ちょっと間があいてしまいました!

いえ、ちょっとどころではありませんね。
前回のエントリーから12日も経っていたなんて・・・。
病気でもPCの故障でもありません。
ただたんに忙しくて、PCの前に座る時間も無くて・・・。

りっちは先週中間テスト週間で、毎朝4時に起きて勉強していました。
早く起きるということは当然お腹が空くのも早いわけでして、私も5時半には起きて朝食を作っていました。
兄ちゃんは兄ちゃんで同じ頃体調を崩し、布団から出るのも這って出るほどでした。
パパさんも仕事が忙しく夜10時から11時に帰宅しては食事をする日が続きました。
わー!みんな時間帯がバラバラじゃないのっ!
当然3人に付き合う私は早朝から深夜まで起きていなければならなくて・・・。

それもやっと落ち着きました。
今日は私の仕事の日。
でもねぇ、雨だと私の仕事が出来ないんですよ。(無料新聞の配布)
明日は雨があがらないかなぁ・・・2時間だけでもいいから、雨がやまないかなぁ。
あ!明日は兄ちゃんの大学の体育祭だったわ!
珍しく楽しみにしているのに。
ん?兄ちゃんが運動を楽しみにしている(本来は運動嫌い)から雨が降るのか!?
[PR]

by livingmama | 2008-05-29 20:16 | 日記

およそ1ヵ月後のプレゼント

4月19日の私の誕生日プレゼントがやっと届きました。
それが、コレです。
c0022231_22452481.jpg

うーむ、「4848」ということなのでしょうか?
これを飲んで復活せよ、と。
20袋ありましたが、飲み終わる頃までに変化が出ているといいのですが・・・。
[PR]

by livingmama | 2008-05-17 22:43 | 日記

お弁当は「こだわりっち」

「2年生になったら毎朝お弁当を作る!」宣言をしたりっち。
毎日頑張っていますよ~。
寝坊してしまう時もありますから100%じゃなくてもいいんです。
卵焼きだけりっち作、という日もあります。
時間が無くて私がお弁当を担当する時は朝食を自分で用意して食べてくれます。
忙しい朝はこれだけで大助かりです。
昨年は体調を崩しがちだったので、今年は早寝早起きを心がけているようです。
体調だけではなくお肌などの美容にも効果があるから、が本音のようですが。

前日の昼間、スーパーから学校にいるりっちにメールします。
『明日のお弁当は何を作るの?食材は何を買えばいい?』
残り物でちゃちゃっと!がちょっと嫌なのか、洋風と中華風おかずのコラボにNGを出します。
私がある提案をすると・・・
「チャーハンとタンドリーチキンなんて駄目!合わない!!」(うーん、確かに・・・)
りっちにはりっちなりのコンセプトの元にお弁当を構成しているようです。

先日も寝坊してしまったのと食材が合挽きだけという窮地にりっちは言いました。
「タコライスにする!」
洋風のお弁当屋さんで使っている縦型の紙のランチパックにご飯を詰め、レタスの千切りをかぶせるようにのせました。
その上からひき肉をトマトピューレと塩コショウで味付けて炒めた物をどさっとのせ、トマトの角切りと細切りのスライスチーズをのせて出来上がり。
短時間で作れるお弁当です。

昼休みには昨年と違うメンバーでお弁当食べているそうです。
友「なになに?今日のお弁当変わってる~」
り「タコライス。ご飯の上にタコスの材料のせただけ。」
友「へ~え~!」

友「うわ~!今日のも面白いね。なに、これ?」
り「ロコモコ。ハンバーグの上に目玉焼きのっけただけ。」
友「美味しそう~♪」

昨日は通称「おにぽー」ことポークおにぎり。
前日のゴーヤチャンプルーで使ったポークランチョンミートが残ったので、俵型に握ったおにぎりに焼いたポークと厚めの薄焼き卵(!)をのせて海苔で巻いたものが「ポークおにぎり」。
沖縄の高校の食堂が起源だそうです。
塩気のあるポークと味付けしていないおにぎりを一緒に食べると口の中で絶妙な塩加減!
さすがに沖縄風のおかずは用意できず、キノコのガーリック炒めとミニトマトで我慢。

毎日毎日目まぐるしく変わるりっちのお弁当。
ワールドワイドなおかずにクラスメートも興味津々だとか。
インド(カレーピラフとサモサ)、メキシコ(タコライス)、ハワイ(ロコモコ)、アメリカ(ベーグルサンド)、中国(チャーハン、エビチリ、から揚げ等)、沖縄(ポークおにぎり)・・・明日はイタリア(現時点では不明)にするとか。
決して話題の為のお弁当ではなく、普段自宅で食べているものを作っただけなのです。
かえで母は現地に行ったことも無いのにね(^^;)←ハワイは行ったことがありました!


写真は無いの?といわれそうですが、撮ってはあるのですがりっちのカメラから私のPCにアップするのが非常に難しくて母1人ではできません。
ゆえにりっちの手が空いた時に・・・いつになるやら・・・
[PR]

by livingmama | 2008-05-15 11:38 | りっちメニュー

久しぶりに失敗!

朝のうち台風の影響で雨風が強かったのでケーキでも焼こうかな、と準備しました。
バターケーキの気分でしたのでチョコマーブルケーキにすることにしました。
以前、合羽橋で購入したシリコン製のケーキ型で小さな王冠の形に焼くことに決定。
ところが・・・久しぶりすぎて加減を間違えてしまい型の8分目ではなく淵まで目いっぱいタネを流し込んでしまいました。
おまけに型に塗るバターの量が少なすぎたのか焼きあがったとき型からはずれません!
王冠がみごと上下に分かれてしまいました。
味は良いんだけどね・・・と子供たちに言い訳しながらのティータイム。

そういえば今までもいろいろ失敗したっけ。
マドレーヌを作る時砂糖を忘れて甘くないガッチガチの硬いケーキにしちゃったり、卵白を泡立てる時少量の卵黄が混ざってしまい全然泡立たなかったり。
そうそう昨日りっちがクッキング部でシフォンケーキを作った時みんな見事に失敗したとか。
原因は卵白の泡立て方が足りなかったのと型に流し込んだ時空気を抜きすぎたから。
ひどい班は見事にぺっちゃんこ!だったそうです。
りっちは何回も焼いていますので卵白の泡立てなどはクリアしたそうですが、自分のベストレシピではなかったので(先生の指示によるもの)今ひとつの仕上がりだったそうです。

バターケーキ、リベンジしたくても今バターと粉が高くなっちゃったから・・・
(今回は買いだめしておいたバターの賞味期限が迫っていたので作りました)
[PR]

by livingmama | 2008-05-13 23:41 | おやつ

思い立ったが母の日

昨日は母の日でしたね。
実家の母にはゴールデンウィークに家族で遊びに行って少しばかりのプレゼント。
主人の母にも先週にお店に飾るのにいいお花を見つけましたので早めのプレゼント。
りっちからは「中間試験が終わったらママの好物作るから、ごめん!」の約束を貰いました。
兄ちゃんは・・・彼は「思い立ったが母の日」で、懐が暖かい時にコーヒーショップに連れて行ってくれたり、疲れているときに肩を揉んでくれたりします。
母の日だけに何かしてくれるより、こちらがして欲しい時の手助けの方が何倍もうれしいものです。母としては。

母の日にバイトが入っていた兄ちゃん。
以前は魚屋でバイトをしていましたがハードすぎて体調を崩してしまい1年前に辞めました。
その後ひょんな事から宅配ピザ店でバイトを再会したのが9ヶ月前。
帰宅がいつもより遅いなぁ~、と言ったらパパさんが「母がピザを食べたがったんだよ!」
うーん、どちらかというより母に家事を休ませようとした結果『ピザでも取ろうか』になったんじゃないかなぁ?

そんな会話をしていたら兄ちゃんがヘロヘロになって帰宅しました。
「まいった!材料なくなりそうだったよ。」
そんなに注文が殺到したの?
「新規が多かったかも。なぜかマルゲリータが多くてトマトソースが無くなりかけて大変!」
(トマトソースと生トマト、チーズのシンプルピザ。赤色がカーネーションぽかったかな?)
クリスマスとどっちが混んだ?
「クリスマスは混む事予想してバイト増員してるけど、今日は普段の日曜日と同じくらいしかいなかったから、手が足りなかったよ!」
なるほど、持ち帰ったユニフォームの黒いズボンがいつもより粉まみれで真っ白でした。
バイク部隊も数に限りがありますからね。
ピザはすぐに焼きあがりますがバイクが戻ってこなければ次のお宅に届けられません。
我が家は待ってられない性格なのでピザを注文する時は次のようにしています。

ピザ店に電話して「ただいまお届けに40~50分ほどかかりますが・・・」
と言われた時に「取りに行った場合はどのくらいで出来ますか?」と聞きます。
「あ、それでしたら15分ほどで・・・」といわれれば取りに行っちゃいます。
早いし、お店によっては「持ち帰り割引」がありますから。
車でサーッと行って、毛布にくるんで持ち帰ります。
何より某ピザ店は徒歩2分の所にあるのでいつも取りに行っちゃいます。

「母の日に集中するなよなぁ。感謝の日は分散しろよ。」
お腹が空くと過激発言が絶えない兄ちゃん。
ご飯と煮物をかき込みながらブツブツ言っていました。
[PR]

by livingmama | 2008-05-12 11:04 | 日記

何年ぶりかのイメチェン

ここ10年ちょっとショーットカット、それもベリーショートでした。
でもちょっとした理由から昨年秋から髪の毛を伸ばし始め、今日久々にカットしました。
それもパーマもかけて。
髪質は堅く量が多く、ふんわりさせたかったので全体に細めのロッドを巻いてもらいました。
(かかりにくい髪質なので)
できあがりはふんわり丸~く仕上がりました。
現在放映中の「七人の女弁護士」に出演している釈由美子さん風にしたかったのですが、
ちょっと丸くなりすぎたかな?
いえいえ、パーマをかけた直後だから日にちが経てば落ち着くでしょう。

今年の夏甥っ子の結婚式があります。
昨年結婚した甥の兄なので集まる親族は皆同じ顔ぶれです。
ドレスを新調するわけにはいかないので髪型を変えようと思ったわけです。
ベリーショートからふんわりボブに変えたので違いがはっきりわかりますよね。
数年後にもし写真がごちゃ混ぜになっても「ショートは弟の時」「ボブは兄の時」って。

私達の行きつけの店は車で1時間ほどの以前住んでいた街の美容院。
今日は私と兄ちゃんとりっちの3人で行きました。
パーマをかけている私を隣でりっち(カットのみ)が不思議そうな顔で見ていました。
彼女が記憶しているうちでパーマ頭の私はありえなかったかもしれません。
兄ちゃんはどうかな?と反対隣を見たら・・・カットされながら爆睡中!
先生ごめんなさい!今起こします。
「大丈夫よ~。夫も床屋さんで寝ちゃうらしいから。」
でも、それは髭をそってもらうときでは・・・
兄ちゃんは髪の毛のカット中なのに。
でも、さすがは腕のいい先生です。
兄ちゃん、寝ながらカットされたのにすっきりいい頭になりました。
[PR]

by livingmama | 2008-05-11 20:03 | 日記

すっぴんの時に限って・・・

昨夜遅くまで用事をこなしていたのでいつもより寝坊をしたかえで一家です。
(といってもゴミの日ですから8時には起きていましたよ)
ゴミだししたり、にいちゃんの部屋から洗濯物の靴下を回収したり、パパさんに素麺を茹でたりしていたら、あっという間にいい時間になってしまいました。
といってもうっかりしてしまった私は朝食のパンを買い忘れていたので徒歩2分のところにある「めろんぱんやさん」に行きました。
タッチの差で先にきていたお客さんにメロンパンをごっそり買われてしまい、「あと10分で次のパンが焼きあがります。」の言葉に待てなくてミスドに行ってしまいました。
しかし焼きたても美味しいのよね~と、ドーナッツを2つだけ買って再びめろんぱんやさんへ。
あら!まあ!
さっきよりお客さんたくさ~ん!4人も並んでいるぅ。
道路には車が停まっているので1つや2つ買いに来たのではないことがうかがえます。
しかもぱんやさん、困った顔をしている~。
注文に応じきれないんだわ!
ま、我が家は近いんだからまたにしましょ♪と歩き始めたら・・・

「おや、お久しぶりですね!」
まあ、兄ちゃんが小学校5年生の時に教務主任をされていた先生にばったり!
ちょっとそこまでだからとすっぴんで来てしまったけれど・・・ま、しょうがない。
ものすご~くお世話になった先生で、いまだに兄ちゃんが年賀状を欠かさず出している数少ない先生の一人なんですもの。
先生は今現在は海に近い小学校の教頭先生で、数年前に私たちの隣町に越して来られたそうです。
しかもそのお住まいが兄ちゃんのバイト先の宅配ピザ屋のまん前のマンション!
年賀状にそのことを書いていたので、先生は時々お店をチラチラ見てくれていたそうです。
しかし兄ちゃんはバイク部隊ではなく、店の奥で電話受付と洗い物担当なので外からはわからないのです。
先生、ちょっと残念そうにしていました。

以前もちらりと紹介しましたが、我が家の兄ちゃん小学校時代はかなりの有名人で、「俺を知らない先生はモグリだ!」と豪語していたほどです。
なにしろ同学年の子供と折り合いが悪く、教室を飛び出しては保健室や事務室、果ては国際学級(外国人留学生の子供が多く通う小学校だったので)に潜り込んでいました。
ですから卒業式の日など学校の先生がもれなく息子に声を掛けてくださいました。
「卒業おめでとう!君のことは忘れないよ。」と。
いまだに当時の先生にスーパーなどでお会いした時は「お兄ちゃん元気ですか?」が挨拶になっています。
ありがたいことです。
当時はかなり大変な子供でしたが今がよければすべて良し!といい思い出にしています。
[PR]

by livingmama | 2008-05-10 21:40 | 兄ちゃん

万豚記 ~錦糸町~

c0022231_22202273.jpg


錦糸町にある中国料理店「万豚記」(ワンツーチー)、昨年の夏にパパさんが見つけたお店。
坦々麺も美味しいし何より焼き餃子がGoodなんです。
但し焼き餃子は夜だけのメニューのようです。
(先日のランチタイムに行ったときにメニューにはありませんでした)

上の写真はランチタイムの豚バラチャーハンと別に頼んだ棒餃子です。
写真にはありませんがチャーハンにはスープも付きました。(これが美味しかった~)
しかもクーポンを持っていったのでデザートの杏仁豆腐はサービス!
うーー、お腹がはちきれそう~!
というか、喉まで詰まっている感じです。
チャーハンの量は多いし、スープもたっぷりでした。
このときはりっちと二人で行ったのですが、二人とも夕飯が入らなかったのです。
今度行く時は絶対に兄ちゃんも連れて行かなければ。
残りを一掃してくれる頼もしい味方です。
[PR]

by livingmama | 2008-05-09 23:18 | お外の食事

モリシア ~津田沼~

千葉方面は3日の連休開始初日から雨が降ったりやんだり。
今ひとつぱっとしないゴールデンウィークです。
昨日は都内にある私の実家に家族で遊びに行きました。
りっちはダイエットと称してWii Fitで汗を流していました。
痩せたかどうだかは定かではありませんが(^^)

今日はりっちと津田沼に出来たモリシアに行って来ました。
ここは私が結婚した頃は高島屋、のちにダイエー、そして現在はイオンと専門店で構成されたショッピングモールです。
見たいものが大型電器店にあるか調べに行ったのが最大の目的でしたが、見事に空振り!
その代わりに見つけたお店は私のお気に入りリストに加えてしまいましたよ。

1Fには若い女性や子供たちが群がっている店が有りました。
なんだろうと近づくと・・・まあ!座布団ほどもあるスナック菓子の袋がドドーン!
おくには透明の瓶型容器に入った小さな駄菓子がズラーリ。
店内はお客さんでひしめき合っていました。
あ、店名は『王様のお菓子ランド』といいます。

うどんの国のお姫様がいらしたら「キャー!かわいいですわんヽ(*⌒∇⌒*)ノ」と反応してくれそうな雑貨屋さんがありました。
りっちがうきゃうきゃ喜んでいましたよ。
雑貨店は2階にもたくさんあったようですが、今回は時間が無くて断念しました。

地下には各種フードコーナーが有りました。
シェ・リュイのゴーダチーズが入ったパンは表面はゴツゴツだったけど美味しかったですよ。
輸入食料品店には欲しい物がてんこ盛り!
りっちは『茶寮kikusui』というお茶とお茶を使ったお菓子を売っているお店で抹茶パフェ(480円)を食べました。
玄米フレークの上に抹茶味のスポンジケーキ・クッキー・わらび餅・ソフトクリーム、そして栗と白玉とあんこがちょこんとのっていましたよ。
パフェが苦手な私でもいけそうなミニサイズもありました(今回は満腹だった為パス!)。

津田沼の駅前にあるので手軽に行けそうです。
りっちと行くと買い物袋が増えそうですが(^^;)。
[PR]

by livingmama | 2008-05-04 23:59 | 千葉

魔の交差点

我が家は十字路の角から2件目にあります。
ここの十字路は交通事故が多いところで、転居以来何件の事故に遭遇したことでしょう。
そして今夜も・・・

兄ちゃんの新しい自転車が外(といっても駐車スペース)に出しっぱなしだったことに気づき、
外に出た瞬間制服警官がやってきました。
目の前の路上にはパトカー。
ひっ、私何かした?自転車、路上に停めてなかったし・・・
「今そこで黒い猫が瀕死の状態なんですが、どこの猫かご存知ありませんか?」
え?猫?
交差点の角に確かに黒いものが横たわっています。
傍らには自転車と所有者と見られる若い男性(我が家の兄ちゃんくらいかな)。
猫と接触したのかしら?それにしてもパトカーが来るとは・・・
「首輪をしているので飼い猫だと思われるんですよ。虫の息なのでせめて最期に買主の方に会わせてあげたくて探しているんです。」
若い警察官の方の必死さに私と主人とおばあちゃん、ご近所に声をかけまくりましたよ。
犬を飼っているお宅はお散歩や玄関先の「犬」のシールでわかるのですが、猫は外に出さないご家庭が多いですからどなたが飼っているのかわかりません。
窓越しに猫のシルエットが見えたお宅など数箇所をまわりました。
残念ながら半径100m範囲のお宅にはいらっしゃいませんでした。

現場に戻ると猫を囲む人数が1人増えていました。
眼鏡をかけ髭をたくわえた外国人の男性。
近所の方ではないので近くの大学教授が通りがかり瀕死の猫を見過ごせなかった様子。
交差点と言えども夜の9時過ぎですからあたりは暗く、街灯は反対側にありました。
慌てて懐中電灯を持ってくるとさらにご近所の方が増えて総勢7~8名になっていました。
その時車が停まり、女性がこちらに駆け寄ってきました。
あ、黒猫ちゃんの飼い主かしらと思ったら・・・
りっちが中学生の時のPTAの会長さん!
お宅は1km程離れたところだと思ったのですが。
「今、夫に電話で呼ばれて。」
夫・・・は、そういえば元会長さんのご主人外国の方だったわ!
若い警察官もあちこちの動物病院に電話するもほとんど診察は終わり(あたりまえの時間帯ですが)、翌日も連休に入るのか休診が多いとのこと。
人間ならすぐに救急車で搬送できるものの、動物は夜遅くだとそのような場所がない様子。
それでも必死に飼い主を探し、病院を探す警察官。
「自分も猫を飼っていたことがあるものですから。」

そう、警察官の制服を着ているけれど彼は一青年として大怪我を負った猫を見捨てらなかったのです。
そして先ほどからだまって立っていた大学生くらいの男性、実は彼が接触したのではなく、
通りがかりにこの黒猫を見つけて近所の交番に通報したとのことでした。
おそらく車が黒い猫に気付かず接触、そのまま放置してしまったようです。
現場の先は信号のある交差点、青信号に合わせてスピードアップする車が多いのです。
元会長さんのご主人が決断しました。
「ハコハアリマスカ?タオルモヒツヨウデス!」
パパさんが家に飛び込んでダンボールを持って来ました。
斜め向かいのお宅の方が古いタオルを持ってきてくれました。
そしてタオルで猫をくるみ、箱に入れて元会長さんが動物病院に連れて行ってくれました。
もしかしたらアソコの動物病院なら自宅も一緒だから見てくれるかも、というところを思い出したのでアポなしで行ってくれました。

猫ちゃんを乗せた車とパトカーが立ち去ると、そこには点々と血の痕がありました。
明日の朝通学でここを通る小学生がビックリするからと、私とパパさんで掃除を開始。
すると町内会長さんがバケツに水を汲んできて一緒に洗い流し作業をしてくれました。

帰宅後のパパさんコメント。
「ご近所パワーも凄かったけど、PTAの元会長さんご夫婦には頭が下がるよ。」
そう、ご近所さんでもないのに献身的に最後までみてくれたあおの態度。
そして、全国の警察官がさっきの若い警察官の方のように一生懸命だといいのに。
鼻の奥がツンと痛くなるような夜の出来事でした。
[PR]

by livingmama | 2008-05-01 23:46 | 日記