カテゴリ:我が家の食事( 86 )

5月8日は・・・

c0022231_21545610.jpg

『ゴーヤーの日』だそうです。
そこでゴーヤーチャンプルーを作りました。
丁度、ポークランチョンミート(うす塩。従来の物より30%以上も塩分が少ないらしい)があったのでおいしく出来ました。

ゴーヤーはビタミンCが豊富に含まれているのでこれからの季節には必要な食材ですね。
但し、塩もみや長時間の過熱によって、その成分はかなり失われてしまうそうなので、短時間で手早く調理がコツのようですよ。
それには中華ナベを熱しておく、ゴーヤーは薄切りにするなどの工夫をこらして美味しいゴーヤーチャンプルーを作りましょう。

ゴーヤー大きい物1本(種を抜いて大体300gぐらい)に対して、木綿豆腐1丁、ランチョンポーク2分の1缶、卵2個、けずり鰹5グラム、醤油大さじ1杯弱です。
ランチョンミートにかなりの塩分があるので、味付けは醤油を味を見ながら加減して入れるのがコツかしら。

ご飯が進んでしまう、ダイエットにはむかない料理かもしれません(^^;)
[PR]

by livingmama | 2006-05-08 22:29 | 我が家の食事

青豆蝦仁

昨日スーパーで冷凍小エビが4割引きでした。
手に取った瞬間、『青豆蝦仁』(エビとグリーンピースの炒め物)が頭の中にピン!とひらめきました。
そういえば最近食べていない・・・
ということで、生のグリーンピースが出回っているこの時期に作ろう!と思い立ちました。
久しぶりすぎてレシピを忘れてしまいました。
確かアノ本に出ていた気が・・・あった、あった!
c0022231_23245753.jpg

古めかしい本ですが、中華料理店のメニューにありそうなレシピがいっぱい載っている本です。
実は短大の時の調理実習の教科書。
つまりこの本を持っている人は私と同じ短大、もしくは大学を卒業したことになります。
(だって表紙に学校名がでているんですもの)
そういえば、りっちが幼稚園の時、同じクラスのお友達のお家に行ったときにこの本を見つけました。
もしかして・・・と尋ねるとひとつ年上の方でした。
中国料理にはこの教科書はやはりかかせないのだとか。

中華料理の名前もこの教科書で覚えました。
腰果鶏丁(ヨウコウチィティン)・・・鶏肉とカシューナッツの炒め物
涼拌三絲 (リャンバンサンスウ)・・・三種盛り合わせの酢の物
もっと難しい漢字をたくさん覚えましたが、PCで変換するのが難しい漢字ばかりで・・・^^;
[PR]

by livingmama | 2006-05-02 23:00 | 我が家の食事

突発的なメニュー

c0022231_23234781.jpg

仕事がなかなか終わらず30分で夕飯の支度をしなければならなくなりました。
ホタテのサラダは茹でもやしの上にワカメをのせ、刺身用のほたてをその上にのせたもの。
これは8分で完成!
マーボードーフも10分ちょっとで完成!
さて、なすの味噌炒めもスピード料理・・・しまった!マーボードーフも味噌味じゃない。
味がかぶってしまう・・・
なすもピーマンも切っちゃったし、どうしよう?
突然ひらめいたのが、「トマトの水煮缶が半分残っている!」
オリーブオイルでにんにくを炒め、ナスを炒めてトマトソースとピーマンを加えました。
う~ん、なんかもの足りない。
そうだ、ツナ缶をたしてみよう!
ピリ辛にしたいからチリソースも入れようっと。
・・・で、できたのが写真の「ナスとツナのトマトソース煮」
これ、ご飯にもパスタのも合うじゃない!

でも、写真で見ると中華料理に見えてしまいます。
[PR]

by livingmama | 2006-04-13 23:36 | 我が家の食事

今夜はスープカリー

先日、津田沼にあるカルディコーヒーで『スープカリーの素』というものを見つけたので即、購入!
なにしろ3人分で298円でしたから。
きょうはパパさんが飲み会というので、スープカレー決行!(なにしろ3人前ですから)

c0022231_23372758.jpg


スープカレーのスープって言うくらいだからサラサラかと思っていたら、かなりのとろみがついていて、まるでカレーうどんのおつゆ・・・
息子がどんどんお湯をたしてサラサラに近い状態になったけれど、今度は味が薄くなって・・・
えーい!とケチャップやらソースやらガラムマサラなどを加えていったら・・・最初とは多少違うけれどそれなりのお味になりました。

味見のし過ぎで、おなかがタプンタプンになりました(^^;)
[PR]

by livingmama | 2006-04-07 23:42 | 我が家の食事

チキンカレー

c0022231_23491659.jpg

インドカレー店のチキンカレーです。
店名は『すぱいす亭』、我が家から徒歩0分の距離のお店です。

・・・と、いうのは真っ赤な嘘でして、実は自家製のチキンカレーです。
りっちが昨日突然に言いました。
「インドのチキンカレーを作ろうよ!」
え、そんな作ったこともないものを・・・
そういえば随分前に『インド料理』という小冊子を買ったような・・・ゴソゴソ・・・、あった!
これが日本の家庭でもできるインド料理が掲載された本で、スーパー・マルエツが発行した200円のお手ごろ価格の本でした。

クミンシード、クローブホール、シナモンスティック(あればシナモンホール)などのスパイスとガラムマサラとカレーパウダー(本来はターメリックやコリアンダーのパウダーを少量ずつ合わせるのですが、今回はお手軽なカレーパウダーを利用しました)を購入。
あとは鶏のもも肉、トマトペースト、カシューナッツペースト、玉ねぎなどを使いました。
カシューナッツペーストはカシューナッツと水をミキサーで粉砕したものです。

辛い味が好きな兄ちゃんと辛いものは苦手なりっち。
どちらにあわせるかというと、りっちですね。
レシピより少なめにガラムマサラをい入れ、りっちの分を器にあけてから再び鍋に残ったカレーにガラムマサラを加えて火を通して、はい、兄ちゃん用の辛口カレーのできあがり!

香りも味も、「インドだ~!」
買ったばかりのミキサーでラッシーを作って、兄ちゃんが買った『インドカレー屋のBGM』を聴きながら食べれば気分はインドカレー屋さん♪
[PR]

by livingmama | 2006-03-28 23:59 | 我が家の食事

器を変えると・・・

海鮮チラシにしようと丼を用意していたら、りっちが言いました。
「あ、こっちの器にするから。」
c0022231_091597.jpg

四角い陶器の器に盛ったらお寿司弁当みたいになって、普段と違う趣があるなと思いました。
向かって左の手まり寿司は薄切りのお刺身ではなくマグロのすき身。
上から見ると海苔が+と-に見えるんですが、何か意味はあるのかしら?
[PR]

by livingmama | 2006-03-11 23:56 | 我が家の食事

本日はひな祭り

c0022231_1873055.jpg

この陶器の雛人形は私の物でも娘の物でもありません。
これはおばあちゃんの物です。
正確にはお店(主人の両親はお店をやっています)のディスプレイ用です。
かわいらしかったので太巻き寿司のバックに使わせてもらいました。

実は・・・このお寿司は先日習ってきた時に作った物で、写真も火曜日に撮りました。
私の仕事が昨日、今日と猛烈に忙しかったので、たぶんひな祭りの当日は作る暇が無いだろうと、写真だけ先に撮ったわけです。
お寿司は、実物より多少大きく映っていますが、ほぼ原寸に近いです。
この太巻き寿司1本でお米2合使います。
ですから小食の女性やお子さんだったら2つで丁度良い量だと思います。
我が家の兄ちゃんだったら、1本は軽く食べてしまいそうですが(^^)
[PR]

by livingmama | 2006-03-03 18:24 | 我が家の食事

今晩はこんな物、食べました

c0022231_2285918.jpg向かって左がビビンバ丼、右が酸辣湯(スワンラータン)。
ビビンバの上にのっている黄色い物はカニかまぼこ入りの卵焼きで、本当は錦糸玉子を作ろうと思ったのですが、冷蔵庫に卵焼きの残りがあったので横着しちゃいました。
キムチは私と兄ちゃんのみ。

酸辣湯は文字通りすっぱくてちょっと辛いスープです。
りっち用には黒酢のみを入れて、私と兄ちゃんはそれに辛味も効かせました。
我が家の酸辣湯に欠かせないのがこれです。
寒い冬は酸っぱくて辛いスープに限ります。
暑い夏も酸っぱくて辛いスープが美味しい!
私の場合、酸辣湯の季節は1年中ということになりますね(^^;)

あ、ちなみにレッドカレーペーストで辛味をつけないで、コショウと鶏がらスープとお酢でも酸辣湯になりますよ。
料理本に掲載されていた辛味はコショウでしたから。
[PR]

by livingmama | 2006-02-07 22:33 | 我が家の食事

豚キムチ丼

c0022231_22253888.jpg

寒~い日には暖かいもの、又は辛いものが食べたくなります。
今日は後者の「辛いもの」を作ることにしました。
昨日キムチを買ったので、今夜は豚キムチ丼に決定!
我が家はタレントのグッチ裕三さんのレシピで作ります。
材料は豚肩ロースの薄切りと、長ねぎのみじん切り、キムチ・・・
味付けはオイスターソースとめんつゆ少々。
最後にとき卵まわしかけるのが、グッチさんのレシピのコツのようです。

キムチの辛味が少なかったので、体がポカポカ~にはなりませんでした。
[PR]

by livingmama | 2006-01-19 22:54 | 我が家の食事

チキンソテー マスタードソースがけ

c0022231_23232136.jpg

cremeさんのブログで1/10のランチの豚ロースのソテーにかかっていたマスタードソースが美味しそうだったので、今晩のおかずにしました。
マスタードソースは生クリームを入れるものと、フォンドボーでのばして加えたものがありますが、私は後者のソースを作りました。

昨日も豚肉だったので今日は鶏のもも肉にしました。
ソース(4人分)は白ワイン70ccを肉を焼いた後のフライパンでアルコール分をとばしたら、フォンドボー300ccと潰したにんにく1片を入れて半分まで煮詰め、粒マスタード大さじ2杯を加え、塩・こしょうで味を整えます。
マスタードの酸味が苦手なら粒マスタードの量を減らします。
フォンドボーは家庭で作るのは難しいので、固形スープの素を使いました。
c0022231_23455290.jpg


最近は便利なものが売っています。
[PR]

by livingmama | 2006-01-12 23:52 | 我が家の食事