カテゴリ:子育て・教育( 29 )

斉藤さんちの教育方法

今朝、何気なくつけていたテレビからもれ聞こえてきたのは早稲田大学の斉藤投手のお母さんが本を出版したという話題でした。
聞くともなしに聞こえてきたのは必ず父親の帰りを待って食事を取るということでした。
家族の会話からいろいろなことを学び取るという事。
また野球の試合の後は「あそこが悪かった」と叱るのではなく「どうしてあの場面であの球を投げたのか」と問いかけ自分で考えさせたのだそうです。

家族での食事中の会話、それなら我が家でも実践しています。
と言うよりは皆がお喋りなのでなるようになっている感じです(^^)
斉藤投手と同い年の息子、今になって親子の会話の大切さがわかってきたようです。
夫が私に話す会社での出来事、子供達の耳にも自然と入り「大人の世界の大変さ」を感じてくれたようです。
子供達の世界での出来事を夫も知ることにより会話の幅が広がったようです。
世の中には自分の子供が何年生かはわかっても、何組で担任は誰かなんて知らない父親もいっぱいいるそうですね。
ましてや仲のいい友達の名前もわからない人も多いとか。

娘の中学の保護者会のとき、自分の子供の仲のいい友達が誰かを知らない『お母さん』がいたのにはちょっと驚きましたが。
「先生、うちの子は誰と仲良しなんですか?」って聞いていたんですよ!
先生もビックリされて、「お聞きになってないのですか?」と聞くとお母さんは「うちの子何にも喋りませんから。」と危機感も無く話していました。
子供から話さないから無理に聞かないとのことでした。

ずいぶん前に見たニュースで、家族で食卓を囲んでもそれぞれ携帯でメールをしながらご飯を食べている家庭もあるとか。
急ぎの用事があるならまだしも「親と会話するのは面倒だから」との子供達、それを容認する両親。
なんだか一緒に食べる意味が無いような気がするとレポーターが問いかけたら、「食事の片づけがいっぺんに済むから一緒に食べている」との母親の発言に驚きました。

今は娘が離れて暮らしていますが、私の実家でもいろいろと話をするとか。
私が知らない話(忘れているだけかもしれませんが)を実家の両親から聞いたそうです。
祖父が川崎からタクシーで浅草のドジョウ屋さんまで食べに行ってた話は娘から初めて聞きましたから(^^;)
そういえば娘は数年前のお正月に同居している夫のおばあちゃんと6時間くらいぶっ続けでお喋りしていましたねぇ。
単にお喋りさんなのでしょうが、そこからお年寄りを敬う気持ちや年配者との会話の大切さを学んでくれたようです。
[PR]

by livingmama | 2010-12-01 16:57 | 子育て・教育

バスの中での困惑

私が10歳からの約15年間、自宅から駅まで遠かったのでバスを利用していました。
しかし結婚して住んだところが駅から徒歩3分。
その2年後から10年間は駅から15分でしたが、バスが1日数本しかないところなので1回も乗ったことがありませんでした。
そして今、駅から徒歩5分ですからやはりバスは利用しません。
私が知らないところで約四半世紀の間にバスが進化していたのです。

ラッピングバス。
これは今や当たり前ですが先日国立でリラックマバスを見かけました。
かわいい~、けれどおじさん達は乗りにくいかな?
なんとなく幼稚園バスを連想してしまうし。

アイドリングストップを実施しているバス。
信号の度にエンジンを止めて発進するバス。
環境にはいいのでしょうがエンジンがかかるたびドキッとしてしまいます。

ノンステップバス。
お年寄りや体の不自由な方は普段気にしない程の段差がつらいのです。
ですからこれは素晴らしいと思います。
しかし、先日バスの中ほどに座っていた私はビックリしてしまいました。
私の真横に乗車口があり、途中で停まったバスは扉を開けました。
待っていたのはがっしりした造りのベビーカーに赤ちゃんを乗せたこれまたがっしりママ。
ノンステップと言えども道路と並行ではありません。
ベビーカーの後輪を軸にし、前輪をぐわっと持ち上げてバスに乗り込んできました。
通路が・・・狭い。
私達健常者は真ん中から乗り込み、運転手の横のドアから降りますが、そこからだとがっしりベビーカーは降りられないでしょうに。
そういう時は真ん中から下車するのかな?
その時料金はどうやって払うんだろう・・・
あ、さっきこのママさん、乗るときに整理番号札の上にあった機械にバスカードをかざしてた!
それだけでOKなの?
昼の時間帯で空いてはいるけどバスにベビーカーごと乗ってきたのには驚きました。
通路ほとんどふさいでいました。
(先に降りた私、何とか通れましたが・・・)
そうそう、そのバスは距離で料金が変わる方式だったから降りる時もかざすんですよね?
普段バスに乗らないから、たまに出先で乗るときは非常に困惑します。

先日お店にいらしたお客様にベビーカーinバスの話をしましたら興味津々。
それもそのはず、現役のバスの運転手さんでした(^^)

旦那様「そのまま乗るな!とは確かに書いていないんだけど、常識で考えて欲しいな。」
奥様「交通機関を利用する時はおぶって欲しいわ。」
旦那様「赤ん坊、その母親、そのまた母親の親子3代でそのまま乗って来るんだよ。
     一人が抱っこして一人がベビーカーたたんで欲しいよ。」
奥様「ほんとっ!周りの迷惑を考えていないのよ。」
まさかのご夫婦でヒートアップ!

ちなみにこのご夫婦、30歳台くらいで3歳の坊やと9ヶ月の女の子のご両親。
「そのまんまベビーカー」世代と同じくらいなのに、私達と同じような考えでした。
ご夫婦はベビーカーをたたんで欲しいと言っていましたが、私が目撃したベビーカーのほとんどがたためそうも無いブランド製のがっしりした物でした。
そういえば、都内の電車の中でよく見かける光景は夫婦+ベビーカー。
公共の交通機関利用するのは旅先だから?
それとも家に車が無いから?
最近、若い人の車離れが多くなっているのも影響しているのかしら。
駅のホームまで行く為のエレベーターが普及したことも関係してるのかしら。
そのうち『女性専用車両』ならぬ『ベビーカー専用車両』が出来るかも!?
だって電車の中でベビーカーの横をすり抜けて降りようとして赤ちゃんに思い切りパンチを喰らった事のある人、私だけじゃないはずだから。
[PR]

by livingmama | 2010-10-28 17:01 | 子育て・教育

ベビーカーと赤ちゃん

昨日の千葉市はこの秋一番寒かったんじゃないかしら。
空は曇っていましたが雨は降っていませんでした。
そんな状況の日にふと気になったこと。

午後2時半位のことでした。
銀行帰りにふと小児科の入り口を見たらベビーカーだらけ!
まるでディズニーランドのダンボの乗り物の周りのように狭いところにびっしりと。
1,2,3・・・9台!と思わず数えてしまいました。
ガラス張りの入り口から中をちらりと見ると赤ちゃんを抱っこした人(ここ、ポイント)が7~8人。
時間が時間だから幼稚園生や小学生はいませんでした。
と言うことは乳幼児全員が一人1台マイカーで病院に来ていたんですね。
大人でも風邪引きが多いこの時期、赤ちゃんも風邪かしら?

最近おんぶひもを使っている人ほとんど見ません。
先日も生後3~4ヶ月の赤ちゃんをおしゃれなベビーカーに乗せているお母さんを見ました。
ほぼ平らな状態で寝ていましたが小さなお店などにそのまま入ってこられるとちょっと・・・。
数年前赤ちゃんをハンモックのように布にすっぽり包んで片側の肩からぶら下げているスタイルの人をよく見ました。
調べてみたらスリングと言うようですね。
初めて見たときは正直ギョッとしました。
だって風呂敷包みを首からぶら下げているように見えたんですもの。
まさか中身が赤ちゃんだったとは!

最近の育児雑誌等を読まないのでわからないのですが、おんぶ紐や抱っこ紐って赤ちゃんの発育に影響あるのでしょうか?
それともおんぶは重いから嫌なのかしら?
これから寒くなると少しは増えるかしら?
体が密着していると赤ちゃんもお母さんも暖かいですものね。
ベビーカーって後ろからお母さんが押して歩くから赤ちゃんが先頭にたって風を真っ先に受けるんですよね。
自転車ほどは寒くなくても自分は足を動かさずに移動しているわけだから、歩いている人より寒いんじゃないかしら。
それなのに寒い日に風邪の治療の為にベビーカーで病院に来ると言うのは・・・ちょっと疑問を感じてしまいました。
「沢山着せて帽子も被らせて毛布を掛けています!」って言われそうだけど、人と人との間の空気が何より暖かいと思います。

今年の夏は暑かった!
おんぶや抱っこなんて大汗かいちゃいますよね。
でもこの夏問題になったのがアスファルト地表近くの照り返しの温度の高さ。
その近くをベビーカーで移動させられている赤ちゃん、さぞ暑かったでしょうね。

娘がデパートのベビーカーで転落事故を起こしてから敏感になっちゃったのかな、私。
あの時ベルトからすり抜けて頭から転落した娘、本当に死んだかと思いましたから。
結果的には脳震盪だったのですが。
今では私より10センチも大きくなってパティシエ目指しています。
[PR]

by livingmama | 2010-10-23 11:38 | 子育て・教育

たぶん最後の保護者会

先日10月2日に兄ちゃんの大学の保護者会がありました。
4年生なのでたぶん最後の保護者会になるかな。
(りっちの学校は授業参観はあるみたいだけど・・・)

大学で保護者会ってかなり珍しいようです。
小規模の大学だからこそ出来るものだと思います。
授業の仕方もクラスのほぼ全員が一緒の時間割。
まるで高校の延長のようだとよく言われます。
だから兄ちゃんは大学生らしくないと入学当時から不満顔でした。

私は大学まで家から30分で着くこともあって毎年参加しています。
でも遠く宮城や新潟、岡山から参加される方もいます。
私と担任の先生だけが皆勤賞かな(^^)
あ、でも今回は担任の先生は用があって保護者会にはラスト10分のみ参加だったから私が1番の出席率かもしれません。
今年はなぜか全員が男子学生の保護者でした。
男の子の方が心配かけるのかな?
[PR]

by livingmama | 2010-10-05 22:18 | 子育て・教育

「変な給食」って本、見たことありますか?

一昨日、駅隣接のショッピング街がポイント5倍の日だったのでこの際だから何か買おうかなと物色しておりました。
ふと目に留まったのが「変な給食」というタイトルの本。
表紙にはいくつかの給食の参考写真が掲載されていました。
真ん中には丸い菓子パン状態のものにアイスクリームのコーンがくっついたもの。
これはどうやって食べるのか真剣に悩んでしまいました。
パラパラとページをめくるとこれはこれはという献立がずらり。
「味噌ラーメン、あんドーナツ、みかん、牛乳」
「ジャムトースト、酢豚、みつ豆、牛乳」
「いちごツイストパン、すまし汁、チャプチェ、牛乳」
などなど。

ほぼ100%牛乳は付いてくるようです。
いつだったか2歳年下の千葉市出身の友人と給食について話をしました。
ちなみに私は小4まで川崎市、小5から卒業まで埼玉県の上尾市でした。
私「川崎の牛乳は瓶で重かったけど、埼玉はテトラパックだった。」
友「千葉は瓶でミルメークのイチゴ味が好きだった~」
私「え、なに?ミルメークって。」
友「給食で出なかった?粉状でいろんな味があって牛乳に混ぜて飲むの。」
私「そんなの無かった・・・」(年の差?地域差?)

彼女に出会って初めて知ったミルメークは結構歴史が古いことがわかりました。
そもそも学校給食の脱脂粉乳を飲みやすい味にする商品として開発されたそうです。
私は幸い(?)にも脱脂粉乳は飲んでいません。
毎日白い牛乳だったけど、ごくたまに出るコーヒー牛乳はとても嬉しかった記憶があります。
年に数回出たプリンやアイスの日に休んだ子はとても悔しがってました。

また彼女は「カレーも美味しかったよね!」とも言ってました。
カレーってカレー味のスープ?と聞き返すと「カレーライスよ!」
ライス=米飯でしょ?ご飯なんて在学中には出てきませんでした。
どんな和風のおかずでも常に川崎はコッペパン、埼玉は食パンでした。
麺類は時々出てくるビニールに入った「ソフト麺」
あれはうどんだったのかスパゲティだったのか・・・?

「変な給食」の作者の方は和風のおかずにパンはおかしい、ラーメンにアンドーナツが付くのも炭水化物と油類と砂糖ばかりで変である、と全編で訴え続けています。
このような給食を食べ続けている子供達の将来が大変であるとも。
確かに変な組み合わせもありますが私としてはカレーやラーメンはうらやましいです。
我が家の子供達の小学校時代の献立表もそんなに酷くなかった気がします。
松戸市の給食の試食会で食べたのは筑前煮とししゃものごま揚げとご飯と牛乳でした。
ご飯が多少ぱさついていた気がしましたが、ししゃものごま揚げは大変美味しく、我が家の定番おかずになりました。
果汁グミやアーモンドカル(小魚とナッツ)のようなおやつもでていましたが、おおむね美味しかったし変な気はしませんでした。
やっぱり地域差なんでしょうか。
[PR]

by livingmama | 2010-05-28 17:12 | 子育て・教育

おちゃめなお母さん達

りっちが卒業した高校は東京・江戸川区にあります。
数年前までは男子校で、夫が高校生の頃はやんちゃな生徒が多かったようです。
有名人も結構いるんですが皆さん肉体派の方ばかりで(^^;)
いまだにあそこの学校に娘が通っていたと言うと「え、男子校でしょ?」と言われます。
現在はどこにでもある元気な共学校なんですよ。

謝恩会でのお母さん達との会話です。
「うちの息子欠席は1回も無かったのに遅刻が多くて欠席扱いになっちゃったのよっ!」
だから毎朝蹴飛ばして起していたと左隣の席のMi君のお母さんがこぼしていました。
でも別の会話からお母さんの優しさがチラリ。
「うちの子にお弁当二つ持たせていたのよ。」(なぜ?部活の為と聞いたら)
「朝起き抜けに学校行くでしょ。だからひとつは朝ご飯用。」
その話を帰宅後りっちにしたら、
「そうそう、1時間目終了後に食べてた。早弁にしては早いなと思っていたらお昼もちゃんと食べていたよ。両方ともお弁当だったのでお母さんえらいなって思ってた。」
2つお弁当の子は時々見かけますがひとつはコンビニのパンかお弁当が多いのに、彼は母の愛情弁当2つだったのです。
Mi君がお母さんのありがたみがわかる日が来るのはいつになるかしら?

右隣のMa君のお母さんは会場のみんなで「世界にひとつだけの花」を歌った時の事。
とても上手に、しかも歌詞カードを見ずに歌っているなぁ、と思っていたら何気ない一言を。
「私、NHKの紅白歌合戦に出た時歌ったからこの歌は歌詞を見ずに歌えるの。」
え、紅白に出場した?うーん、もしかしたら・・・バックで歌ったりしているママさんコーラス?
「あ、そうなの~。」
いきなり言われたらビックリする事もこの人は大真面目に言うのでもしかしたら天然系?
それを証拠にトイレに行って会場に戻ろうとドアを開けたらそこにドアの方に向かって立って携帯のメールをやっているではないですか。
本人、そこがドアだと気がつかずに部屋の隅で仕事のメールをしていたつもりらしいのですが、思い切り鉢合せです。
しかも数秒間、ドアがあいて私が立っていることに気がついていない様子。
そういえばさっきも内側から植木鉢でふさがれたドアを気が付かず外から開けてビックリして、他のドアから入りなおさずに植木鉢のわずかな隙間から入ってきたっけ。
170センチ以上ある横縦がっしりした、でもお顔はとてもチャーミングなお母さんでした。

りっちの仲良しさんのお母さんが話し掛けてきました。
とてもおとなしくて笑顔がかわいいAちゃんのお母さん、娘さんとは親子と思えないほど小柄で細くて元気でバイタリティーあふれるお母さんでした。
高校の思い出は甲子園に行った事、という話題になったときのこと。
この時既に2次会でクラスのお母さんの人数は5人になっていました。
「私甲子園に応援に行ったわよ!」とS君のお母さん。
私もと手を上げるとAちゃんのお母さんも「息子連れて行ったわ!」
5人中3人が学校の応援団とは別に単独で行ったことが判明しました。
しかもAちゃんママのエピソードがすごい!
「朝一の試合だから夜行バスで行こうとしたらチケット取れなくて昼のバスでいったの。夕方着いたから24時間営業の店で一晩明かそうとしたら甲子園の周りにそういうのが無くて・・・。だから息子と公園のベンチで野宿したのよー。」
一同「えぇーーーっ!うっそ~~☆」(あの時の声はすぐ横でカラオケやっている人もギョッとする大音声でしたね。)
その話をりっちにしたら「とても(物静かな)Aちゃんとは結びつかない@@」そうです。

ああ、こんな楽しいお母さん達にもっと早くから知り合いたかった~~。
[PR]

by livingmama | 2010-03-10 10:01 | 子育て・教育

早いもので・・・

先日の土曜日に兄ちゃんと髪を切りに前の居住地まで行きました。
その近くにはお勤め時代からの友人とブログからのお付き合いの友人と新旧のお友達がいますのでりんごを持ってちょこっと訪問することに。
兄ちゃんがカット中に抜け出して(美容師さんが1人しかいないから私は暇だったの^^)せれすさんとの待ち合わせ場所へ。
わあ、公園で2歳のそうちゃんが走り回っている!
生後4ヶ月の時から時々会っている坊やですが、たまに会うからこそ成長のすごさにビックリします。
桜の頃にはワンワンやバイバイくらいしか言えなかったのに、今日は喋る事、喋る事!
動きも早く目が離せません。
紙に包んだりんごを渡すと目をきらきらさせて「何だろう?」って興味津々。
赤いものが目に入った瞬間「りんごだー♪」
りんごを両手でつかむとこちらを見てにやり。
あ、妙な予感・・・
「ぼとん!^^」
おーい、ボールじゃないんだよー!と思いつつ私の手はとっさにりんごを受け止めていました。
ふふふ、そうちゃん、おばさんは二人の子供のお母さんだよ、そのくらいは予想がつくさ。

芝生の公園といってももうすぐ冬に突入するこの時期、緑の芝生もまばらです。
やんちゃなそうちゃんは走り回っては芝と土の微妙な境目を転げまわっています。
兄ちゃんは運動苦手チャンだったからなんか新鮮に見えました。
りっちは女の子だから活発でも土の上は転げまわらなかったし・・・^^
動き回ってお腹がすいたのかお土産に持って行った黒糖のベーグルを見つけて「どーなつだ~!」とおおはしゃぎ。
ちっちゃなお口でもちもちのベーグルにかぶりついていましたよ。

駐車場までお見送りをしてくれるというので一緒に行ったら目を輝かせて沢山の車に向かっていきました。
やっぱり男の子は車が好きなんだなぁ~と思っていたら・・・
「なな、いち、さん・・・」え、数字が読めるの?2歳4ヶ月で。
因みに「0」はレイっていうのかゼロっていうのか期待していたら・・・「じゅう!」
予想外の答えが返ってきました。

わずかな時間でしたがそうちゃんに会えておばちゃんはリフレッシュしましたよ~♪
来年の桜の頃はもっと成長しているね。
[PR]

by livingmama | 2009-11-30 08:56 | 子育て・教育

「ちょっと、眼を離したすきに・・・」

『1歳4ヶ月の女児、エスカレーターに左手薬指を挟まれ切断』

痛ましい事故がおきてしまいました。
「ちょっと、眼を放したすきに・・・」
この言葉が私の記憶に突き刺さります。

(過去ログで同じ話をアップしたかもしれませんがご了承ください)
りっちが1歳3ヶ月の時、デパートのベビーカーに乗せてパパさんが押して歩きました。
もちろんシートベルトはしていました。
私は兄ちゃんを連れてアイスクリーム店でまさに注文をしようとしていたその瞬間!
「うぎゃーーーーーっ!」
りっちのただならぬ泣き声が聞こえました。
ベビーカーからデパートの床(しかもそこは大理石でした)に頭から落ちてしまったのです。
ベビーカーに駆け寄りりっちを抱き上げると大泣きしていたのがいきなり止まり、顔色がみるみる白くなっていきました。
私は娘の名前を叫びながら兄ちゃんとパパさんを置き去りにして、娘を抱えエスカレーターを駆け上がり医務室へ急ぎました。
ほっぺたを叩いても無反応の娘。
嘘!死んじゃったの!?
もう、私は大パニック!!
医務室の前で待たされている時、側にいた男性が娘を見て言いました。
「脳しんとうじゃねえか?心臓は動いてんだろ?」
はっ!うかつでした。
心音を確かめていませんでした。
動いてる~!
そのうち顔に赤みが戻ってきました。
医務室の先生の診断はやはり脳しんとう。
1週間は気をつけて観察するように言われ帰宅しました。

ベビーカーのベルトはしていたのですがベルト穴がりっちの大きさにあわず、するりとぬけて立ち上がってしまったようです。
そして頭から大理石の床にドンと落ちてしまったのです。
「ちょっと、目を離したすきに・・・」
これが取り返しのつかないことになってしまうことも少なくありません。
りっちは幸いなことに後遺症も残らず現在に至っております。
子供は幼稚園に行く年頃まで眼が離せません。
[PR]

by livingmama | 2008-04-08 23:21 | 子育て・教育

パパと赤ちゃん

我が家から5分もかからないところに大型ショッピングセンターがあります。
土日ともなると駐車場から出た車が大通りに出る信号でつまり、我が家の前に列をなします。
(私はSATY渋滞と言っています^^)
そういう日はスーパーの中も家族連れのお客さんであふれ返っています。

お母さんが混雑したレジの列にいる間ベビーカーの中の赤ちゃんと一緒に待つお父さん。
色々な方がいますね。

その1、赤ちゃんの目線に近づくようにしゃがんで笑顔で話し掛けるパパ
その2、とりあえずベビーカーのにぎりは掴んでいるけれど赤ちゃんを見ようとしないパパ
その3、ベビーカーを置き去りにして2m先の煙草の自販機で煙草を買うパパ

1のパパは微笑ましいのですが、2のパパは時々でいいから赤ちゃんを見て欲しいです。
結構赤ちゃんは好奇心旺盛なので手が届く範囲の商品をさわってますよ。
リンゴを掴んで投げ捨てた赤ちゃんを目撃したことがあります。
3のパパ、ママが到着するまで我慢してほしいものです。
実は煙草の自販機は出入り口の側に設置されていたので、目を離した隙に赤ちゃんが連れ去られたり危害が加えられたりしないとも限りませんから。

ここのスーパーは10年以上経っていますのでトイレなどもだいぶ古いのですが、女性用のトイレにはオムツ替えの台やチャイルドシート(っていうのかしら?)は設置されています。
当然の事に男性用には入ったことがないので(^^;)どういう設備があるのかわかりません。
しかし、どこかの男性用トイレの入り口に『オムツ替えの台があります』の表示を見たのです。
それがどこだったかが思い出せないのですが・・・。
たぶん新しくできた大型ショッピングモールだったんじゃないかしら?
オムツを替えるパパが増えたって事でしょうか。
ちなみに我が家のパパさん、「小」は替えてくれた気がしますが「大」は記憶にありません。
あ、私が出産後4ヶ月目に急性胃腸炎で入院した時息子の面倒を見たと言っていました。
きっとこのときには「大&小」の面倒もみてくれたのでしょう。
ミルク缶の指示通りに作って飲ませてくれたようで、いざとなったらやってくれるのですね。

子育て参加のパパさん、増えてきているようで嬉しいのですが、これだけはやめて!
赤ちゃんをひざにのせて運転しないで!
[PR]

by livingmama | 2008-01-09 09:52 | 子育て・教育

さまざまな「こしょく」

兄ちゃんの学園祭では食べ物屋さんばかりではなくちゃんと研究発表もありました。
その中で目をひいたのが食育をテーマとしたものです。
「こしょく」と言う言葉、耳にしたことはありませんか?
様々な漢字を当てはめると違った意味の「こしょく」がたくさんあることがわかりました。

「弧食」・・・食事を1人でとる、または家族が揃わず別々の時間に食事をすること
「個食」・・・家族が揃っていてもバラバラに好きな物を食べること
「固食」・・・自分の好きなものばかり食べること
「小食」・・・食べる量が極端に少ないこと
「粉食」・・・パンや麺など精粉したものばかり食べること

これらは多忙で家族で食事を共に出来なかったり、調理に十分な時間がかけられない、塾通いの子供が増えた事など、ライフスタイルの変化が原因として考えられて入るそうです。
「粉食」の問題点は何かと言うと、パンや麺など柔らかいものばかり食べているとあごが発達しないと言う点が上げられるそうです。

実は先日「孤食」&「固食」の合わせ技を見てしまいました。
夜7時過ぎのことです。
友人宅へ生クリームをもらいに行く途中で目撃してしまいました。
リュックを背負った小学生が真っ暗くなった街中を歩いています。
みんなこれから塾に行くところなのでしょう。
中学生くらいの子もいれば小学校中学年くらいの子供もいました。
前から歩いてくる男の子は小学4年生くらいでしょうか?
背中にリュック、手にはコンビニのビニール袋が握られていました。
すれ違いざまにふと、袋の中味が視界に入りました。
スナック菓子とジュース・・・
彼は近くの塾の階段を登っていきました。
塾で食べるの・・・?

以前、夜9時過ぎにコンビニの入り口でカップ麺をすする中学生を見かけました。
住宅街でしたので、数人で大騒ぎしながらの食事は大迷惑です。
塾から自宅まで何十分もかかるところではないはずです。
自宅で食べなさい、お母さんが作ったものを!
まさか・・・用意されていない・・・?

夜9時過ぎまでバイトをしている兄ちゃんは「孤食」かも知れませんが、私は食べないまでも彼の目の前でお茶を飲みながら食事に付き合います。
私の両親もそうしていたから、あたりまえのことだと思っていました。
同じ屋根の下に家族がいるのに1人の食事は寂しいものです。
あ、そろそろ兄ちゃんが帰宅する時間です。
私の分のお茶を用意しなければ♪
[PR]

by livingmama | 2007-11-15 21:25 | 子育て・教育