今日はお別れの日

今日31日は公立校の離任式の日でした。
たまたまPTAの用事で中学校へ行くことになっていたので高校生の息子を連れて車で行きました。
息子が中学時代に一番お世話になった先生は保健室のA先生で、彼はお小遣いで贈り物を買って持って行きました。
学校に着くと丁度転任される先生方が校長室で挨拶をしているところでした。
息子が校長室を覗きこむと「おお、来てくれたのか!!」と先生方の声。
A先生が廊下に出てきてくれたので息子が挨拶しました。
「先生、3年間本当にお世話になりました。これ、受け取ってください。」
もう、この時点で先生はうるうるしてしまって感動がぐぐっとこみ上げた瞬間、彼のポケットに異変が。
「ああん、なんだよEのやつ。こんな時にメール送ってきやがって!」
先生も私も拍子抜けしてしまいました。ま、これが息子らしいところですが・・・

A先生と話をしている時も沢山の先生が脇を通って行きましたがその度に息子に声をかけてくださいました。
息子と接点がなさそうな先生も「お、大きくなったな。」「A先生に会いに来たのか。そうだろな。おまえ、一番お世話になっただろう。」などと必ず一言くれました。
う~ん、こんなにも有名人だったのか。我が息子は。
そういえば小学校の時、校長先生、教頭先生はもちろんの事学校の先生全員(給食員の方まで)が息子のことを知っていました。
(決して小さな学校ではなかったのですよ。児童が800人ほどいましたから)
皆さんにお世話になりながら息子は大きくなったのだなぁと改めて実感しました。
[PR]

by livingmama | 2005-03-31 21:02 | 日記

高田さんと言えば「納豆スパゲティ」!?

昨日のエントリー、「雨の日にはロイヤルミルクティを思い出す」を書き綴りながらまたまたとんでもない記憶がよみがえってきてしまいました。
それが表題の納豆スパゲティ。え、「高田さんって誰?」ですかって。

高校時代美術部にいた私は学校帰りに友人二人と画材を買いに御茶ノ水駅で下車しました。
「おなかが空いたね~」と言うとEちゃんが「じゃ、ウチの店に寄って行く?」
彼女のお父さんが明治大学の近くで喫茶店を経営していたので3人でそちらに立ち寄ることにしました。
外はだいぶ薄暗くなっていましたが突然Jちゃんが「きゃっ!あれ、高田さんじゃない!?」
ジャイアンツファンの彼女、しかも高田選手の大ファンでした。
確か高田さんが現役を引退したばかりの頃だったと思います。
Jちゃんはいきなり私を連れて「高田さん、握手してくださいっ!」
高田さんは爽やかな笑顔で快く握手をしてくれました。
し・か・し、私は阪神ファンやぞーーーっ!!
巨人は敵じゃーーーっ!!・・・と思いつつ高田さんが手を差し伸べてくれたので思わず手を出して「握手」
喫茶店に入ってからもJちゃんは興奮冷め遣らぬ顔でポーッとしていました。

「あー、おなか空いた。私のお勧めでいいよね。」とEちゃん。
出てきたものは銀色の楕円系のお皿に盛られたスパゲティ。だがしかしその上にうごめく奇妙なものは・・・
花がつお!?スパゲティの上に、花がつお!!
それははじめて目にする(口にする)納豆スパゲティでした。
幅広の花がつおが異種生命のようにうごめいて、はじめは不気味でしたがそのうちユーモラスに見えて大笑いしてしまいました。
ブワッ!
事件発生!笑った瞬間に花がつおがブワッと舞い上がりテーブルの上に飛び散りました。
しかし箸が転んでもおかしい年頃です。次の笑いの波が再び襲ってきました。
慌てて皆で口をふさぎ必死で笑いをかみ殺しました。
やがて異種生命体の花がつおはしんなりして動きを止めました。
ああ、やっと食べられる。でも、スパゲティに納豆って合うのかな・・・
ん!?結構いけるじゃないの。

3人で夢中で食べていると、ふとJちゃんがあることに気が付いた。
「ねえ、あなた達さっき洗面所に行ったけど、もしかして手を洗った?」
「当たり前じゃない、食事の前は。ねぇ(とEちゃんと顔を見合わせた)」
「ダメじゃない!!高田さんと握手をしたばっかりなのにっ!私は洗ってないわよ!」
いーんです、私達巨人ファンじゃないから(Eちゃんは広島ファン)

だいぶたってから高田氏が日本ハムファイターズの監督に就任された時も解説者になられた時もお顔をテレビで拝見するたびに思い出すのは「納豆スパゲティ」
頭の中で花がつおがうごめいてしょうがないのでした。
[PR]

by livingmama | 2005-03-29 09:07 | 食べ物

雨と美女とロイヤルミルクティー

雨の日に飲みたくなるのがロイヤルミルクティー。
季節を問わず雨の日はこれがなぜだか飲みたくなります。
できればおしゃれなカップでクッキーなど添えて・・・

お勤め時代の頃のお話。
職場の先輩から「帰りにお茶を飲んでいかない?」とお誘いをうけました。
連れて行ってもらったのが日比谷にあったカフェレストラン。
広くて明るい店内に見とれていると「今日は私のお勧めでいいかしら?」と先輩。
おしゃれで美人の先輩お勧めの飲み物がロイヤルミルクティーでした。
実は初めて口にしたもので、とてもまろやかで優しい味わいはまさに先輩そのものでした。
外はあいにくの雨模様でしたがおしゃれなカップを手に先輩が一言。
「こんな雨の日に温かいロイヤルミルクティーを飲むのが好きなの。」
うーっ!素敵すぎるぅ、カッコ良すぎるぅ!!

以来、私の中で「雨の日=ロイヤルミルクティー」という図式が出来あがってしまいました。
残念ながらあの時のお店は無くなってしまったようなので、あの味は幻の味です。
[PR]

by livingmama | 2005-03-28 23:40 | 日記

終業式

我が家の子供達、本日終業式でした。
ドキドキの通知表はそれぞれ少しながら上向き傾向でしたので親子で「ほっ・・・」
二人とも「もうちょっと頑張っていれば・・・悔しいなぁ」と思う気持ちがあったので安心しました。

4月から二人とも「2年生」になります。
兄ちゃんは専門分野が増え、りっちは後輩が出来、先輩から色々な事を引き継ぐ年です。
りっちはクラス替えもありますね。(兄ちゃんは専門コースなので3年間同じメンバー)
新しいクラスに馴染むのにまた少し時間がかかりそうです。

さて、母はというと4月(引継ぎがある為)でPTA役員を卒業します。
もう、たっぷりやりましたから(^^;)
[PR]

by livingmama | 2005-03-24 18:11 | 日記

復旧しました

1週間前にキーボードにコーヒーをこぼしてしまい、しばらくPCを立ち上げられない状態が続いていましたが、ようやく本日よりブログ再開です。
主人がどこからか調達してきたキーボードは、以前のものより大きく(というより以前のものが通常品の3分の2程のコンパクトなものでした)キー操作に戸惑っています。

三連休の最終日は所用で十数年ぶりに赤坂へ行きました。
地下鉄から地上に出て驚いた事、「TBSが新しくなってる!」
普段あまりテレビを見ないので社屋が新しくなった事、全く知りませんでした。
ましてや昼間の赤坂なんて初めてに近いのでとても新鮮に見えました。
目的地がTBSの裏手だったのですが、途中である場所に人が出入りしている光景を目にしました。
そこは・・・小さな「墓地」。(そういえばお彼岸でした!)
赤坂の華やかな場所からちょっと奥まった所にこんな静かな墓地があるとは知りませんでした。
カンボジア大使館の前も通りました。
知らない町をぶらつくと新発見がありますね。

数時間後、私は人込みの中にいました。
本当に渋谷駅前っていつ来ても混雑していること!
はぐれない様にと思ったのか同行した娘が珍しく私の洋服を一瞬ギュッと掴みました。
もしかしたら客引きだかスカウトだか分からないけれど若い女性に声をかけまくる光景を見てちょっと恐かったのかもしれません。
目的地で買い物を済ませこの地をさっさと引き上げました。
昔の渋谷(小学生の頃渋谷から東横線で20分チョットの所に住んでいました)を知っている私には別世界の様です。
大人になっちゃったのかなぁ、喧騒を避けて静かな所へ行きたくなりました。

東京のど真ん中で静かな所・・・やっぱり皇居周辺かしら。
桜の季節になったら皇居周辺の大使館を巡りながらぶらぶら歩くのもいいな、と思った私でした。
[PR]

by livingmama | 2005-03-23 09:40 | 日記

スポーツマンシップとは

りっちの中学で今日、スポーツ大会が行われたそうです。
りっちはバレーボールに出場する事になり、10日ほど前から朝練や休日返上で練習をしていました。
クラス対抗なのでどのクラスも1年生の№・1になる為頑張っていたようです。
競技種目は男女共にあるドッジボール、女子のバレーボール、男子のサッカー、そして全員で綱引きをやったそうです。

どのクラスもバレー部在籍者中心のチームを組んでいるのに対し、りっちのクラスは唯一のバレー部員がドッジボールチームに引っ張られてしまったそうです。
身体の大きな子や球技をやっている子がすべてドッジボールに引きぬかれ、残ったのは小さな子や運動が苦手な子ばかりでした。
バレーボールのルールを全く知らないりっちが唯一160センチ以上あり、そこそこの運動ができるので頼りにされてしまったそうです。
「りっちのポジションなあに?」「わかんない!」「ほら、セッターとか・・・」「ああ、エースだって!」
おいおい、それはポジションではないぞ・・・(エースアッタッカーと言われた様子)

こんな調子で大丈夫かしら?なぜドッジボールにしなかったのと聞くと、
「小学生の時真正面に飛んで来たボールを空手の要領で払いのけちゃって、アウト!」
そう言えばりっちは蹴ったり、払いのける競技ばかりしてきたっけ・・・
男女共ドッジボールは1位になり、サッカーも上位に入ったそうです。
さてバレーボールはというと・・・残念な結果に終りました。
どのクラスよりも経験者がいない分頑張って練習してきた仲間達。
負けたとはいえ、審判(競技をしていないクラスが回り持ちでやる)の判定ミスなどでスッキリしない負け方だったので悔しさがこみ上げ何人かの仲間が泣いてしまったそうです。
その時追い討ちをかけるような痛烈な一言が。
「何泣いてんのっ!こっちは1位になったてのに、あんた達のせいで総合1位になれなかったじゃないの!」

「えっ!?同じクラスメートなのにそんなこと言う人がいるの?」
(バレーボールが勝てなかったのは運動能力の高い子ばかりドッジボールに引きぬいたあんた達にもあるんじゃないのっ!・・・と私だったら言いたい気分でした)
「うん。すごく嫌な気分になっちゃった。でも・・・」
私に今日の出来事を話すりっちは心身ともに疲れきって、ソファーに沈み込んだままだるそうに続けました。
「でも、いつも練習の時ふざけたり、ボールがくると怖いよーって逃げ回ってたSが『みんな一生懸命頑張ったんだよっ!』って言い返したの。S自身物凄く頑張っていたんだよ。」

「競技が始まる前に体育の先生が『スポーツマンシップにのっとり・・・』と言っていたのに、他のチームから「楽に勝てたわ。」とか失敗した子を馬鹿にしたり、その時の失敗の真似をしてさらに笑った人がいっぱいいたんだよ!こんなのスポーツマンシップに反するよね!!」

今日1日でいろんな経験をした娘。スポーツマンシップだけではなく、人を思いやったりいたわったりする優しい心を持たなければいけないことも勉強してくれたようです。
嫌な事があったら心に溜めておかずに家族に話してね。お父さんやお母さんはあなたよりたくさん生きている分アドバイスができるからね。

夕食後1日の疲れからか頭痛でダウンしてしまったりっち。
たっぷり眠って、明日元気になあれ★


<3月16日:追記>
今日分かった事ですが、りっちのクラスは総合1位になっていたそうです。
綱引きの点数が加算される前の順位を皆で見て判断してしまったとか。
けれども3クラスが同点だったため3クラスが「1位」という不思議な結果になったそうです。
[PR]

by livingmama | 2005-03-14 23:44 | 日記

朝からずっと・・・

今朝はりっちと久し振りにサンドウイッチを作りました。
パンの切り方やセッティングをお洒落にしようとしていたら、
「まだかー!床屋に行くんだから早くしてくれー。」と主人。
大慌てでパパの分だけ小皿に取り分けて食べてもらっている間にフルーツサンドなんか作っちゃいました(たまたま生クリームとイチゴがあったので)。
パパさんが出かけた後、りっちとBGMにジャズなんかかけながら優雅にモーニングタイム~♪

朝食後はチョコレートケーキを作り、その後は昼食の用意、おやつの用意、夕食の用意・・・なんだか一日中エプロン掛けてキッチンにいた気分です。
あ、ちょっとだけ千葉県の知事選挙(結果は堂本知事が再選されました)と兄ちゃんの眼鏡を買いに行くのに出かけました。

せっかく写真を撮ったのにPCに取りこむケーブルが見つからず、本日断念!
後日アップします。
[PR]

by livingmama | 2005-03-13 23:53 | 食べ物

シフォンケーキ

時々無性にケーキが焼きたくなる時があります。
今日のりっちがまさに、それ。
昼食後バタバタとテーブルの上を片付け始めて卵や小麦粉などの材料を揃えていきます。
今日は母が全く手出しをしないで眺めているだけ。
・・・、あ!「粉を入れる前に水とサラダオイルを入れるんでしょっ!」
ついつい口は出てしまいました(^^;)
その後は順調に進み、きれいに出来あがりました。
久しぶりなのでいちごと生クリームを添えていただきました。
(いつもはカステラのように何も添えずにわしわしと食べてしまいます)

焼きあがったシフォンケーキの粗熱を取っている間に、もう一品。
牛乳メーカーのHPで検索したアップルゼリーを作ってくれました。
なかなか固まらなかったようでこちらの試食は明日の朝食時に。
「朝ご飯の時に食べて目を覚ますの!」だそうです。
そう言えば明日の朝食もりっちが作るって言ってたなぁ。
朝食後にまたまたケーキを焼く予定らしいし・・・
さて、それに備えてこちらももう寝るとしましょう。
[PR]

by livingmama | 2005-03-12 23:42 | おやつ

卒業式

今日はりっちの中学校の卒業式。
式に出席しないりっち達1年生は登校したと思ったらすぐに下校でした。
そういえば兄ちゃんが卒業してからもう1年が経つのか・・・

去年の卒業式も雨模様でした。
息子にとってあまり良い思い出が無い中学校でしたので、本人も親の私も一粒の涙もでませんでした。
式が終わり卒業生達は担任の先生の最後のお話を聞くために教室に戻りました。
一緒に帰ろうと思っていたので冷たい雨の中を待つ事数十分。
最初に昇降口から出てきたのは少々つっぱった生徒達。
見事に学ランの金ボタンが1つもありません。
後輩の女子生徒に取られてしまったようです。
その様子を見ていたママさん達。
「あら、お宅の○○君、ボタンがみんなないじゃないの。モテモテね~」
「うちの子なんか・・・あらあら2つも無いわ!」(嬉しそうなお母さん)
ボタンで人気をはかってもねぇ。
うちの兄ちゃんですか?はい、全部しっかりとついておりました(^^)
後日談ですが卒業式の後各自進学する高校で入学前の説明会があったようで、学ランにボタンが無い子達の母上達はあの時の喜びもどこへやら、多いに慌てたそうです(^∇^)

さて、卒業生・保護者・在校生がごった返す中、人ごみを避けるように息子と仲良しのE君がスタスタと校門の方へ向かうのが目に入りました。
もう、待っていたのに~とあわててあとを追いかけると二人の手に小さいけれど洒落たミニブーケがありました。
「どうしたの!?(とても女の子に貰うような二人ではないのでビックリ!)」と聞くと、
「M先生に貰った。」

M先生とは彼らの部活の顧問の先生で、息子達が卒業すると同時に定年退職されました。
(とても定年退職に見えなくて、美人で優しい先生でした)
周りを見渡すと同じ部活仲間がみんな同じようなブーケを持っていました。
「なんでおまえらが花、もってんだよ!似合わね-!!」と悪友たちがからかう中ちょっと照れくさそうに「これ、色紙のお礼みたいだよ。」

息子が所属していた部活は工芸部で、後輩のいない男子ばかり5人の部活でした。
いたずら小僧ばかりでしたがなぜか顧問のM先生のいうことは聞いていたようです。
卒業間近に息子が「先生退職しちゃうんだよな。中学校に行っても、もう合えないんだよね。」と寂しそうに言いました。
「それじゃあ、寄せ書きでも書いたら。」と言うと「あいつら書くかなぁ・・・」と息子。
ところが息子の予想に反してみんな一生懸命にたくさん書いてくれました。
息子達が卒業式の前日にM先生に色紙を渡しに行くと先生はとても嬉しそうに受け取ってくれたそうです。
その嬉しさが卒業式のミニブーケにあらわれたのではないでしょうか。
顧問の先生が退職された為、息子たちの卒業と同時に工芸部は廃部となりました。

中学校の卒業式。
思い出されるのはM先生の優しい笑顔と照れくさそうにミニブーケを持った工芸部のメンバーです。
[PR]

by livingmama | 2005-03-11 23:06 | 兄ちゃん

ホワイトデーにいかが?

c0022231_21425137.jpg千葉駅の駅ビルにある食品街に寄ったところ美味しそうなケーキがいっぱい!
イチゴ満載のショートケーキから最近流行りのふわふわのロールケーキ。
その中に異彩を放つ一品が。
それがプーさんのグラッセ。
キャーかわいい!
左上から時計回りにティガー、イーヨ、ラビット、オウル、プーさんそして・・・誰ですか?
足りないメンバーとピンク色というところから考察すると、まさか・・・
ピグレットですかっ!
なんか違う・・・

でも、もしこれをホワイトデーにもらってももったいなくて食べられない~
というよりも我が家の男性はホワイトデーなんて忘れてるんだろうなぁ
[PR]

by livingmama | 2005-03-10 21:55 | 日記