先生、ありがとうございました

3月最後の日。
りっちにとってちょっぴり寂しいお別れの日。

小学校5,6年生時の先生が退職されると知ったのはおとといのこと。
定年退職には早いのではないか、もしかして体調不良?
少し心配なこともあってりっちとご挨拶に行くことにしました。
しかし小学校を離れて早6年、何時から離任式が行われるかわかりません。
近所に小学生はいないし、仕事仲間のKさんに聞いてみよう!とメールをうったところ・・・
「娘の担任の先生です」との回答がありました。
ご縁ですね~その先生が近くの小学校に赴任されて最初に受け持ったのがりっちで、最後に受け持ったのがKさんのお嬢さんだなんて。

りっち、朝起きるなりシフォンケーキを作りにかかりました。
離任式が9時から11時までと聞いていたので11時半位に行こうかと思っていました。
が、まさかのりっちの寝坊により焼きあがったのが11時半!
シフォンケーキは冷めるまで逆さにしておかないと生地が沈んでしまいます。
先生も12時にはまだ帰らないだろうとふんで冷め次第ラッピングをしました。
するとりっち、自分の部屋に篭ってなにやら始めたではないですか。
先生が帰っちゃったら元も子もないのでりっちの部屋に行ってみると・・・
一生懸命なにやら書いています。
ああ、お手紙ねといったら手を止めずに違うと一言言いました。
では何を書いているの・・・ああ、先生の似顔絵!
先生、りっちのマンガっぽい絵の大ファンだったものね。

出来上がり次第小学校に行ったらタッチの差で食事に行ってしまったとの事。
自宅に帰られたのでないことがわかってちょっぴりホッとしました。
こちらも食事をしにいったん戻り1時間後に小学校へ。
私たちのほうが5分ほど早く着いたのですが、先生職員用玄関に入ってくるなり大きくなったりっちを見てビックリされていました。
シフォンケーキと先生の似顔絵入りお手紙を渡したら先生の目に熱いものが・・・
「やだ、先生涙が出てきちゃった・・・嬉しくて、嬉しくて。」
ケーキよりお手紙の方を喜んでくれました。
先生、定年まであと1年あるけれど1年間だけ移動するのは嫌だったとの事。
どうせなら大好きなこの小学校で最後を迎えたいと思ったそうです。
お体の調子が悪かったのではなくて安心しました。

「先生ね、あなたが漫画家になってくれると楽しみにしていたのよ。でも将来パティシエになるのね。お店出したら絶対買いに行くからね。」
そのあと思い出話を少ししてからりっちの学年の卒業制作を見に行きました。
6年前、本館と別館をつなぐ廊下が暗かったので、少しでも明るくなるようにみんなで壁画を描いたのでした。
中心となって描いたのが各クラスの代表2名づつ。
りっちは1組の代表でした。
「あ、この山を描いたの私だ!花は・・・これこれ、みんなと同じのは嫌だったから^^」
先生、他のクラスの先生よりスマートに描いてくれたのが嬉しかったとおっしゃっていました(先生の下書きはりっちが描いたそうです)

先生がおやめになったらこの壁画を語れる人がいなくなってしまいます。
寂しいですが今度3年生になるKさんのお嬢さんにお話してみようかしら。
「一番端の子がうちのお姉ちゃんよ。メガネをかけた女の人があなたの担任だった先生よ。」
[PR]

by livingmama | 2010-03-31 22:36 | りっち

寒い、寒い!

寒の戻りといっても戻りすぎ~!
4月から私の実家で下宿生活が始まるりっちのためにお試しで宿泊してきました。
たまたま実家の全員が旅行中だったので留守番のような感じになってしまいました。

東京23区内ですが埼玉に近い位置にある私の実家。
想像以上に寒かったです!
それに比べ千葉市は暖かいんだなぁ~としみじみ思いました。
千葉じゃ廊下に出てもブルブル震えませんもの。
千葉じゃお風呂に入る時脱衣所で「えいやっ!」と気合を入れて服を脱ぎませんもの。
りっち曰く「パジャマは分厚い物を用意しなくちゃ・・・」

それでも不思議なのは桜の開花。
実家の方ではちらほら花開いていましたが、こちらではまだ蕾でした。
千葉の方が暖かいのになぁ。
不思議!
[PR]

by livingmama | 2010-03-28 18:06 | 日記

丸の内、変身中

昨日りっちと東京駅の丸の内口に着いたのが10時前。
風もなく穏やかだったのですが・・・
用事を済ませてすぐに歩いて有楽町に向かいました。
東京-有楽町間は距離も短いし工事中の東京駅を眺めながらぶらぶら歩いていけます。
丸ビル、新丸ビル、丸の内オアゾ・・・新しいビルが次々できていきます。
でも古い建物を活かして中身は新規開店、というお店もあるんですよ。

有楽町のビックカメラで買い物を済ませて再び東京駅へ向かう途中にそれはありました。
『丸の内ブリックスクエア』内の三菱一号館。
今年の4月に一号館美術館がOPENするようですが、それに先駆けて昨年の9月にOPENしたのが『三菱一号館CAFE』
昨年末この辺りをふらふら歩いて偶然見つけていつか来てみようとりっちと計画を立てていました。
それが今日だったわけです。
c0022231_7585017.jpg


レンガ造りの外観が古さを物語っていますが、実は調べてみると驚愕の事実が!

<丸の内オフィス街誕生から百年余り、1968年(昭和43年)に解体された一号館は、創建当時と同じ約230万個の赤煉瓦を積み上げ、当時の設計図面や保管部材を使用するなどして明治・大正期の姿を忠実に復元、2010年4月三菱一号館美術館として生まれ変わります>(丸の内ブリックスクエアのHPより引用)

えー、再建築されたものだったとは知りませんでした。
若き日の私の職場は大手町だったのですが、丸の内は近いとはいえほとんど立ち寄る用事がありませんでしたから。

11時半頃に入店したせいか店内は数組のお客様しかおらず、天井まで8mもあるからかとてもゆったりした時間が流れていました。
私は週代わりのランチセットを、りっちは鶏肉と蒸し野菜(パンが付いてきます)を注文。
c0022231_803130.jpg

野菜は江戸野菜(都内で収穫される物)中心とのことで期待をしていましたが、新鮮で味の濃い物ばかりで満足しました。
c0022231_814493.jpg
ランチセットはミニサイズのサラダ・スープ・魚料理・肉料理とパン、デザートから構成されていましたが、全体的に薄味でしたので素材の味がとてもよく感じられました。
ドリンクは別料金(ランチを頼んだ人は300円、単品だと500円以上のようです)でしたが、手がこんだセットで1500円は決して高くない価格だと思います。
気がつけばデザートが出る頃には入店待ちの行列が!
接客もロケーションも店内の内装もお味も私の採点では☆4つ以上です。

4月6日に美術館がOPENしますのでそれに伴って特別メニューが出るそうですよ。
[PR]

by livingmama | 2010-03-21 12:35 | 東京散歩

日本橋をぶらり

都内に出かけるとどうしても渋谷・新宿よりも浅草・日本橋方面に足が向いてしまいます。
単純に千葉から近いというのもありますが昔からなじみがあるんですよ。
私の母の育ったところが浅草橋界隈、私の友人たちも浅草・上野・築地出身の人が多かったせいかもしれませんね。
子供の頃連れて行ってもらったデパートは日本橋の三越で、食堂のお子様ランチの下に敷かれた紙のランチョンマットがしっかりと記憶に残っています。
それなのに日本橋の街自体は大きくなるまで歩いたことが無かったのです。
理由は地下鉄で行って、外に出ることなく帰宅してしまったからでしょう。
地下の食品売り場から屋上までくまなく歩き回ったのに外には出ていないなんて(笑)
おそらくデパートの外はオフィス街だったので、子供には面白くないところとして母が地上に出なかったのでしょう。
映画「三丁目の夕日」を見てから日本橋をじっくり眺めながら渡ったほどですから(^^)

先日の土曜日、りっちと日本橋の「小津和紙ギャラリー」に和紙の作品展を見に行きました。
りっちの知り合いのちぎり絵の先生が大賞をとられたということででかけました。
なぜりっちの知り合いかと言うと、小学生低学年の頃たまたま訪れた作品展でその先生がりっちを見て「うちの孫に似てる!」というのがきっかけだったのです。
先生の作品は大賞とることだけあって和紙の特製を活かした素晴らしい作品でした。
小津和紙は知る人ぞ知る美濃和紙のメーカーで切り絵を趣味にしている実家の父も時々買い物に行くそうです。
(ポイントカードを持っているそうです^^)
予約をすれば手すき和紙の体験もできるそうなのでお時間がある方は是非どうぞ!

三越近くまで戻った頃お腹がぐぅ~~と鳴ってきました。
往きに裏路地で見つけた「ZEN茶’fe」というカフェに行きました。
トーストされたイギリスパンほどの大き目の食パンに、ハンバーグやアボカドが豪快に挟んであるものをりっちがチョイスしました。
c0022231_845795.jpg


私は照り焼きチキンにグリルされた細長いソーセージ、きんぴらとポテトサラダにご飯が付いた物を注文しました。(これはランチタイムのメニューらしい)
c0022231_853398.jpg

熱々のソーセージを切ると中から肉汁がジュワッと。おいしいっ!
どちらもコーヒー、紅茶、緑茶を選んで千円でした。
デパートのレストランで食べることを思えば安くてボリューム満点のお昼ご飯でした。

そこから三越に向かうわずか200mにも達さない距離に魅力的な店がたっくさん!!
まずは軽井沢で有名な「ミカドコーヒー」で人気のモカソフトをペロリ。
次に日本画の絵の具などを取り扱っている「有便堂」でちりめん小物を発見!
ちりめんのミニマカロンのストラップがかわいくて思わず購入してしまいました。
これはりっちの入学祝にプレゼント♪
あー、なかなか三越に着かない(^^;)

三越の新館地下二階の数店舗は行列ができていました。
ひとつは大阪で有名な堂島ロール、もうひとつはクラブハリエの焼きたてバームクーヘン。
私たちはバームクーヘンが目当てでしたので焼き立てを併設カフェでいただきました。
まだぬくもりがあってふわふわ~♪
c0022231_864141.jpg
でも、時間を置いて少ししまった生地のバームクーヘンの方が私は好みかも。

お腹が満タンになったところで日本橋から東京駅まで歩くことにしました。
食後の運動もそうですが丸の内線に乗って池袋に行きたかったためぽかぽか陽気の日本橋をお散歩しましょ・・・と外に出たとたん強風にあおられました。
髪の毛が長いりっちは「愛・地球博」のキャラクターモリゾーのようになってしまいました(笑)
時間があれば(この後実家に行く予定でした)もっとぶらぶらしたかったのですが、強風の中ではこれ以上お散歩は無理でしょう。
続きはまたの機会にします。
[PR]

by livingmama | 2010-03-15 11:57 | 東京散歩

おちゃめなお母さん達

りっちが卒業した高校は東京・江戸川区にあります。
数年前までは男子校で、夫が高校生の頃はやんちゃな生徒が多かったようです。
有名人も結構いるんですが皆さん肉体派の方ばかりで(^^;)
いまだにあそこの学校に娘が通っていたと言うと「え、男子校でしょ?」と言われます。
現在はどこにでもある元気な共学校なんですよ。

謝恩会でのお母さん達との会話です。
「うちの息子欠席は1回も無かったのに遅刻が多くて欠席扱いになっちゃったのよっ!」
だから毎朝蹴飛ばして起していたと左隣の席のMi君のお母さんがこぼしていました。
でも別の会話からお母さんの優しさがチラリ。
「うちの子にお弁当二つ持たせていたのよ。」(なぜ?部活の為と聞いたら)
「朝起き抜けに学校行くでしょ。だからひとつは朝ご飯用。」
その話を帰宅後りっちにしたら、
「そうそう、1時間目終了後に食べてた。早弁にしては早いなと思っていたらお昼もちゃんと食べていたよ。両方ともお弁当だったのでお母さんえらいなって思ってた。」
2つお弁当の子は時々見かけますがひとつはコンビニのパンかお弁当が多いのに、彼は母の愛情弁当2つだったのです。
Mi君がお母さんのありがたみがわかる日が来るのはいつになるかしら?

右隣のMa君のお母さんは会場のみんなで「世界にひとつだけの花」を歌った時の事。
とても上手に、しかも歌詞カードを見ずに歌っているなぁ、と思っていたら何気ない一言を。
「私、NHKの紅白歌合戦に出た時歌ったからこの歌は歌詞を見ずに歌えるの。」
え、紅白に出場した?うーん、もしかしたら・・・バックで歌ったりしているママさんコーラス?
「あ、そうなの~。」
いきなり言われたらビックリする事もこの人は大真面目に言うのでもしかしたら天然系?
それを証拠にトイレに行って会場に戻ろうとドアを開けたらそこにドアの方に向かって立って携帯のメールをやっているではないですか。
本人、そこがドアだと気がつかずに部屋の隅で仕事のメールをしていたつもりらしいのですが、思い切り鉢合せです。
しかも数秒間、ドアがあいて私が立っていることに気がついていない様子。
そういえばさっきも内側から植木鉢でふさがれたドアを気が付かず外から開けてビックリして、他のドアから入りなおさずに植木鉢のわずかな隙間から入ってきたっけ。
170センチ以上ある横縦がっしりした、でもお顔はとてもチャーミングなお母さんでした。

りっちの仲良しさんのお母さんが話し掛けてきました。
とてもおとなしくて笑顔がかわいいAちゃんのお母さん、娘さんとは親子と思えないほど小柄で細くて元気でバイタリティーあふれるお母さんでした。
高校の思い出は甲子園に行った事、という話題になったときのこと。
この時既に2次会でクラスのお母さんの人数は5人になっていました。
「私甲子園に応援に行ったわよ!」とS君のお母さん。
私もと手を上げるとAちゃんのお母さんも「息子連れて行ったわ!」
5人中3人が学校の応援団とは別に単独で行ったことが判明しました。
しかもAちゃんママのエピソードがすごい!
「朝一の試合だから夜行バスで行こうとしたらチケット取れなくて昼のバスでいったの。夕方着いたから24時間営業の店で一晩明かそうとしたら甲子園の周りにそういうのが無くて・・・。だから息子と公園のベンチで野宿したのよー。」
一同「えぇーーーっ!うっそ~~☆」(あの時の声はすぐ横でカラオケやっている人もギョッとする大音声でしたね。)
その話をりっちにしたら「とても(物静かな)Aちゃんとは結びつかない@@」そうです。

ああ、こんな楽しいお母さん達にもっと早くから知り合いたかった~~。
[PR]

by livingmama | 2010-03-10 10:01 | 子育て・教育

3月5日はりっちの卒業式でした

3月に入ってからぐずついたお天気でどきどきしていました。
5日はりっちの高校の卒業式なのに・・・
週間予報では雨。
前日の木曜日までの予報がほぼあっていたのでやっぱりあめが降るのか・・・
と思ったら・・・
 
いいお天気!

朝方まで結構雨が降っていたのに、卒業式に間に合わせるかのごとく急激な天気回復!!
りっち達生徒は朝の9時までに江戸川文化センターに、保護者は10時の式典に間に合うように行かなければなりません。
久々のお天気ですもの、洗濯物を干して、あれやってこれやって・・・
あらら、出る時間だわ!と駅まで急ぎ足で行ったらメガネを忘れてしまいました。
運転や映画を観る時はメガネ必須なのに・・・大ホールではなおさら見えません。
ま、しかたないか。

開式の10分前に着いて座席に向かうと3階席!
ああ、やっぱり見えないわ。
でもメガネを取りに帰っていたら式に間に合いませんでした。
卒業生が450人程いますので一人ひとりに卒業証書を授与していられません。
名前だけ全員読み上げて代表が数名受け取りました。
りっちの声は3階の私のところまでは届きませんでした。
緊張していたのかしら?

12時丁度に式が終わってもりっちがホールからなかなか出てきません。
名残惜しいのかと思っていたら、座席で担任の先生が卒業証書を手渡していたとか。
おや、クッキング部の後輩たちがロビーで待っています。
みんな胸に色紙を抱えているではないですか!(かわいい♪)
りっちがでてきたら後輩たちの顔がぱぁ~と明るくなりました。
色紙を受け取ったりっちも嬉しそう。
その後クラスの仲良し4人組で写真を撮ってから後輩たちに囲まれて記念撮影。
お昼ご飯はみんなでお好み焼き屋さんに行ったそうです。

私は5時から謝恩会が錦糸町であるのでどうやって時間潰しをしようかと考えました。
1時を回っていたのでまずは腹ごしらえ!
兄ちゃんお勧めの「ととやみち」という回転寿司屋さんに行きました。
卒業式の会場から15分ほど歩いたかしら、お腹はかなり空いていましたのでかなり入ってしまうかと思いきや7皿で満腹になりました。
生(半生かな?)の桜海老やアナゴのカマンベール載せ等の珍しいネタがあったのでご機嫌でした。

2時ちょっと過ぎました。
今から錦糸町に行くのは早すぎるかな?と思った時以前から気になっていたことがお腹の底から沸々とわいて来きました。
私の中学時代の友人の実家が確かこの近くだったはず。
彼女とは20数年前に会ったのが最後、年賀状も10数年途絶えています。
今も実家にいるのか結婚したのかさえもわからないのに思い切って訪ねてしまいました。
ねじの専門店なのでお店に入っていくと中年の男性と女性がいました。
中学時代の友人だと告げると「今日はお休みなんですよ。」
やはりまだ実家にいたのね・・・と思っていたら奥から白髪の女性が出てきました。
私の顔を見るなり目を見張り何か言いたげな表情をしています。
中学時代の私のニックネームを告げるとその人が「まあぁぁ!」といって抱きついてきました。
友人のお母さんでした。
突然の訪問にもかかわらず自宅に招き入れてくれました。
そして彼女が結婚した事、今日は子供を連れて出かけていることなどを話してくれました。
気がつけば4時半!
きゃー、謝恩会は5時からなのに~!
慌ててタクシーで錦糸町に向かいました。
彼女に会えなかったのは残念だけどお母さんとじっくりお話できたので嬉しかったです。

謝恩会は錦糸町の東武ホテル、お料理が美味しかったわぁ~♪
りっちのクラスは3分の1の参加者で、スポーツ科の次に良い出席率でした。
先生の人望があるのね、と隣席のお母さんが言っていました。
別のお母さんが「定期的に懇談会などやってくれれば最後に日に初めまして、って言わなくて済んだのに。」
そう、高校って中学の時までのように保護者の集まりが無いので謝恩会で初めて会う方がほとんどなんです。
何回か集まりがあれば自分の子供の悩みを別のお母さんに聞いてもらえたのに、と別のお母さんが言っていました。
確かにそうだなと思いました。

今回も2次会に参加して遅くまで盛り上がってしまいました。
兄ちゃんの時は先生方が大盛り上がりでしたが、ココは下町。
下町のお母さんパワーは半端じゃありません。
(実は高校の山荘見学会の時に知っていたのであまり驚きはしませんでしたが)
夜10時まで騒いで他のお母さんより先に失礼して帰ってきました。

さあ、春休み中にりっちの新たな挑戦のお手伝いをしなくては!
(平たく言えば教科書の処分などのお部屋の大掃除ですね。)
[PR]

by livingmama | 2010-03-07 16:03 | りっち