだったようです。
それに気づいてあげられなかった・・・私も反省しなければなりません。
でも、メールには気がついてほしいなぁ。
男性はYシャツの胸ポケットやズボンに携帯電話を入れるので比較的気がついてくれますが、女性はバッグに入れてしまうことが多いので雑音が多いところでは気がつきません。
そこで私はレストランやカフェでは音を消してテーブルの上に置いています。
メールや電話がくれば携帯がテーブルの上でブルブル震えてくれますから。

夏休みも今日で終わりです。
9月になったらレシピの完成、ポスターやメニュー作り、接客マニュアルの作成などやることが山ほどあるそうです。
高校生活最後の文化祭、くいが残らないように本人は頑張るそうですが、親としてはあんまり無理をしてほしくないとも思ってしまいます。
りっちは根を詰めるとイベント終了後どっと力が抜けてしまう厄介なタイプなので・・・
[PR]

by livingmama | 2009-08-31 16:49 | りっち

りっち発 ちょっといい話

いってきま~す!と家を出てから数分後に来る家族からのメール。
たいていが「困ったな、電車が遅れてる~!」という遅延情報ですが、りっちの場合は女の子らしく「前に並んでるお姉さんの洋服がかわいい♪」なんてものもきます。
先日もちょっと心温まるメールがきました。

『船橋で目の前の席が空いたんだけど、座ろうか迷って、隣に立っていたお姉さんに座ってもらおうと思って座らなかったの。そしたら周りを見てからお姉さん座ったんだけど、今お姉さんのかばん見たら「おなかに赤ちゃんがいます」ってキーホルダーがついてたの。座らなくて良かったと心から思ったりっちでした。』

帰宅後詳しく聞いたら、あと二駅なので座らなくてもいいかなって思ったそうです。
それよりも隣に立っているお姉さんの方が都心部まで電車に乗って行きそうだったので、そういう人に座ってもらった方がいいなと体をずらしてお姉さんに譲る準備をしたそうです。
(口で「どうぞ」とは言えなかったみたい)
すると空いてる席を目ざとく見つけたおじさんがやってきたので、なぜかすごーくお姉さんに座ってもらいたかったりっちは困っっちゃったみたい。
するとお姉さんはおじさんが到着する寸前に座ってくれたのでりっちも一安心。
ふと見るとひざに置かれたバックに例のキーホルダーが付いていて、りっちは心から良かった~、とほっとしたとか。

よく『赤ちゃんが乗っています』という車を見かけますが、あれは「乗っているからどうしろと言うんだ?」というつっこみの対象になっていますよね。
でもこのキーホルダーは有効かなって思います。
お腹が大きいから妊婦さんだと思われて席を譲られた、という笑い話が雑誌に投稿されているのを見ましたし、混んだ電車の中でお腹を守るのは大変だったと妊娠中も通勤していた友人から話を聞いたこともあります。

『お腹に赤ちゃんがいます』
このキーホルダーを見たら席を譲ってあげましょうね、皆さん
[PR]

by livingmama | 2009-06-16 10:27 | りっち

お客様はりっちの先輩!?

昨年秋からおばあちゃん(夫の母)の仕事を手伝い始めた私。
最初は戸惑うことばかりでしたが、最近では一人で店番をしている時でも落ち着いて対応できるようになってきました。

先ほどいらしたお客様。
近くに建った新築マンションに入居予定の方で民間の駐車場の契約にみえました。
こちらは快速電車があるので都内まで近くていいですね~、といわれたので
「新小岩までなら25分いなですよ。子供たちが通学しているので。」とお答えしました。
するとご主人様が「え?もしかして・・・」とりっちの高校名をおっしゃるのです。
そのとおりですと言いましたら、「僕もそこ出身なんですよ!」
まあ、奇遇ですね~!と話に花が咲いてしまいました。

「今、お笑い界でがんばっているアノ芸人と同学年なんですよ。」
すると隣で聞いていた奥様「あの、頭でパカパカする小道具なんかを使う人?」とびっくり。
「彼はスポーツの方で有名になると思ったのに、まさかお笑いに行くとは。」
その芸人さん、当時は強面で有名だったそうですよ。

沢山お話して、最後にはりっちの高校の文化祭にお誘いしました。
ご主人様は知っている先生が多くて恥ずかしいとおっしゃってましたが、奥様は興味深々で是非行ってみたいとおっしゃってくれました。
後でりっちにこのことを話しましたら驚くと同時に「文化祭に来てくれるかな?」と楽しみにしていました。

ひょんなことから会話が弾んで仕事中でしたが楽しいひと時でした。
[PR]

by livingmama | 2009-05-30 17:31 | りっち

りっち、救急車に乗る

16日の夕方頭痛で一眠りした私が目を覚ますとすでにりっちが高校から帰宅していました。
しかし彼女もベッドの中。
どうしたのかと聞くと気持ちが悪いと言うのです。
それではもう少し寝ていなさい、と1時間ほど休ませましたら・・・
突然りっちが跳ね起きてダダッとトイレに駆け込みました。
心配になってついていくと便器に嘔吐している様子です。
「開けるよっ!」
苦しそうな表情のりっちが見つめる先には、鮮やかな赤色の血!
「吐いたら、血が出た・・・」
時間は午後6時半過ぎ。
かかりつけは7時までやっていますが、あいにくと木曜日の午後は休診でした。
とりあえず人間ドックでお世話になっている大きな病院に電話しましたが、夜間救急診療はやっていないとのことで、119に電話して当番医を聞くと良いと教えてもらいました。

1,1,9・・・とプッシュホンのボタンを押しました。
「はい、火事ですか、救急ですか?」
娘が吐血したことを伝えると迅速に当番医を教えてくれました。
電話を切りりっちを病院に連れて行こうとすると、2回目の嘔吐に襲われました。
便器の中には再び鮮血が飛び散っていました。
これは私が車に乗せて行っては危険だわ!
りっちに救急車を呼ぶことを確認し再度「119」
先ほどと同じ人の声でした。
救急要請をすると声の主は娘の症状を聞きながら「すでに救急車が向かっています。外で待っていてください。」と言いました。

りっちと玄関先に行くと1階にいるはずのおばあちゃんが出かけていませんでした。
連絡がつかないので仕方なく書置きも残さず救急車に乗り込んでしまいました。
乗り込んでからすぐに出発できないものなのですね、救急車って。
受け入れ先病院に電話で確認を取らないといけないようです。
最初の病院はりっちの症状など聞いた挙句の答えが「NO!」
2番目の病院も同じように症状を聞いて「NO!」
ここまで10分以上経過していました。
3つ目の病院がようやく「OK!」を出してくれたのでやっと出発です。

病院に着いてもしばらく待たされましたが、その間救急隊員の方々は私と一緒に診療室の廊下で待っていました。
りっちといっしょに説明のために診察室に入っていた隊員の方が出てきたらようやく「失礼します。」と病院を後にしました。
いろいろ検査をした結果「今夜は検査入院していただきます。」との担当医から話がありました。
とにかくおばあちゃんに電話をしなくては!
おばあちゃんは電話の向こうでさぞかし驚いたことでしょう。
「お使いから帰ってきたら家の前に救急車が停まっていたから驚いたけど、お向かいの病院にきたものだと思っていたよ。」
我が家の向かいは内科医なので、重病患者はそこから救急車で大病院に送り込まれるのです。

夫にはおばあちゃんが電話をしてくれたので、しばらくしたら私の携帯に電話がかかってきました。
ICUの目の前の廊下はまずいかな、とトイレに駆け込んで電話を取りました。
「飲み会だけど今すぐ帰る!」
すると今度はバイトに行ってる兄ちゃんから電話が入りました。
「今から帰るから・・・」と彼が話し終わらないうちに私が言葉をかぶせました。
「りっちが吐血したので救急車で今A病院に来ているの!」
えっ、と驚いた声の後わかったとの一言を聞いて私は通話を切ってしまいました。
(電話をしている間にりっちが診察からでてきたらいけないので慌てていたのです)

レントゲンを撮り、点滴をしたりっちはやっと落ち着いた表情になっていました。
時間はすでに夜の10時だったのでとりあえず帰宅することにしました。
バスで千葉駅まで行ったところで兄ちゃんに連絡をしました。
すると地の底から発したような重苦しい声でりっちのことを聞いてくるのです。
検査入院のことを告げ、晩ご飯は何を食べたか聞くと、「食う気になれない・・・」
兄ちゃん、りっちが心配で心配でしょうがないようです。
とにもかくにも私のほうが空腹なのでコンビニでお弁当を2つ買って帰宅すると夫は爆睡、兄ちゃんは憔悴しきった顔で布団にくるまっていました。
無理やりお弁当を食べさせ大丈夫だからと安心させてから兄ちゃんを寝かせました。
入れ替わりに起きてきた夫は、夜遅く呼び出されたときの為に仮眠をとっていたら爆睡したしまったようです。

翌日病院に行くとりっちはいつもどおりの顔で「これから胃カメラだって!」と言いました。
そして採血と胃カメラの結果が良かったので即退院していいと言われました。
胃潰瘍の疑いで入院したのに胃も食道も血も非常にきれいだったそうです。
それではあの吐血はナンだったのだろう?
医師もはっきりしたことがわからなかったようで、謎のまま退院となりました。

ああ、怒涛の2日間。
謎の入院をして即退院したりっちでした。
[PR]

by livingmama | 2009-04-19 20:42 | りっち

イタリアと17歳

昨日はりっちの17歳のバースデー♪
しかもりっちの高校は毎年この日が入試なので3年間は誕生日の日がお休みなのです。
今年もバースデーにディズニーシーに行こう!というのでそのつもりにしていたら・・・
しまった!その日は兄ちゃんの大学の研修旅行出発の日だった!!
数日前の天気予報では雨だったので成田まで送っていくことにしました。
ディズニーシーは明日におあずけです。

c0022231_0365087.jpg

初めての海外旅行がイタリアになった兄ちゃん。
ただでさえ飛行機が苦手なのに長時間耐えられるだろうか・・・
と思ってしまったのか彼は前日に緊張しすぎて貧血になってしまいました。
本当に飛行機に乗れるのだろうか心配になってしまい、りっちも成田まで同行してくれることになりました。
昼の12時に集合だったのでそれまでに昼食をとらせようとしたのですが緊張しすぎで何も喉を通らないとのことでした。
それでもやっとのことミニクロワッサンとコーヒーを胃袋に流し込みました。
みんなと合流しても硬くなっている兄ちゃん(こっそり遠くから観察^^;)。
大丈夫かなぁと見ていたら仲良しさんが集合時間ぎりぎりに登場したらやっと表情が緩んできました。
もう平気かな、と兄ちゃんの観察をやめてデッキで飛行機を見てから成田市内に行きました。
ちなみにトップ画像は韓国の飛行機ですが作業工程が面白かったのでパチリ!

イオン成田内にあるハードロックカフェに行ったら誕生日当日の人は証明するものがあれば特別デザートのサービスなどがあるとポスターにかかれていました。
りっちに学生証持っているかと聞くと答えはNO!
うわ~、なんてこった~~!と思わず頭を抱えてしまったら、
「ママの財布にりっちの保険証が入っているんじゃない?」
おお、先日風邪をひいて病院に行ったとき財布に入れっぱなしにしていた!
誕生日だと係の人に告げると名前をコールしてくれて写真も撮ってくれるのだとか。
りっちは名前のコールは恥ずかしそうでしたがデザート欲しさにお願いしました。
運のいいことにお客さんがランチを終えてほとんど帰ってしまいました。
これなら恥ずかしくないかも、とほっとしたりっちでした。
そしてランチを食べたあと従業員の皆さんに盛大に祝ってもらいました。
c0022231_0512328.jpg

これは私が食べた週変わりランチの鶏のから揚げ丼(味付けはサラダドレッシング)。

c0022231_0532581.jpg

そしてこれがりっちのバースデー特典のデザートです。
チーズケーキとアイスクリーム、甘味のついていないホイップクリームとイチゴのソース。
かなり大き目のデザートグラスでしたので2人で分けてもちょうどよい量でした。
最後にデジカメで撮った写真をオリジナルのパスケースに入れてプレゼントしてくれました。
りっちは大感激でしたよ!
来年も自分の誕生日が休みなので別のハードロックカフェで過ごしたいとのことです♪
[PR]

by livingmama | 2009-02-11 23:59 | りっち

りっちは修学旅行中

りっちは今週の日曜日の夜から修学旅行に旅立ちました。
え?夜?
そう、今年は夜行バスで甲子園入りすること2回、寝台特急で旅すること1回のりっち。
4回目は夜行・・・ではなく飛行機で一路コアラとカンガルーの王国へ~♪
2年生全員ではなく希望者のみの30名と引率の先生+添乗員さん(かっこいい美人)。
残りの生徒は沖縄と関西&中国地方組みに分かれて月曜日に出発しました。
入学と同時に積み立てはしていましたが、今年は燃料費の値上げで海外旅行が中止になるかもしれない事態にまで発展してしまいました。
しかし生徒からの強い要望で、宿泊日数と滞在地を2箇所から1箇所に減らして何とかいくことができました。

りっちは旅行会社の掛け捨ての保険に入り損ねたので、私が成田までついて行ってそこで保険をかけることにしました。
が、しか~し!
家を出る1時間前にネットで保険に入れることがわかり、自宅で旅行保険に加入しました。
と言うことは私が成田まで行かなくてもいいと言うことになりますが、りっちが悲しそうな顔をしたのと、第2ターミナル(前回私の母の見送りに行ったのは第1ターミナル)は行った事が無いからということで結局見送りに行く事にしました。

集合の1時間以上前に着いたのに、男子生徒が数名うろついていました。
みんな早いね~、と言いつつ、りっちと2人で4階のショッピングゾーンへ。
音楽プレイヤーや日本のみやげ物店が繁盛していましたが、ご当地キティちゃんもいっぱいありました。
仲良しのK子ちゃんとマクドナルドで待ち合わせて、彼女のママも含めて4人で出発前のスナックタイムを過ごしました。
何しろ夜8時の便で、夕食は10時頃になるとの事。
軽くおなかに入れないとね、と言うことでポテトやアップルパイを食べていたのですが、この4人が妙に気が合うので(K子ちゃんのママと会うのは2回目なのですが)一言話しては爆笑につぐ爆笑!
あっという間に集合時間になってしまいました。
みんなちゃんと集まって・・・あれ、1名足らない。
まさか直前の欠席?
するとK子ちゃんがこそこそっと伝えてくれました。
「遅れてくるんだって。」
結局1時間近くも遅刻した生徒のせいで出国ゲートをくぐるのが大幅に遅れました。
見送ったあとママさん組は再びおみやげゾーンへ。
K子ちゃんママが職場にお土産を買っていくというので一緒に探しました。
ママさん、東京地区限定の「江戸むらさき味プリッツ」やお饅頭を買い、それぞれ帰路につきました。(私がJR、彼女は京成線)

りっち達が帰国するのは金曜日の早朝です。
[PR]

by livingmama | 2008-10-22 08:35 | りっち