悔しい「降雨コールド」

昨日の関東地方はお昼前後に激しい雷雨に見まわれました。
高校野球の地区大会が各地で行われていますが、千葉県大会はスポーツで有名な市立船橋高校に決定しました。
サッカーで全国大会によく登場する高校です。
実は野球も陸上競技でもその名を轟かせています。
千葉の市船(イチフナ)に匹敵するのが東京では帝京高校ではないかしら。
ここの学校もサッカーと野球が強い高校です。
昨日、その帝京高校と関東第一高校の東東京大会の準決勝が神宮球場で行われました。
千葉県内のテレビ放送では観ることが出来ませんが、東京のMXテレビでは放送されていました。
両校共に実力のある野球部です。
特に関東一高は夏の大会4戦すべてコールド勝ちで準決勝にやってきました。
ですからこの準決勝戦は事実上の決勝戦だと私は思っていました。

千葉では状況がわからない私に、都内に住む母が試合状況をメールで教えてくれました。
前半から帝京高校が押している試合でした。
4回表で4対0。
関一(この辺りでは略してカンイチと呼びます)は4回裏に1点返すも5回に3点入れられ7対1。
しかも雨足は段々強くなり、試合は中断。
野球の規定により7回まで試合が行われれば降雨コールドで試合終了となります。
激しい雷雨の中金属バットを木製バットに替えて何度か中断するも7回裏まで進んだそうです。
関一はあきらめずに7回うらに2点を追加し、スコアは7対3!
激しくなる雨にその後30分程の中断ののち、無情にも試合終了。

『敗れた関東一の選手は整列を拒否するようにグラウンドに倒れ込み、スタンドからは「続けろ」と罵声(ばせい)が飛び交った。』
(31日、デイリースポーツ)

母からの13:07にきたメールは、
「7対3のまま終わった。せっかく上向いていたのに。関一の選手は泣いている子もいた。」
とかかれていました。
その約1時間後にきたメールはこうです。
「なに!?この天気??さっきのはなんだったのと思うわ。すっかり晴れちゃった。グランド状態が最悪なのはわかるけど、関一の野球部は本当に可哀想だと思うわ。」
マウンドが水没するほどのグランドコンディション、と新聞記事にありました。
気になって関東一校のHPにいってみると・・・

『・・・(前略)・・・結果は悔しいけれど、本当に本当にお疲れ様でした。そしてありがとうございました。この悔しさは後輩が必ず受け継いでくれると信じています。皆様の応援に心より感謝申し上げます。』(7月30日)

本当はものすごく悔しい、でもいつまでもひきずっていられない。
そんな気持ちが伝わってくる一文でした。

それでも高校球児には悔しい「カンイチ、オミヤ(帝京の京ってみやことも読むでしょ?)」の戦いでした。
[PR]

by livingmama | 2007-07-31 15:37 | 日記

林間学校

りっちの通う高校には長野県に山荘があります。
あまり大きくない為二クラス分の人数しか宿泊できないので、夏休みに1年生が二クラスづつ交代で林間学校を行います。
出発してすぐに大雨!
さて、困ったりっちはどうしたでしょうか。
りっちから昼ご飯休憩の時にメールがきましたので、紹介しますね。

『す・・・凄い!テルテル坊主が無いからお天気神様にメールを送ったの。そしたら雨やんで雲から日が差してきた!』

そういえば前にも公園で遊んでいる時に雨が降り出し、ティッシュペーパーと髪を結うヘアゴムでテルテル坊主を作って公園の木に吊るしたら、みるみるうちに晴れてきたそうです。
恐るべき晴れ女、りっち!

結局夜のバーベキューは明日に延期になったそうです。
本日の球技大会は中止になり、変わりに軽井沢のアウトレットモールでウインドショッピングしたそうです。
来週は兄ちゃんがフィールド研修(工場見学のようなもの)で同じく2泊3日出かけます。
2週続けて月火水はどちらかがいません。
かえで家の食卓は静かです。
ちなみに本日は涼しかったので「おでん」にしました(^^)
[PR]

by livingmama | 2007-07-30 22:29 | りっち

かえで家の食卓

c0022231_10213059.jpg

私のブログによく遊びに来てくれるガチャピンさんのところで紹介されていた『幸福の食卓』という小説にからめて、かえで家のこともちらりと紹介されていました。
私はこの小説も映画化された作品もまだ見ていませんが、確かに我が家も家族で囲む食卓を大事にしているような気がします。

パパさんはもともとは口数が少ない方だったそうです。
ところがおしゃべりな妻(私^^)と結婚した為、かなりなおしゃべりおじさんに変わったそうです。

我が家の兄ちゃんは友人関係などでよく悩みます。
本当にこれでもかこれでもかってくらいに落ち込みます。
そんなときはテーブルいっぱいの餃子(150個くらい焼きます)で彼にエールを送ります。

りっちは私の影響か食べることに興味を持ち、今では私以上に食器や雑貨に興味を持って食卓を演出してくれます。

写真は数日前の夕食の献立、忙しくて慌てて作ったメニューです。
シーフードピラフにちょっとお化粧してターメリックでパエリア風にしてみました。
本来はサフランで色づけするのですが、サフランはお高いので(^^;)
チキンにはポン酢とスイートチリで下味をつけたものをグリルで焼いてグリーン野菜の上にのせたもの。
あと、何を作ったんだったかしら?数日前なので忘れちゃいました!
家族で揃って食べる時はとても美味しく感じます。
ひとりでも欠けるとなんだか寂しくて・・・。
今夜は何にしようかな?と考えていたら・・・。

「体育のレポート、アマチュアスポーツ観戦じゃダメだって、教授に言われた!どうしよう・・・。」と兄ちゃんからSOS!!
あー、しかたないプロ野球観に行こう。
なに?マリンスタジアムで今日は野球やっていないの?
うーん、神宮まで行かなきゃならないのか。
野球音痴の兄ちゃんなので母のサポートが必要です。
本日の夕食はパパさんとりっちの二人で食べてね!
[PR]

by livingmama | 2007-07-28 10:56 | 我が家の食事

踊る子供

シャーロックホームズのシリーズに「踊る人形」という作品があります。
棒人間のような簡単な人形(ひとがた)の絵が暗号になっている、という話です。
しかし今回の「踊る子供」と「踊る人形」はなんの関連もありません。
(ごめんなさい!)

昨日兄ちゃんが大学から帰ってくる際のことです。
「電車の中で小さな子供に足を踏まれた。なのに親たちは何も言わない!」
うーん、電車は揺れるからね。故意に踏んだのではないんじゃない?
「故意じゃないかもしれないけど・・・うっかりでもないぞ!あれは。」
どういうこと?
「踊ってたんだよ!電車の中で。」
え?踊る子供・・・?
「ダンススクールか何かに通ってるらしい。母親達はお喋りに夢中で子供達に注意もしないんだ。」

先日もショッピングセンターのフードコートでガシャポンの販売機を移動させて遊ぶ子供に気付かずおしゃべりに夢中な母親たち。
そのうちその子供たちが紙をちぎって床にまき散らしていたら、お掃除のおばさんに注意されて初めて気がついた母親たち。

上記の子供たちは皆幼稚園生ぐらい、母親たちは30代前半という感じ。
私が上記のお母さんたちぐらいの頃には「子供から目を離すな!」とさんざん言われたものです。
子供が小さい頃は全部親の責任になる、と病院の先生や保健婦さんに口やかましいくらいに言われましたっけ。


もうひとつ最近気になったこと。
駅の近くにある進学塾の前を通った時、塾講師らしい若い男性が帰る子供たちに向かって「さよなら!」と送り出しているところでした。
その時驚く一言が。
「おいっ!○○(女の子の名前)の野朗に言っとけよっ!」と横断歩道を渡る子供たちに向かって笑いながら怒鳴っていました。
夜の9時過ぎですよ。生徒たちは笑いながら走って帰って行きました。
他にも生徒たちを口汚くののしるような言い方で送り出していました。
大声だったので聞く気も無いのに聞こえちゃったんです。
ものすごく嫌な気分になってしまいました。

子供に接する時、大人たちはもう少し注意して欲しいと思いました。
[PR]

by livingmama | 2007-07-26 22:29 | 子育て・教育

りっちが早起きした日には・・・

早朝5時半頃にふと目を覚ましたら誰かが階段を下りていく音が・・・。
兄ちゃんかな?と、廊下に出るとりっちの部屋のドアが開いてました。
下に行くとりっちが出かける支度をしているではないですか!
こんな朝早くどこへ行くの?
「目が覚めたらパンを作りたくなったの。イースト買いに行く。」
へっ、こんな早朝にどこへ。
「コンビニ!」
コンビニにイーストあるかなぁ?
「うーん、無かったらあきらめる。」
ところが普通のコンビニには無くて、99円コンビニにあったそうです。

そういえば、りっちにパンの作り方教えてないけれど・・・。
「これ見て作るの!」
それ、雑誌の切り抜きだけど大丈夫かなぁ?
「平気、平気!」
何か秘策がありそうな顔をしているなぁ。
ま、やってみなさい。

私も若い頃月に一回パンの講習会に行っていたけれど、初めて作る人は実際に体験してみないといろいろなコツがわからないと思うんです。
だから雑誌の切り抜きなんかでわかるのかな?
でも言い出したらきかない娘ですから勝手にさせておきました。
1次発酵、2次発酵・・・ちゃんとやっている様なので途中経過も全く見ずにいたらオーブンからいい香りがしてきました。
気がつくと早起きして頑張ったせいかりっちはうとうとしていました。
あれ?お昼前に家を出て部活に行くんじゃなかったの?
試食もせずにバタバタ学校に行ってしまいました。
母が手伝ったのは出来上がったパンを写真にとることだけ!
c0022231_2229325.jpg

初めて作ったパンは日焼けしたくないりっちのように色白さんですが、なかなかのもんでしたよ。
[PR]

by livingmama | 2007-07-25 22:02 | りっちメニュー

カフェ飯ごっこ

りっちは昨日から夏休みに入りました。
夏休みにはどこのご家庭でも子供のお昼ご飯に悩んでしまいますよね。
どうしても簡単なものや冷たい麺類にかたよりがちになってしまいます。
我が家も同じ様に悩んでいましたが今年はちょっと違います。
減塩料理を毎日おじいちゃんのお昼ご飯に作っていますが、これを量を増やして作ればいいのではないですか!と思った次第です。

今日はりっちは出かけるからおじいちゃんの分だけでいいわ、と思ったら・・・
「りっちのお昼ご飯はどこ?」
あらら、食べていくのね!
慌てて作ったばかりのおかずをおじいちゃん様に取り分けたら、運のいいことに少しづつおかずが余りました。
それを細長いお皿に盛り付け、少し量がすくなさそうなので紅茶のシフォンケーキとアイスカフェオレをつけました。
はい、カフェ風お昼ご飯のできあがり♪
c0022231_23351457.jpg

ペンネとブロッコリの粉チーズ和え、トマトと豚肉のカレー炒めとご飯です。
ご飯の上に乾燥梅干をふりました。

今年の夏はカフェ風ご飯でダラダラ夏ご飯とはおさらばです。
[PR]

by livingmama | 2007-07-24 22:58 | 我が家の食事

募金活動

本日、心臓移植手術の為の募金活動のお手伝いをしてきました。
近くの駅前でのメンバーはお母さんが5人、お父さんが1人。
3人が募金箱を持ち、私ともう1人の人がチラシを配りました。
男性は募金活動の中心人物で2mほどの長さののぼりを持っていました。
見覚えのある少年がのぼりを持ったお父さんの側に行くのが見えました。
そして次に気がついた時は小さい少年と大きい少年がピンク色ののぼりを手に立っていました。
大きい方の少年は見覚えがありませんでしたが、小さい方の少年はりっちと小学校の時から一緒の少年でした。
初めのうちは黙ってのぼりを持っていた彼らでしたが、気がつくと大きな声で道行く人に募金活動のお願いをしていました。

私も声を張り上げて募金のお願いをしました。
電車が着くと駅のほうを向き、バスが着くと駅とは反対側を向いてチラシを配りました。
おなかの大きなお母さんが、若いサラリーマン風のお兄さんが、スポーツ大会の帰りの中学生たちが募金に協力をしてくれました。
1時間半程で終了しましたが、声はかすれチラシを持った左手はL字型に固まってしまいました。
二人の高校生1年生は、あれれ終了と同時にいなくなってしまいました。
ささやかなお礼の飲み物を渡す暇も無く立ち去ってしまいました。
今日の募金活動は昨日の台風の影響で急に決まったことでした。
ですから募金活動のメンバー以外はここで行うことを知らないはずです。
どうも彼らはたまたま駅に来たところ、自分の同級生のお母さんの為の募金活動に出くわし、それなら手伝おうじゃないかということになったようです。
無償で暑い中、1時間半も。
心が温かくなりました。
特に小さい方の少年、小学生の頃を知っているだけに、しっかりした高校生になったなぁと感慨深かったです。
[PR]

by livingmama | 2007-07-16 23:09 | 日記

世界のカレー料理

久しぶりに津田沼の大型書店に行って来ました。
りっちが探している料理本があるというので、ここなら揃っているだろうと連れて行ったのです。
彼女がお目当ての本を探している時ふと目に付いたのがカレー料理の本。
カレー好きな兄ちゃんの為に物色していると・・・
「ねえ、これは?」とりっちが持ってきたのが『世界のカレー料理』という本でした。
日本も含め世界20っヶ国の名物カレーがいっぱい!
インドはもとよりネパール、タイ、マレーシア・・・変わったところではブルネイ、フィジー。
メインも肉、野菜、魚などなど。
種類が多く、しばらく飽きそうにありません。
c0022231_2258773.jpg

で、さっそく作ったのがミャンマーの「ウエッター・ヒン」。
ミャンマーは仏教国なので食の禁忌がなく、牛・鶏・豚・川魚など様々な食材を使うそうです。
日本に似ていますね。
カレー専門店に行くとインドやネパール、タイなど宗教の関係で使わない食材もあります。
豚は食べない国が結構ありますから、豚肉のカレーって案外専門店では食べませんよね。
「ウエッター・ヒン」は豚肉のみのシンプルなカレーですが、結構美味しかったですよ。
レッドチリパウダーとパプリカがたくさん入りますので真っ赤なカレーでしたが、思いのほか辛くはありませんでした。
砂糖が入るのでむしろ甘いくらいでしたよ。
お腹がすいていたので写真に撮るのも忘れて平らげてしまいました。
ですから今回はほんの表紙だけ、カシャッ!
[PR]

by livingmama | 2007-07-14 23:00 | 我が家の食事

同じ母として・・・

参議院選挙が本日公示されましたね。
駅前や町角で候補者が政党と名前を連呼する日々がスタートしました。
その候補者達の傍らでひっそりと募金活動が行われています。

りっちの中学時代の同学年の男の子のお母さんが『拡張型心筋症』という重い病気で、一刻も早く手術が必要です。
ところが国内での移植が難しく、海外で移植手術をする為に莫大な費用がかかるとのことです。
りっちとは同じクラスになったことが無いので、この方とは直接の接点はありませんでしたが、同じ二人の子を持つ母親です。
なにか私にできることがあれば、と事務局での電話番や街頭募金のお手伝いをすることになりました。
メンバーの多くは中学校の保護者の方々です。
皆さんご自分のお仕事をお持ちの方も多いのに、一生懸命募金活動のアイデアを出して様々な活動をしています。
募金活動も千葉市内のどこかで行っていますので、見かけた方は「ああ、かえでさんが参加しているアレね。」と足を止めてくれると幸いです。

もうちょっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください。
[PR]

by livingmama | 2007-07-12 22:37 | 日記

月曜日は弁当デー

c0022231_22183229.jpg

はい、これは月曜日の兄ちゃんの弁当です。
月曜日は朝から夕方まで講義がビッシリ!ですから、学食で食べたりする暇が無いそうです。
特に昼食直前の講義が結構長引くので、お昼に食い込むことも多いとか。
そこで「月曜日だけは弁当を作ってくれ!」となった訳です。
今日のメニューはちりめんふりかけご飯、酸辣湯味の野菜炒め、野菜の肉巻き、卵焼き、ひじきの煮物でした。
ちりめんふりかけは、兄ちゃんが以前バイトしていた鮮魚コーナーの隣の干物屋さんで買います。
ちりめんジャコ、桜海老、ひじき、わかめ、ごま、かりかり梅はミックスされています。
カルシウムたっぷり!おにぎりにもピッタリ!
酸辣湯味の野菜炒めは酸辣湯麺のように甘くて辛くてすっぱい味。
夏の炒め物にはさぱっりして食が進みます。
ひじきは手作り品を冷凍してそのまま詰めました。
食べる頃は自然解凍されて丁度いいし、保冷剤代わりにもなります。
写真で見るとひじきが白っぽいのがわかります。
[PR]

by livingmama | 2007-07-09 22:36 | 我が家の食事