頑固者の接触事故

表題の通りのことが土曜日の午前10時前に起きました。
場所は近くの四つ角で、ガシャン!という音に反応して2階のキッチンの窓を開けました。
家を飛び出すと何人かの女性が駆け寄っていき、自転車ごと倒れているおじいさんを助け起こしているところでした。
ぶつかった、と言うより接触した車はワンボックスカー。
40歳代のご夫婦とその母親と見られる人の計3人が乗っていたようです。
ぶつかってからわずか10秒もしないうちに通行人が通報し救急車を要請しました。
「大丈夫です!救急車はいりません。大事な用事があるから行きますっ!」
おじいさん、自転車を立て直し私達を振り切っていこうとするのです。

「おじいさんっ、転んだ時どこか打っているかもしれないから病院に行きましょう!」
車に乗っていた奥さんが言いました。
「大事な用事があるんだ。手を離してくれっ!病院には行かない。」
おじいさん周りの人々と目をあわさずに下を向いたまま言い放ちます。
目撃者によると確かに頭は打っておらずゆっくりと倒れたそうです。
車もスピードが出ていなかったのではねたと言うよりトンとぶつかった感じだったとか。
通行人の年配の女性が「大事な用事かもしれないけど、命のほうが大事よ!」と一言。
それでも行かせてくれ、時間が無いの一点張り。
この騒ぎを聞きつけてお向かいの内科の先生が白衣を着たまま出てきました。
押し問答の末「じゃあ、血圧だけでも測りましょう。」の一言で決着付きました。

たまたまぶつかった瞬間を見ていた近所の方と私はごみ置き場の掃除当番でした。
収集車が去った後掃除をしてから皆さんのところへいくとびっくりぎょうてん!
「おじいさん、帰っちゃった!!」
ちょっと目を放した隙に・・・
その瞬間救急車のサイレンの音が。
一同「あ~あ」という表情。
車の運転者と目撃者が救急隊に説明し、内科の先生のところへ話を聞きに行きました。
おじいさん、名前と住所を書いていってしまったそうです。
そこへ事故処理車到着。
再び一同「あ~あ」の表情。
私も店の開店時間がきてしまったのでその場を離れました。

数分後車の運転手夫妻が店頭に顔を出しました。
「あのすぐ後おじいさんが戻ってきたので警察の方と話ができました。事故扱いにはなりませんでした。ご近所の皆様によろしくお伝えください。」(私しか野次馬の出所がわからなかったらしい^^;)
それにしてもおじいさん、強引にいなくなってから再び現われたのが15分から20分。
大事な用事のわりに早く戻ってきたものです。
まさか、土曜日の朝11時までに近くのスーパーで配布している割引シールを貰いに行ったのではないかしら、と我が家では話題になりました。

それにしても倒れたおじいさんの方が一時停止を無視して交差点に入ってきたそうです。
車は近くの小学校で運動会が行われていてかなり人出だったので徐行していて急ブレーキをかけて「間に合ったかも!」というタイミングだったそうです。
おじいさんも打ち所が良かったのかお向かいの先生の診察によると大丈夫のようです。
もしかしたら婿が事故を起こしたかも!とドキドキしたという車の同乗者のお母さんの方が被害者だったかもしれませんね。
[PR]

by livingmama | 2010-05-31 15:47 | 日記

「変な給食」って本、見たことありますか?

一昨日、駅隣接のショッピング街がポイント5倍の日だったのでこの際だから何か買おうかなと物色しておりました。
ふと目に留まったのが「変な給食」というタイトルの本。
表紙にはいくつかの給食の参考写真が掲載されていました。
真ん中には丸い菓子パン状態のものにアイスクリームのコーンがくっついたもの。
これはどうやって食べるのか真剣に悩んでしまいました。
パラパラとページをめくるとこれはこれはという献立がずらり。
「味噌ラーメン、あんドーナツ、みかん、牛乳」
「ジャムトースト、酢豚、みつ豆、牛乳」
「いちごツイストパン、すまし汁、チャプチェ、牛乳」
などなど。

ほぼ100%牛乳は付いてくるようです。
いつだったか2歳年下の千葉市出身の友人と給食について話をしました。
ちなみに私は小4まで川崎市、小5から卒業まで埼玉県の上尾市でした。
私「川崎の牛乳は瓶で重かったけど、埼玉はテトラパックだった。」
友「千葉は瓶でミルメークのイチゴ味が好きだった~」
私「え、なに?ミルメークって。」
友「給食で出なかった?粉状でいろんな味があって牛乳に混ぜて飲むの。」
私「そんなの無かった・・・」(年の差?地域差?)

彼女に出会って初めて知ったミルメークは結構歴史が古いことがわかりました。
そもそも学校給食の脱脂粉乳を飲みやすい味にする商品として開発されたそうです。
私は幸い(?)にも脱脂粉乳は飲んでいません。
毎日白い牛乳だったけど、ごくたまに出るコーヒー牛乳はとても嬉しかった記憶があります。
年に数回出たプリンやアイスの日に休んだ子はとても悔しがってました。

また彼女は「カレーも美味しかったよね!」とも言ってました。
カレーってカレー味のスープ?と聞き返すと「カレーライスよ!」
ライス=米飯でしょ?ご飯なんて在学中には出てきませんでした。
どんな和風のおかずでも常に川崎はコッペパン、埼玉は食パンでした。
麺類は時々出てくるビニールに入った「ソフト麺」
あれはうどんだったのかスパゲティだったのか・・・?

「変な給食」の作者の方は和風のおかずにパンはおかしい、ラーメンにアンドーナツが付くのも炭水化物と油類と砂糖ばかりで変である、と全編で訴え続けています。
このような給食を食べ続けている子供達の将来が大変であるとも。
確かに変な組み合わせもありますが私としてはカレーやラーメンはうらやましいです。
我が家の子供達の小学校時代の献立表もそんなに酷くなかった気がします。
松戸市の給食の試食会で食べたのは筑前煮とししゃものごま揚げとご飯と牛乳でした。
ご飯が多少ぱさついていた気がしましたが、ししゃものごま揚げは大変美味しく、我が家の定番おかずになりました。
果汁グミやアーモンドカル(小魚とナッツ)のようなおやつもでていましたが、おおむね美味しかったし変な気はしませんでした。
やっぱり地域差なんでしょうか。
[PR]

by livingmama | 2010-05-28 17:12 | 子育て・教育

練馬区→杉並区→武蔵野市

20日から私の両親が北海道に行くというのでりっちのお世話をしに実家に行きました。
といっても私もにも仕事がありますから20日の夕方に行って翌日には帰宅しました。
一人暮らしの練習の為に母親が行くこと無いんじゃない?と言われそうですが実は目的は別のところにあったのです(^^)
20日の日はりっちが製菓の実習日で、しかも私の大好きなアーモンドのタルト♪
いつもは実家の両親達の口に入るのですが旅行日と重なりNG!
そこでりっち作のケーキを私が食べずして誰が食べる、と言うことで行ったわけです。

吉祥寺駅で待ち合わせしてどこでご飯を食べようかうろうろ。
いつもは駅前の商店街に行くのですが今回は駅から脇に外れた住宅街へ向かいました。
駅から程近い私立の女子高付近に雑貨屋さんやカフェ、レストランがいっぱい!
スープカレーやタイカレーのメニューに惹かれて入ったお店はなかなか美味しかったです。
じゃあ、バスに乗って帰ろうか、と言う時になって突然の大雨。
傘は持っていたものの横殴りの雨でバス停に着くまでしこたま濡れました。
実家に戻ってからりっちが作ったタルト、学校の先輩達が作って販売しているレモンタルトとアーモンドクリームのパイ、りっち作のババロアなどケーキバイキング状態でいただきました。
幸せいっぱい、腹いっぱい!

翌日の金曜日はりっちのお弁当を作って(いつもは自分で作るのですがたまには作ってあげようかなって)洗濯して、りっちと実弟の夕飯のパスタソースを作ってと大忙し。
昼食を終えてから実家から吉祥寺駅まで歩いていきました。
バスで20分程かかるところを1時間30分近くかけて急激に暑くなった昼間にテクテクテク!
途中でりっちが好きなケーキ屋さんでデニッシュとクロワッサンを買い、あまりの暑さにカフェで一休みしてから待ち合わせ場所まで行きました。
(りっちに借りた実家の鍵を返すため夕方会う必要がありました)
暑かったのは誤算でしたが、歩くって気持ち良いですね!
いろんなお店を発見できるし。
気候がいい時にまた歩きたいな♪
[PR]

by livingmama | 2010-05-22 22:43 | 東京散歩

納骨

本日はおじいちゃん(夫の父)の納骨の日でした。
都内に下宿しているりっちもおととい帰宅しました。
夫の姉家族、妹家族、夫の叔父夫妻と我が家の総勢14名が千葉の平和公園墓地に集結しました。
無くなってからかなりの月日が経つのに今頃?と思われるかもしれません。
実は墓地はおじいちゃんが生前から購入していたのですが千葉市からは遠いこと、そこの墓地が区画整理にひっかかって移築せざるをえないなどの問題があって、まだお墓を建てて無いなら別のところにしようと市営霊園の募集を待つことにしました。
ところが市の募集が年に一回の5月でお墓が建てられるのが9月からでしたので、仕方なくしばらく待つことになりました。
ところがおばあちゃんが大きな仕事を抱えている時期で、それが終わるまで落ち着いて納骨できないと言うので今になってしまいました。

今日は朝は曇っていましたが、墓地に着いたとたんに青空になりました。
墓石の業者さんがおじいちゃんの好きな物をお供えしたほうが良いと言うのでおばあちゃんに聞いてみたら・・・
「おじいちゃんが好きだった物?肉だねぇ~。」
うーん、肉はお供えできないでしょう、と夫が笑いながら否定したそうです。
結局餡子が入った和菓子とコーラを祭壇に飾って納骨式が始まりました。
(その組み合わせに夫の姉は笑っていましたよ)

墓地から会食場所までを(5~6km)先に私と息子と娘が夫に車で送ってもらいました。
車が2台(8人乗りと5人乗り)では14人をいっぺんに運べないので・・・
会食場所に着いたとたん兄ちゃんが「腹減った~!」と近くのお弁当屋さんに飛び込んでいきました。
おにぎりサンドを2個ペロリとたいらげ、その後の天ぷらと握り寿司のセットもおにぎりから10分後にペロリ♪
しかも食べきれない人の分まで引き受けていましたよ。
後から来た人達は兄ちゃんが直前に大き目のおにぎりを食べたことを知りません(^^)
[PR]

by livingmama | 2010-05-16 23:43 | 冠婚葬祭

ママの日

夕方りっちからメールがきました。
「昨日ママの日のメールしそこなっちゃった007.gif054.gifごめんね。
改めて、いつもありがとう056.gif

一瞬「ママの日」の意味がわかりませんでした。
誕生日のことかと思ったけど、私は4月生まれだし・・・
あ、もしかして「母の日」のこと!?
きっと同じ屋根の下にいたら照れくさくて言葉にできないと思います。
ちょっぴり離れていたからメールで言えたのかもね。
ゴールデンウィークに帰宅したときに首周りの日よけ襟(?)くれたのも嬉しかったのよ。

そういえば夕べのことです。
バイトから帰宅した兄ちゃんがいいました。
「今日は結構注文があったよ。母の日だったからかな!」
自分で言っておきながら突然「うぎゃぁぁぁ!」と頭を抱えて叫びました。
「母の日だった~~!忘れてたっ!」
それを聞いていた夫。
「俺は母(おばあちゃん)に花をプレゼントしたぞ。」(私に言われたからですが・・・)
ますます困った顔の兄ちゃん。
いいの、いいの。
君は母の日関係なく仕事を手伝ってくれたり買い物や風呂掃除してくれるから。
1年中「母の日」堪能してるからね♪
[PR]

by livingmama | 2010-05-10 23:05 | 日記

嵐のようなGW

ゴールデンウィーク直前の4月27日の夜から兄ちゃんの友人がやってきました。
目的は就活で、兵庫県から東京の会社を受ける為の5泊6日の長逗留でした(^^;)
その間りっちも練馬の下宿先から千葉に戻ってきましたがあっちこっちに出かけていてほとんど家でのんびりすることが無かったような気がします。
そういえば兄ちゃんの友人が言っていたそうです。
「妹さんに会わなかったなぁ・・・」(ちょっぴり会ってみたかったのかな?)
約5日間同じ屋根の下にいたのにね003.gif

りっちは藤澤ノリマサさんのミニライブチケットが当たったので一人で銀座へ。
いやあ、当選ハガキってギリギリ(5日前位だったかな)に来るものなんですねぇ。
あとは友達にあったり、シュークリームの練習をしたりと大忙しでしたよ。

私は店が5月2日までやっていたのでやっと連休だなぁと感じたのが5月3日でした。
それまでは通常の月末の忙しさに加え、駐車場の草むしり。
昨年に続き筋肉痛のGWでした。
[PR]

by livingmama | 2010-05-05 09:22 | 日記