カテゴリ:我が家の食事( 86 )

月曜日は弁当デー

c0022231_22183229.jpg

はい、これは月曜日の兄ちゃんの弁当です。
月曜日は朝から夕方まで講義がビッシリ!ですから、学食で食べたりする暇が無いそうです。
特に昼食直前の講義が結構長引くので、お昼に食い込むことも多いとか。
そこで「月曜日だけは弁当を作ってくれ!」となった訳です。
今日のメニューはちりめんふりかけご飯、酸辣湯味の野菜炒め、野菜の肉巻き、卵焼き、ひじきの煮物でした。
ちりめんふりかけは、兄ちゃんが以前バイトしていた鮮魚コーナーの隣の干物屋さんで買います。
ちりめんジャコ、桜海老、ひじき、わかめ、ごま、かりかり梅はミックスされています。
カルシウムたっぷり!おにぎりにもピッタリ!
酸辣湯味の野菜炒めは酸辣湯麺のように甘くて辛くてすっぱい味。
夏の炒め物にはさぱっりして食が進みます。
ひじきは手作り品を冷凍してそのまま詰めました。
食べる頃は自然解凍されて丁度いいし、保冷剤代わりにもなります。
写真で見るとひじきが白っぽいのがわかります。
[PR]

by livingmama | 2007-07-09 22:36 | 我が家の食事

高野豆腐料理

c0022231_22363583.jpg
先日デパートで買った京都の「おばんざいセット」の中に、鱧の湯引きやあなごの八幡巻きと一緒に、高野豆腐の中に鶏ひき肉を詰めた物が入っていました。
商品名は「いこみ高野」となっていましたが、なにしろ小さなおかずの詰め合わせなので家族全員の口には入りません。
そこで「こんなものかなぁ?」と味を再現してみました。

ふやかした高野豆腐を筒状に開いて、鶏ひき肉・にんじん・椎茸・卵・葱のみじん切り・しょうが汁などを混ぜ合わせたものを詰め、うす甘く味がついたお出汁をたっぷり含ませて煮ます。
なかなかどうして!料亭の味に近いですぞ!!

ほかにも、野菜と一緒に煮たり、薄味をつけたものを細長く切って卵で閉じたりとバラエティ豊富です。
栄養価も高く、乾物をもっと使ってヘルシー料理を作ることにはまっています。
[PR]

by livingmama | 2007-07-02 22:25 | 我が家の食事

鶏肉のココナッツミルク煮

c0022231_22105833.jpg

実家で缶入りココナッツミルクを貰ったので久しぶりに作ってみました。
このレシピの出所は1996年4・5月号の「3分クッキング」です。
お弁当特集だったので珍しく購入した雑誌ですが、今ではもうボロボロです。
実はお弁当特集より日々のレシピの方が魅力的で、この本からいろいろ作りました。
もし私がアップした写真を見て興味をもたれた方はこちらを見てください。

久しぶりに作ったので家族には「初めての味」のような錯覚が起きたようで、「美味しい!」と大好評でした。
カレー粉が少し入っていますのでカレーと勘違いされますが、ココナッツミルクが入っていますのでかなりまろやかです。
アジアンテイストがお好きな方はお試しください。
[PR]

by livingmama | 2007-06-14 22:10 | 我が家の食事

本日のランチ

本日のワンプレートランチです。
c0022231_22562248.jpg

新じゃがの煮っころがし、麻婆豆腐、つくねのしそはさみ、ミニトマト、ご飯。
つくねのしそはさみは鶏もものひき肉に万能葱と片栗粉を加え醤油・味醂・塩で味付けして練ったものをしそではさんで電子レンジで調理したものです。
焼いたり揚げたりしていないのでヘルシーでしかも電子レンジに入れてから1分半でできてしまうヘルシー&簡単料理です。
下味を薄めにすれば出来上がりにポン酢をかけてサッパリいただけます。

りっちのお弁当用に買った鶏ひき肉が多すぎたので、おじいちゃんと私の分までおかずができてしまいました。
夕べの残りものの麻婆豆腐もワンプレートに盛ってできあがり!
色合いが寂しかったので、ご飯の上にフリーズドライの梅干をちらしました。
これに卵焼きでもあれば最高だったのですが、お腹がすきすぎてあと1品を作っていられず断念しました。
デザートにはプレーンヨーグルトにマンゴージャムを混ぜたものをいただきました。

たまにひとりでランチごっこをしています(^^)
[PR]

by livingmama | 2007-06-04 22:29 | 我が家の食事

ソパ・デ・マリスコス

兄ちゃんの大学が創立記念日で休みだった為、先日のCafe Casa Verdeに行きたいと言うリクエストの為に出かけてきました。
帰り道「今晩は何が食べたい?」と聞きましたら、「さかな!」
うーん、魚もいいけど他のものが食べたい気がします。
そうだ、あさりが食べたい!と、ちょっと寄り道していつもの『海鮮恵』へ。
あ、まぐろのホホ肉が売ってる。
これも買ってフライにしましょ!
c0022231_23544464.jpg

はい、ソパ・デ・マリスコスの出来上がり!
ソパ・デ・マリスコスとはスペイン語で魚介類のスープのことです。
塩味はほとんどあさりから出たもの。
野菜もたっぷりの一品です。
[PR]

by livingmama | 2007-05-31 23:42 | 我が家の食事

なんでもない日

不思議の国のアリスのディズニー映画の中でアリスがいかれ帽子屋のお茶会に出席した時に彼らが歌っていた歌が、
「なんでもない日乾杯(おめでとう)」でした。
今日はまさになんでもない日。
家族の誕生日でもお祝い事でもない日です。
でも、モッツァレラチーズが残っていたのでそこから膨らませたメニューがこれです。
c0022231_23133397.jpg

手前左から時計回りに「ほうれん草のキッシュ・パセリのソーセージ・トマトのオードブル・舌平目のムニエル」
c0022231_23255389.jpg
キッシュのアップ。
久しぶりに焼いてみました。
甥っ子の結婚式でキッシュが出てきて美味しくて、「また食べたいな」と思ったから頑張ってみました。
パートブリゼ(甘くないタルト生地)を作り、キッシュ液を作り、ほうれん草と玉ねぎ、ベーコンをソテーして・・・焦らず、慌てず、落ち着いて・・・何しろ久しぶりですから。
c0022231_23325836.jpg

トマトのカップにツナとインゲンのあえ物を詰めてボール状のモッツァレラチーズをぽこんとのせました。
これはチーズを買ったときに付いてきた小冊子に出ていたレシピです。

舌平目のムニエルの上には野菜のトマトソース煮をかけました。
トマトカップでくりぬいたトマトの中身をここで利用しました。

家族が「なになに?ご馳走じゃない!どうしたの?」と驚いていました。
いつもは手軽にできるものばかり作っていましたから。
たまには気が向いてこんなものも作ることがあるのよ。
ほんとに、たま~にですが・・・。
[PR]

by livingmama | 2007-05-28 23:43 | 我が家の食事

パッタイ、大好き!

幕張のカルフールで「タイフードフェア」が開催されていました。
アジアン料理大好きな私と兄ちゃんは早速仕入れに行ってまいりました。
調味料に特殊な素材を使っているため、大好きなパッタイ(タイの焼きそばといったところでしょうか)を日本の家庭で作るのはなかなか難しく、どうしても割高なセット物に頼るしかありませんでした。
ところが麺とパッタイソースが別々に、しかもそれぞれが格安でしたので気がすむ量を購入しました。
結果的にはセット物の半分以下の値段ですみました。
c0022231_23583348.jpg

かなりボリュームのある1人前です。
材料は海老、厚揚げ、もやし、にら、卵、桜海老、落花生、パッタイソース、米麺(センレック)。
米麺には何段階か麺の幅がありまして、パッタイに使うものはセンレックという2~3ミリ幅のものです。
海老はむき海老と桜海老を両方使う方が味に深みが出るようです。
(近所のタイ料理店のマネをしました)
もやしとニラは最後の最後に入れないとシャキッとしません。
落花生は八街産の物を使うのが私のこだわりです。
写真のパッタイソースは初めて買ったのですが、辛くないので小さな子供でもOKです。
少し甘すぎる気がしましたので醤油と鶏がらスープの素を加えました。

麺料理としてランチに最適ですが、夕食時におかず代わりに出したところ、パパさんのビールのおつまみにピッタリだったようです。
私と兄ちゃん用にはチリソースを加えてピリ辛にしようかな?
[PR]

by livingmama | 2007-05-21 23:51 | 我が家の食事

2007年 筍料理

今日の午前中におばあちゃんから呼ばれました。
知人からりっぱな筍を4本とふきをたくさん貰ったので、おすそ分けしてくれると言うのです。
玄関先に見に行くと、まあなんと大きなタケノコさん!
しかも米ぬか付きと言うのが嬉しいですね。
筍2本とふきを3分の1貰いました。
c0022231_23535767.jpg

あまりに大きくて我が家にある大鍋では入らないので皮をむいてから茹でました。
一番太いところが12cmもあったので竹串がすーっと入るまでコトコト小1時間茹でました。
水煮した筍を細かく切って油揚げと一緒に味をつけて煮ました。
煮汁だけをとって冷まして、そのだし汁でご飯を炊きました。
炊き上がる寸前に炊飯器のふたを開け、取り分けておいた具をご飯の上にポン!
蒸らすこと10分。
美味しそうに出来上がりました!
ふきもいただいたので、残った筍と一緒におかかで煮ました。
c0022231_23594748.jpg

はい、今晩のかえで家の夕食(一部)です。
[PR]

by livingmama | 2007-04-21 23:40 | 我が家の食事

夕べのお刺身の残りで・・・

お刺身の残りといっても鯛の頭と骨と尾しか残りませんでしたが。
あ、きゅうりと大葉も残りましたね。
新鮮な鯛だったので鯛の兜煮に挑戦しました。
もちろん初めての挑戦です。
ネットで作り方を検索すると・・・
『鯛の頭の割り方』となっています。
切り方ではなく割り方!
出刃包丁がなくてはさばけません。
幸いにも出刃があったのでまないたに新聞紙を広げその上にペーパータオルを数枚敷いて頭をドンッと置きました。
『鯛の頭は口の真ん中から半分に割り、ウロコをていねいに取っておく。 』
うむ、鯛と目を合わせないように口に出刃を当てて力を入れました。
うう・・・本当に硬い!でも根気よく力を入れて出刃を当てていきました。
じわりじわりと作業が進み、何とか左右に割れました。
ありゃりゃ、左右の大きさが違っちゃいました。
大きい方は酒飲みのパパさんにあげましょう。

<酒大さじ6、水大さじ6、味醂大さじ3、砂糖大さじ1.5、醤油大さじ4>
今後いつ兜煮に再挑戦するかわかりませんが分量を忘れないようにメモしておきます。
新聞紙を広げたのは鱗を取る作業の為。
バリバリ取ると鱗が飛び散りますから少し湿らせた新聞紙を多いかぶせるようにして鱗を剥がします。
熱湯をさっと回しかけて生臭みを取ることも忘れずに。
強火で煮た方が生臭味が出ないそうです。
濃い目の味でこっくり煮えて美味しかったです。
c0022231_23133390.jpg

お吸い物は鯛の骨から出汁をとり、骨についていた身をこそげ落として作りました。
セリしか写っていませんけれど(^^;)
[PR]

by livingmama | 2007-04-09 23:54 | 我が家の食事

自家製フォー

c0022231_2232571.jpg

家に鶏肉とむき海老があったのでフォーを作ってみました。
あら、もやしとニラが必要だったのに買い忘れたわ!
香菜も無かった・・・。
買いに行こうかしら、と思ったときひらめきました。
姿形が似ているイタリアンパセリを入れてみよう!
もやしの代わりにブナしめじを入れちゃいましょう。
・・・で、出来上がったのが上の写真の「かえで・フォー」です。

一味唐辛子を入れると美味しいのですが、残念ながらありません。
ええい、柚子こしょう(赤)を入れてみたら、美味~。
日本人は世界の味が家庭で楽しめて贅沢ですね。(^^)


りっちがお友達と食べ物の好みが合わない、と話していました。
人それぞれ好みが違うことは仕方がないのだけれど、仲良しのお友達と食べ物の好みが180度違うことは結構辛いようです。
りっちは茄子以外は何とか食べられますし、最近はキムチも食べられるようになったのでほとんど好き嫌いが無いと言っても良いと思います。
一方、お友達は和食がとにかく駄目なようです。
お豆腐もお蕎麦もうなぎも駄目!
野菜もあまり好きではないようです。
ですから出かけるといつもりっちが相手に合わせることになるそうです。

仲良し3人組でいつか京都に行きたいね、という話になった時のこと。
京都に美味しいお豆腐やさんがあるんだ、と言ったら・・・
「お豆腐、嫌い!」
あらら、食べ物が合わないと結構辛いものがありますよね、旅行は。
彼女の好みは「グラタン」「ハンバーグ」「ピザ」とこってり洋食系が大好きだとか。
りっちはあっさり和食や世界の料理(特にアジア系)が好きです。
これではいつまでも平行線ですので、りっちが歩み寄っています。
[PR]

by livingmama | 2007-03-23 22:31 | 我が家の食事