ちょっとヘンですよ  (謝らない人々)

今日の昼時、昨年りっちが職業体験の時にお世話になった和風レストランに行きました。
先月末に店内改装をしたばかりなので、とても明るくきれいな店になっていました。
ところが入り口に一歩踏み入れたとたんものすごい混雑!
でも楽しみにしていたので頑張って並んでいました。(10分ほど待ちました)
名前を呼ばれ、座席に案内されると両隣の4人席はそれぞれ女性客が一人づつ案内されてきました。
以前は二人がけテーブルで人数によってテーブルを離したりつけたりしていたのに、ファミレスのような4人用の頑丈なテーブルに変わっていました。
前のテーブルががたがたしていたので、しっかりした造りのテーブルはやっぱりいいな!と思いました。
でも、一人客のお姉さん達、それぞれ4人席にひとり。
入り口には待っているお客さんがわんさか!
夜は居酒屋になるこのお店、カウンター席があるとひとりのお客さんも入りやすいのになぁ。
店内はフロア係りのおねえさん達が忙しく行き来しています。
「ねえ、店長さんってどの人?」と聞くとりっちは「う~ん、いないなぁ?」とキョロキョロ。

食後、「トイレに行って来る。」とりっちが席を立ちました。
座席からはレジと入り口の待合所がカギ状になっていて見えません。
りっちがなかなか戻ってこないので荷物を持って席を立ったら・・・
「喧嘩がはじまったよ。」とりっちが戻ってきました。
「けんか?」誰と誰が喧嘩しているのよ?

ちょっと強面の男性客と骸骨のような顔立ちの店員がもめていました。
内容はわかりませんが、男性客が帰り際に苦情を伝えたら、店員がはっきりしない態度を取るので文句をつけたのでしょう。
何回か押し問答のあと、こんな会話が聞こえました。
「だから、さっき謝ったじゃないですか。」(店員)
それに対して男性客が「謝ったぁ?なんだその言いぐさ!それから改装前より一人の客が入りづらくなったんだよな。」
「はぁ?こっちは昼時で忙しいんですよ。」

あとでりっちに聞いたらなにかトラブルがあったようで「代表者を出せ!」と言っていたそうですから、骸骨顔の男性が店長だったのでしょう。
「えー!あの人が店長だったの?りっち達に仕事を教えてくれた人(店長)がいないからどうしたのかな、と思っていたのに~。店長さん、代わっちゃったんだ・・・ショック!」
話は戻りますがレジ横でもめていた二人、最後に骸骨店長(?)がぼそっと言うとこれ見よがしに厨房のドアをバタンッ!と閉めて行ってしまいました。
残った強面の客は唖然としながらもドアを乱暴に開けて出て行きました。
店長が何に対してどう謝罪したかわかりませんが、きちんと謝っていれば男性客もここまでヒーットアップしなかったことでしょう。
「トイレの入り口をふさいでもめているから、入れなくて困ってたの。でも、店員さんはどこうとしなかったのにおじさん(男性客)は、あっ!て気づいて行きも帰りもどいてくれたの。」
他の客(周囲には待っている客など7~8名いた)のことなどおかまいなし。
捨て台詞を残して厨房に戻った店長さん。
多くの客はどう思ったかわかりますか?
私より年上に見えましたから、三波春夫さんの『お客様は神様です』を知っているはずなんだけど・・・。
そりゃあね、とんでもない客もこの世の中てんこ盛りですが、黙ってやり取りを見ていたお客さんの反応の怖さも実感してほしいもんです。
くちこみって怖いんですよ・・・。(実際近くの店で客の口コミで閑古鳥が鳴いている店があるんです。)


数時間後、チェーン店のクリーニング店での出来事です。
隣のカウンターで若い男性とベテラン店員のオバちゃんがなにかもめています。
どうやら男性が出したクリーニング品が見つからず、後に別の店に届けられたのがわかったとの事でした。
客「困りますよ、この店にないなんて。」
店員「別に他の店に届けられてしまっただけ ?ですから。」
客「だけ、ってなんですか!?」

オバちゃん、一言も謝っていない・・・。
[PR]

by livingmama | 2006-07-31 23:53 | 日記

夏の日の夕食

c0022231_23555359.jpg
先日、外食した際に出てきたご飯がカリカリ梅と生姜のご飯でした。
さっぱりしていて美味しかったのでまねっこしてみました。
カリカリ梅をみじん切りにして、新ショウガの漬物のみじん切りとゆかり(赤紫蘇のふりかけ)を炊き立てご飯に混ぜ込みました。
白ゴマも混ぜ込むつもりでした忘れてしまいました。

おかずは「鰆の梅肉蒸し」と「ささみと野菜のゴマドレッシング和え」と「冷奴」にしました。
暑い日は冷たいおかずと酸味のあるおかずがいいですね。
食が進みますよ。
[PR]

by livingmama | 2006-07-28 23:56 | 我が家の食事

ビックリマン

c0022231_22314943.jpg
こんなの見つけました。
以前のビックリマンシールは摩訶不思議なキャラクターで、子供たちには「ワクワク」だったのでしょうが、おばさんには「なんだこりゃ?」でした。
でも今回は大人心もくすぐっちゃいますよ。
子供中心から、大人まで楽しめる物に移ったということは、やっぱり少子化が原因?

おまけの結果はご覧のとおり、カープとファイターズの選手でした。
ファイターズの小笠原選手なんかよく特徴をとらえていてそっくりですよ。
でも、私は阪神のシールが欲しいな・・・
[PR]

by livingmama | 2006-07-27 23:03 | おやつ

夏の朝のミステリー

今朝、6時半に目が覚めて寝室を出たところで、りっちの部屋から重低音が聞こえてきました。
携帯のアラームをセットしていたのだな、と部屋に入ったら・・・
夕べと部屋の感じが、違う・・・
りっちのベッド脇(頭と平行の位置)に置いてあった大きな姿見の鏡が窓がわに移動しているのです。
スタンド式の姿見で、前に倒れて少しヒビが入ってしまったので、動かないようにおもりをつけて固定していたはずなのに・・・
なぜ、りっちの姿が映るように配置されているの・・・(ゾクッ!)

「りっち、りっち、起きなさい!鏡を動かしたのはあなたなの?」
すると娘は目をつぶったままだるそうに首を左右に振りました。
「鏡を動かしたのは自分だけど、どうして動かしたのかわからない。」
やだ、それ怖いじゃない!
娘は夜中に突然目が覚めて、「鏡、動かさなきゃ。」と思ったそうです。
重い荷物を置いて前に動かないようにしていたから、上に向かって持ち上げたんだと思います。
ひとりで行う作業としてはちょっと大変なはず。
それなのに、りっちは一人で夜中に、何かに突き動かされたように自分の身長ほどもある鏡を動かしたのです。

朝から我が家は「鏡ミステリー」でゾクゾクしてしまいました。
[PR]

by livingmama | 2006-07-25 22:20 | りっち

今日一番おかしかったこと

夕方、息子と近くの大型スーパーへ買い物に行った時の事。
前方から歩いてきた若者が私たちに向かってぺこりとお辞儀をしました。
えっ、誰?(息子に向かって)あんたの知り合いじゃないの?
戸惑いながらも少しづつ距離は近づいていきます。(私たち共に裸眼で0.3)

「あっ・・・。」(私と息子同時に)
息子の大の仲良しのE君でした。
仲良しなのに気がつかなかったわけは・・・。
E君、夏休みなのにワイシャツにネクタイ、ズボンは黒っぽい無地。
「今日、オープンキャンパスだったんだ。」
「なるほど。俺はどこのサラリーマンがお辞儀してんだろうと思ったぞ。」
と息子。
「同じマンションの奴らによく言われる。リーマンみたいだって。」
確かに、高校生に見えない!
別にふけ顔ではないのだけれど、何が悪いのかな?
あ、ネクタイがサラリーマンっぽい!
赤とブルーのストライプ。
新人会社員がよく締めている柄。
ひょうひょうとした彼だからこそサラリーマンに見えたのかも知れません。

別れてからも思い出し笑いが止まりませんでした。
息子もオープンキャンパスの日は制服ですが、ボタンダウンのノーネクタイ。
ズボンは深緑地に茶とブルーのチェック。
どう見てもサラリーマンのいでたちではありません。
私服だとE君より断然息子の方がふけ顔なのですが・・・。
[PR]

by livingmama | 2006-07-23 23:33 | 日記

女子柔道

タイトル見て「りっちさん、今度は柔道か!」と思われた方、ごめんなさい。
違います。
昼間友人から電話があって、彼女の息子が中学総体の県大会に出場すると連絡がありました。

「団体戦は負けちゃったけど、個人戦はうちの息子とHちゃんが出るのよ。」
え、Hちゃん?女の子でしょ、というより彼女いつ柔道部に入ったの?
「この春だって。親と先生に勧められたらしいのよ。」
確かに体格はよかったけど、運動とは無縁の子だったと思うのに・・・
「お父さんは有段者で、お兄ちゃんも柔道部だったの。小さい頃から見ていたようで、センスはあるみたいよ。」
でもすごいね、県大会までいけるなんて。
「あ、それはね、市の大会では女子の体重別で、彼女の階級がいなかったんだって!」
え、それってある意味危険だよね。市の大会で1度も戦ってないんでしょ?
「う~ん、私は女子の大会は見てないから・・・よくわからないの。」

そういえば、壮行会の日、りっちは風引いて休んじゃったから知らなかったのね。
りっちにHちゃんの県大会の出場の話をしたら、慌てて壮行会パンフレットを引っ張り出してきました。
「あ、本当だ!Hちゃんの名前が書いてある。・・・あ!部長の馬鹿!Hちゃんの体重を書かないでよ!!」
りっち、柔道は体重別で分かれているのよ。
「知ってるけど、女子はうちの学校に一人しかいないんだから、名前だけ書けばいいじゃないよ!」

来週の土曜日が決戦の日。
心の中で祈ってます。
[PR]

by livingmama | 2006-07-21 23:55 | 日記

ハチミツレモン

ようやく夏風邪の咳が治まってきました。
声も元に戻り、喉の痛みも引いてきました。
この風邪の時期に活躍したのがハチミツレモン。
喉が痛いので、レモン控えめのハチミツレモンを作って飲みました。
喉はまろやかになるしホットのハチミツレモンにしたのでお腹も温まり、漢方薬とともに今回の風邪を治す為の功労者でした。

そういえば、子供の頃風邪を引いたら「焼きネギを喉に巻く」とか、「梅干の黒焼きにお湯を注いで飲む」とか、いろんな民間療法を祖母に試されました。
それが効いたのか同時進行で飲んでいた風薬が効いたのか定かではありませんが・・・。
私には一番ハチミツレモンが効きそうな気がします。
(ネギは首が臭くなりました^^;)
[PR]

by livingmama | 2006-07-19 23:58 | 食べ物

おもちゃの行き先

今日の夕方、主人の会社の後輩が家族連れで我が家を訪れました。
目的はりっちと兄ちゃんが使ったおもちゃを貰い受けに来ることでした。
主人が株主優待でもらった新品のおもちゃから子供たちがさんざん遊んだおもちゃまで紙袋4袋分を用意して待っていました。
やってきたのは二歳半の女の子と生後五ヶ月の男の子、そして若いお父さんとお母さん。
くじ引きで当たった大きなキティちゃんのぬいぐるみ、さかな釣りゲーム、けん盤を押すとひよこがピョコピョコでてくるオルガン、積み木・・・などなど」。
さて、おちびちゃんは何を気に入ってくれるのでしょうか?

結果はぜ~んぶ持っていってくれました。
我が家でひとしきり遊んだ後満足そうにおもちゃを車に沢山積んで帰っていきました。
きれいなのに捨ててしまうのはもったいない・・・けれど周りに譲れるような小さなお子さんがいない・・・。
そんな理由でずっと我が家に踏みとどまっていたおもちゃたち。
本日、やっと次の行き先が決まってホッとしたことでしょう。
新しいご主人様と仲良く遊んでね!
[PR]

by livingmama | 2006-07-17 23:56 | 日記

昨日はロシア

c0022231_2354516.jpg
ロシアの民芸品、マトリョーシカです。
だからと言ってロシアに行ったわけでもお土産にもらったわけでもありません。
東京・恵比寿のマトリョーシカに行きました。

久しぶりのロシア料理。
私はつぼ焼きコースにしました。
c0022231_23582939.jpg

ボルシチ・サラダ・つぼ焼き・飲み物。
サラダもボリュームたっぷりで、香ばしく炒ったはと麦がサラダの上に振りかけてあって幸先良いスタートです。

つぼ焼きは小さな陶器の『壷』の中に魚介類などのスープが入っていて、上からパン生地で蓋をしたものでした。
食後のロシアンティーも美味しく頂きました。

ロシア・・・いえ、ロシア料理店へまた行きたい!
[PR]

by livingmama | 2006-07-16 23:52 | お外の食事

暑すぎま酢!

静岡県内で38.2度だったんですって!?
体温より高いじゃありませんか。
千葉じゃ光化学スモッグが発令されたようですし、鉢植えのお花はぐったりしちゃうし・・・
暑すぎますっ!

こんな暑い日が続くと毎日の献立もさっぱりした物にしがちです。
連日お酢を使った料理が登場します。
画像はありませんが、酢豚ならぬ「酢鰹」やちらし寿司、お酢が入ったスープの「酸辣湯」など等。
「酢鰹」は豚肉の代わりに刺身用のカツオをぶつ切りにしてにんにく&生姜醤油の下味をつけ、片栗粉をまぶして油で揚げます。
それだけでも美味しいのですが、にんじん・玉ねぎ・ピーマンなどの酢豚でおなじみの野菜と一緒に炒め合わせます。
酢豚と一味違うことは、ケチャップあんにせず、黒酢・醤油・砂糖などであんかけを作ることかしら。
暑い夏の我が家のお気に入りの一品です。
[PR]

by livingmama | 2006-07-14 21:14 | 食べ物