日本の歳時記を考える 3月の巻

3月の行事と言えばひな祭りですよね。
別名を上巳(じょうし)の節句。
上巳とは3月最初の巳の日のことで中国では邪気に見舞われやすいとされた日だとか。
日本では平安時代頃に貴族が自分の災厄を代わりに引き受けさせた紙人形を川に流す「流し雛」が行われたのが起源のようです。
地域によっては今でも流し雛の風習が残っているようです。
江戸時代には現代の原型のような豪華な雛人形を身分の高い人々や豪商では飾ったようですが、庶民は土をこねて人形を作りささやかに女の子のいる家庭で祝ったそうです。
最近では地域ごとに特徴ある雛飾りを観光の目玉にしているところもあります。
伊豆稲取の雛の吊るし飾り、千葉県勝浦市の勝浦ビッグひな祭り。
特に勝浦のは市内浜勝浦の遠見岬(とみさき)神社の60段の石段一面におよそ1,200体の人形が飾られ、夕暮れ時からライトアップされるそうです。
いつも同じ県内だから行ってみたいと思っても行き損なってしまいます。

3月中旬を過ぎるとそろそろお彼岸が近づいてきますね。
最近の子供は3月の春分の日を単なる休みとしか思っていないのでしょうね。
おじいちゃんやおばあちゃんと同居しているお子さんはお墓参りに連れて行かれたりするのでなんとなくわかってはいると思いますが。
和菓子屋さんの店先には牡丹餅がずらりと並ぶ頃ですね。
以前は牡丹の花が咲く春の彼岸は牡丹餅で花のイメージからこしあんで大ぶりに作り、萩の花が咲く秋の彼岸はつぶあんで小ぶりに作ったそうです。
でも最近は春分の日の店先でもこしあん、つぶあん共にあり「おはぎ」として売っているところも多いようです。


日本の行事ではありませんが3月14日のホワイトデーがありますね。
また3月下旬から4月下旬にかけてのイースターもありますが、これはクリスマスやハロウィン程日本人には認知度が高くないようです。
イースターは日本語で言えば復活祭。
イエスキリストが死後3日目によみがえったとされる日です。
子供の頃近所の教会でゆで卵のカラに彩色したものを貰った気がします。
キリスト教徒ではありませんが近所の教会が子供達の社交場になっていたのでクリスマスにはイエス様誕生の劇をやったり賛美歌を歌ったりしました。
いまだに教会での結婚式に招かれると昔の記憶が呼び起きて、大きな声で賛美歌を歌ってしまいます(^^;)
[PR]

by livingmama | 2010-11-26 17:09 | 日記

サンタの使いか、悪魔の手先か

先日リビング新聞配布の際に大手おもちゃ量販店の小冊子も配布しました。
昨年もやりましたが1冊づつビニールに包まれています。
これがビニール同士ペタペタくっついて配りにくいことこの上ないのです。
しかも1冊62gありますから私の持ち部数570部をかけると・・・35340g!
約35㎏強!!
重い・・・重いよ、トイザ○スさん!

このカタログってかなり前からありました。
りっちが幼稚園生の頃かな?
ポスティングされていたか新聞の折込だったかは覚えていませんが。
私は必死に隠しましたよ。
あれこれねだられるのも嫌でしたが、何より先にカタログで見てしまうと当日の驚き喜びの表情が見られなくなってしまいそうで。
私みたいな人あまりいないのかな?
カタログ見ながら子供に選ばせるのかしら?
クリスマスの頃親子でおもちゃ屋さんで探している姿も良く見ますしね。

親にとっては高いものねだられそうなのでこの手のカタログは迷惑かしら・・・
子供にとっては自分が思っていたものより素敵なものがみつかるので素晴らしい物?
それを配布している私は親にとっては悪魔の手先で、子供にとってはサンタクロースの使者になるのかしら?

でも近い将来この手のカタログもなくなったりして。
PCなどで商品チェックして「お買い物カゴ」をクリック。
すると紅白衣装のおじいさんならぬ、緑のシャツのお兄さんがトナカイではなく黒猫のトラックに乗ってやってくるのかも。
サンタクロースの絵本を見ながらお母さんは「最近のサンタさんは高齢になったので業者に任せたのよ♪」な~んて子供に説明したりして・・・
やだやだ!夢が無~~~いっ!
[PR]

by livingmama | 2010-11-22 11:17 | 日記

早朝のユニクロ、閉店間際のヤマダ電機

昨日の朝は5時台に起きて6時までに千葉市内のミハマニューポートに行ってきました。
目的は朝6時開店(この日だけ特別)のユニクロのウルトラライトダウンジャケットを買いに行くことでした。
5990円の品が3990円なんですよ!早起きの価値があるはずです。
先着100名様にアンパンと牛乳のサービスがあったそうですが行った時にはすでにそれらはなくなっていたようです。
でも私はアンパン狙いではなく、6時までに並んだ人限定のスクラッチカード。
ハンカチや靴下がもらえるそうです。
えいやっ、と引いたくじをコインで削ると・・・うおっ!
『1000円引き』と書いてあるではないですかっ!
てえことは、5990円が3990円になりさらに1000円引きで2990円!!
いやあ、早起きは三文の徳だねぇと歩いていたら急に天地がひっくり返った!
つまらない段差で転んで左ひざをしこたま打ってしまいました。
ついているんだかいないんだか・・・

今日の夜、つまりさっき夕食後に電車で津田沼のヤマダ電機へ行きました。
エコポイントがまもなく終了してしまうので慌てておばあちゃんの地デジテレビを買いに行ったのが夜の9時。
(ヤマダ電機津田沼モリシア店は10時まで)
昼間は信じられないほどのお客さんが押しかけたそうですが、日曜日の閉店1時間前だったのでさほど並ぶことなく値段交渉が出来ました。

家計にやさしい買い物の為に早起きしたり、夜遅く出掛けたり・・・疲れました。
[PR]

by livingmama | 2010-11-21 23:40 | 日記

特殊清掃

一週間前の衝撃的な出来事。
本日亡くなった方の部屋の片付けと清掃が終わりました。
清掃と言っても普通のお掃除ではないので、もぬけのカラになった後の消毒があります。
今回初めて特殊清掃を目の当たりにしました。

テレビや雑誌で目にしたことがある方もいらっしゃるかもしれません。
私は1年前に買った小説「モップガール」でこの職業を知りました。
普段はほとんどの人が知らない職業、でもこの方々がいないと大変困ります。

人の亡くなり方は自宅で穏やかに亡くなる方、病院で医師に看取られてなくなる方だけではなく、不慮の事故や不幸な事件に巻き込まれることもあります。
事件や事故をニュースで知ってもその後の「片付け」のことは報道されません。
警察は最後までやってはくれません。
遺族が出来る範囲を超えたものも沢山あります。
その時に人知れず活躍してくれる人達がいることを頭に刻んでおきましょう。

怒涛の1週間でした。
でも前向きに「私にとって貴重な経験になった」と思います。
[PR]

by livingmama | 2010-11-17 21:05 | 日記

私にとって長~い一日

「弟にとって私だけが肉親なんです。」
半年前にアパートの名義変更で弟さんの保証人として見えたお姉さんの言葉。
今日、この言葉が私の胸にずしりと響きました。

<以下、自分の覚書>
 6:30  管理しているアパートの住人から階下で異常な状態が起きていると通報あり。
 7:30  義母から上記の件を相談され保証人に連絡する。
 9:00  区役所に相談。警察に相談することを決める。
10:00  現地に到着。現状(異常事態)を把握する。
10:30  近くの交番(相談員)に相談。事件性も無く礼状が無いからと同行を拒否される。
11:20  先程の相談員から電話。前言撤回で同行の申し出。
      しかし、現地が管轄外とわかり担当の警察署に私から連絡するように言われる。
11:30  現地近くの交番の警察官と合流、鍵を渡し警官のみ室内に入る。
12:00  住人の死亡確認。


皆さんが目にするものなので詳しくは書けません。
しかし、今日私が日常では体験できない一日を送ったことはわかってもらえると思います。
詳細は私にもまだわかりませんが、冒頭のお姉さんはたった一人の弟さんを亡くされました。
3歳違いの姉と弟。
私と実弟も3歳違い。
その実の弟、本日11月11日が誕生日です。
忘れられない一日となりました。
[PR]

by livingmama | 2010-11-11 20:24 | 日記

洗剤、アクシデント!

やってしまいました!
洗濯用の漂白剤の詰め替え用をボトルにあけかえようと切り口を手で引きちぎった瞬間に数滴飛び散り、その一滴が私の右目を直撃!!
すぐに流水で洗い流しましたがなんとなく違和感が残りました。
パッケージを見ると『異物を感じる場合は眼科へ』とありましたのでかかりつけの医者へ。
思ったとおり少し炎症を起こしていたようです。

目薬2種類出ました。
目のごろごろ感はなくなりましたがなんとなく右目がぼんやりしています。
ああ、仕事の書類がたまっているのに、細かい数字を見るものだから今日は無理だわ。
明日は定休日なのに・・・休日返上で仕事しなきゃ。
[PR]

by livingmama | 2010-11-09 21:47 | 日記

半年ぶりの吉祥寺

今日、文化の日に半年振りに吉祥寺をぶらぶらしてきました。
練馬区から国立市まで通学しているりっちは毎日通るところですが私は久しぶり。
しかも友達との「きちぶら」は初めてです。

友人のみゅーさんは只今文明堂でパートをしていますが、吉祥寺アトレに文明堂と長崎堂というカステラの名店がほぼ隣りあわせで出店しているというので見に行きたい!とはるばる1時間半かけて行ってきました。
文明堂はみゅーさんの店とはかなりラインナップが違った様で、ミニどら焼きやサイコロ状のカステラには彼女もビックリ!
お店が変われば商品が変わるものなのですね~

方や長崎堂が新しく展開した黒船「QUROFUNE」で人気商品が「黒船ラスキュ」♪
スティック状で食べやすく、他の店舗はわかりませんが吉祥寺アトレは不揃いの物の量り売りがあってお安く手に入ります。
この時期は限定商品で「ノボラスキュ」というのがあって通常のラスキュにチョコレートをしみこませたものだそうです。
こちらは試食がなかったのでお味の程はわかりませんが・・・
他にも黒船の形をした最中があって、これは自分で餡子を詰める形式でした。
もちろん普通のカステラもありましたよ。


カステラの話はこれくらいにして(笑)
半年前にりっちと歩いた中道通りを散策してきました。
中道通りの駅から近いところの路地に「カーニバル 吉祥寺」というジャンル分けが難しいお店があります(^^;)
輸入食品&雑貨&デリカテッセンが狭い店内にギュッと詰まっています。
またこの日のレジ係りのおねーさんがパンクロック風で一瞬ギョッとしてしまいましたが。
デリカッテッセンにはおかずがズラ~リ並んでお客さんもズラ~リ!
人気商品はぶっかけ弁当472円、お弁当メニューの中から3品選ぶことが出来ます。
皆さんここでお弁当を買って井の頭公園で食べるのかしら?
ちなみにデリカテッセンは11:30から、雑貨の方は10:30からだそうです。
とにかく異空間の面白さがありますので吉祥寺にきたら寄ってみてはいかが?

中道通りをさらに三鷹方面に進むとあれれ?前にチェックしていた日本茶カフェがない!?
代わりに新しくラーメン屋が出来ているような気がします。
しかも中村屋というラーメン店、数年前に確か店主が若くして有名になったあのお店?
かなりの行列でした!
いえいえ、ココだけではなくどこの飲食店も長蛇の列でした。
私達は早めに駅近くのイタリアンの店に行きましたが大正解でした。
お店を出るとき入り口はかなりの行列でしたから。

りっちがアトレでバイトの日だったので仕事ぶりをちょっと見てから帰宅の途に着きました。
[PR]

by livingmama | 2010-11-03 23:37 | 東京散歩

日本の歳時記を考える 2月の巻

2月の行事といったら節分ですね。
え~、バレンタインデーじゃないのぉ~、と言われそうですがそれはあとで。

節分=豆まきとしか思いつかない方、ちょ~っと違います。
季節が分かれる時を意味するので立春、立夏、立秋、立冬の前日をさします。
年を経て今では冬から春への季節の変わり目が新年の初めを意味するものとされ、立春の節分のみをさすようになったそうです。

節分は2月4日の立春の前日の2月3日になります。
豆まきは全国各地で行われますが、その掛け声は各地さまざまなようです。
「鬼は外」「福は内」が一般的ですが、千葉県の成田山新勝寺は「福は内」だけだとか。
豆を撒くことで邪気(鬼)を払い、福を呼び込むのです。

ところで、豆まきの作法を知っていますか?
神事ですから夜に豆まきを始めるまで、豆は枡に入れて神棚に供えておくのです。
って、現代のおうちには神棚なんて無いですよね。
(我が家は義母が商売をやっているので店に神棚があります)
そして年男か一家の主が掛け声を掛けながら豆をまくのですが、外に向かってまいたら福が出て行かないようにすぐに扉を閉めましょう。
私が子供の頃は弟がまき役で私が閉め役でした。
終了後に歳の数だけ豆を食べます。
私が親に伝え聞いたのは歳の数+1でした。
これで1年間の無病息災を祈ります。

友人宅では玄関に焼いた鰯の頭を柊の枝に刺したものを飾っていました。
これは柊の葉のとげが鬼の目を刺す為鬼が来ないという言い伝えの為。
鰯の頭の悪臭により邪気が家に入るのを防ぐ意味だそうです。
これは30代半ばに初めて知りました。

最近では恵方巻きが豆まきよりメジャーになっている気がします。
「鬼は外~」なんて恥ずかしくて言えないけれど、恵方巻きなら美味しいし無言で食べるからやりやすいわよね~、とお考えの人が多いのかな?
その歳の恵方を向いて7種類の具を巻き込んだ太巻き寿司を無言でかぶりつくのが作法のようです。
なぜ7種類の具なのかと言うと七福神をあらわしているそうです。
我が家は関東の人間なので最近までこの風習を知りませんでした。

さて、お待ちかねのバレンタインデー!
タイトルが「日本の歳時記を考える」ですからねぇ~。
日本の行事では無いのでカットします。
・・・と言ったら怒られそうなので、簡単に。つまり番外編。
実は遠征する兵士の結婚を禁じたローマ帝王に反対したバレンタイン司祭が処刑された日。
彼が愛を守護する聖人とみなされて殉教日が記念日になったそうです。
20世紀になると男女が愛の告白をして贈り物をするようになりました。
国によって愛の告白を女性から、男性からと違いはあるようです。
皆さんご存知の通りチョコレートを女性が贈るのは戦後菓子業界が考えた日本独自のもの。
冬はチョコレートを作るのにうってつけの時期ですしね。
菓子屋になるべく修行中の娘も1月か2月にチョコレートの実習があるのかな?

そうそう、来年の2月初旬だったかな?
『洋菓子店コアンドル』という映画が封切られます。
蒼井優ちゃんと江口洋介さんのW主演です。
お菓子に興味がある方は彼氏と一緒に見に行かれてはいかが。
[PR]

by livingmama | 2010-11-02 11:37 | 日記

今日は何の日

朝から夕方までに3社もの保険会社の人が我が家にやってきました。
はて、なぜだろう・・・そうか、今日は生命保険の日だった!
生命保険協会が保険強化月間の11月の1日に制定したんだったかな?
へへ、元保険会社勤務ですが内勤の人事担当だったので保険のことよくわからないのです。
3社目の人にその話をしたら「え、私はそのつもりで来たのじゃないけれど・・・たまたまお宅の前を通ったから毎月の小冊子を届けたの^^」(ちなみに彼女は友人です)
夫の保険の見直しの件を聞いたらちょっと驚くことが。
私が勤めていた頃は保険年齢と言うのがあってお誕生日を境に前後6ヶ月が保険年齢。
つまり1月に10歳になった子供は9歳6ヶ月から10歳6ヶ月までが10歳と言うわけ。
それが数年前に実年齢に変わったそうです。
1月18日生まれの子供は1月1日から10歳で、12月31日までが9歳と見るそうです。
但し、全部の保険会社ではなく各社違うので入る前はご確認を。

でも、一般的なのは寿司の日ですよね。
他に紅茶の日や本格焼酎の日(なぜ本格が付くのかは謎^^;)の日のようですがこれらは昭和50年以降に制定されたもの。
寿司の日は確か昭和30年代だったと思いますから「何の日、食べ物編」では先駆者。
でも、昼間にスーパーに行った時はそんなこと忘れていましたから今夜はから揚げと高野豆腐の煮物がメインでした。
[PR]

by livingmama | 2010-11-01 23:03 | 日記