風邪ひいていました

2年ぶりにまたドカンと風邪を引きました。
何とか通常の生活を再開するのに1週間以上かかってしまいました。
あ、インフルエンザではありません。
でも熱以外の風邪の症状がフルコースで襲ってきた1週間でした。

2月20日の夕方から急に咳き込むようになりました。
翌日になっても引かないので近くの内科に行って咳に効く漢方薬を処方してもらいました。
この日はりっちの歯科矯正の日。
矯正器具の針金を付け替えたので結構時間がかかってしまいました。
その後りっちの要望で製菓材料店と珈琲問屋に寄った頃ズンと頭痛がしました。
帰宅後に頭痛が激しくなり、更に腹痛まで襲ってきました。
22日に再び医者へ。
点滴を受け薬も咳用から頭痛・腹痛用に変更。
食欲が全く無く、薬を飲む為に仕方なくおかゆを少量食べること2日間。
丁度りっちが千葉の家にいたので家族の食事の支度をしてくれて助かりました。
幸いにも水曜・木曜は店の定休日だから寝ていられる・・・と思いきや、リビング新聞の配布があったんだった!
しかもこんな時に限って挟み込むチラシの量が多い(6枚!)なんて。
追い討ちをかけるように頼みのりっちは学校へ(21,22日は学園祭休み)
ふらふらでしたが休みながら時間をかけて何とか終了。
配布は兄ちゃんが手伝ってくれました。
しかしこの頃三度目の症状変更!
鼻水と鼻づまりで、夜になると寝苦しくなりました。
25日に今週3回目のお医者さん訪問、再び点滴を受けて薬も変更。
あ~あ、私は1週間で何種類の漢方薬を飲んだんでしょ、まったく!

本日28日にようやく仕事に完全復帰できるようになりましたが、悔いが残ることも・・・
22日は実家の両親の51回目の結婚記念日。
25日は夫の誕生日。
両方とも寝込んでいたのでお祝いが出来ませんでした。
ごめんなさい。
[PR]

by livingmama | 2011-02-28 11:40 | 日記

残念から生まれた大金星 ~盛岡じゃじゃ麺~

リビング新聞の配布を兄ちゃんに手伝ってもらったのでお礼にお昼ご飯をご馳走することを約束して隣町まで出かけました。
ちょっと前から気になっていた千葉大近くのカフェに行ったところ店内は満席!
しかも私と同等クラスの年齢の方ばかりで、もし二席空いていても兄ちゃん連れでは入りづらい雰囲気でした。
(後で調べたら14席の小さなお店でした)

時刻は13時半、お腹はかなり空いています。
確か私鉄駅近くにラーメンかうどんのお店が最近OPENしたような、と歩いていくと・・・
ありました!本場盛岡 じゃじゃ麺 拌 BAN みどり台店というお店でした。
盛岡じゃじゃ麺?どんなものだろうと入ってみることにしました。

よく耳で聞く「ジャージャー麺」は中華麺で作りますが盛岡じゃじゃ麺は平打ちのうどんのような麺でした。
私は基本のじゃじゃ麺ではなくピリ辛タイプの物を注文。
麺の上にのった肉味噌は山椒などの香辛料が入っているようです。
これを一緒にのっている葱やきゅうりとよく混ぜていただきます。
麺はもちっとした感じで肉味噌がねっとりまとわりつくように絡んでいきます。
中華系の香辛料大好きな私には癖になるお味でした。

じつは私が家で作るのは中華麺タイプではなくうどんで作っていたので知らないうちに盛岡風だったことが判明しました(^^)
ジャージャー麺が無性に食べたくなった時ひき肉と味噌はあったのに中華麺が無し!
しかたなく冷凍の讃岐うどんで作ったところりっちに大うけしたのです。
ですから兄ちゃんの感想が「母が作るジャージャー麺みたいだね」でした。

並(1玉)・中(1.5玉)・大(2玉)から選べますがお腹が空いていたので中サイズを注文。
それでもぺろりと入ってしまったので追加でスープ(チータン。50円)を頼みました。
じゃじゃ麺を食べ終わると器にかなりの肉味噌が残ります。
そこにカウンターに置いてある生卵を割りいれて箸でかきまわし、「チータンお願いします!」とお店の人に言うのです。
器にたっぷりの熱々スープが入って生卵が煮えて美味しそう~!
でもまだ飲んではいけません。
テーブルの上に置かれた沢山の調味料をお好きに入れて好みの味にします。
塩、醤油、酢、自家製ラー油、味噌、おろしにんにく、魚粉・海老粉からチョイス。
私は肉味噌がかなり残っていたのでちょっと味噌を足してラー油を加えました。
薄味にしたのでたっぷりの量でも飲みきっちゃいました!
プハ~、大満足!!

ご近所の方、お勧めですよ~。
本来行こうとしたカフェは帰りにはガラガラだったけれどスープが喉まで詰っていたのでまたにして帰りました(^^;)
[PR]

by livingmama | 2011-02-17 21:56 | 千葉

HAPPY BIRTHDAY!・・・なのに

今日はりっちの19回目のお誕生日。
しかも連休になるので下宿先から本日千葉に戻ってきました。
夕飯は数日前から近くの宅配ピザを頼むことに決定していました。
駅のショッピングモールで買い物してからピザ店に寄ったら・・・
「すみません。パンピザ生地が売り切れで今からですとお持ち帰りでも1時間待ちです。」
え、持ち帰りで1時間待ちは相当なものです。
(家から歩いて2分の距離なのでいつも待ち時間が短い持ち帰りにしています)
ということは出来上がりが20時40分!?
あきらめて家に帰りました。

さあ、ピザをあてにしていたので夕飯の用意がしてありません。
さっきローストポークを買ったから洋食系と決めて急いでスーパーへ。
ピザに未練が残っていた夫からは「チルドでいいから買ってきて」とリクエスト。
りっちはカルボナーラスパゲッティを希望。
それにするにはベーコンが足りない!
急いで行って帰って超特急で作りました。
りっち、ありあわせの夕食で本当にごめんね!


ところで、話は昼間にさかのぼります。
11時過ぎに大学に向かった兄ちゃんからメールがきました。
『マルエツの方向で火事みたい。煙と匂いがすごい!』
たまたま駅近くの書店にいたのですぐに飛び出ると確かに焦げ臭い匂いがします。
黒煙の方向には友人宅が何軒かあるので心配になって行ってみました。
消防車が何台も煙の方向に向かって行きます。
上空には赤いヘリコプターが旋回しています。
急ぎ足で行くとKさん宅を過ぎました。
ホッとするもつかの間、その先には仕事仲間のOさんとSさん宅があります。
Oさん宅も通過・・・え、Sさんの家!?
大通りから路地に入ると沢山の野次馬の中にSさんがいました。
ドキリとしてSさん宅を見ると火は出ていません。
その後方から黒煙が昇っています。
Sさんに声をかけると「裏のお宅なの・・・お子さん同じ学年じゃなかった?」
なんと中学のPTAで一緒に役員をした方のお宅でした。
とりあえずSさんの無事は確認でき、野次馬は迷惑になるので退散しました。
そこから自宅へ戻る途中(現場から250m程の距離)にKさん宅がありましたが、なんとそこまで灰が降ってきていたのです。
Kさんの庭には洗濯物が沢山干してありました。
おせっかいかなと思いましたがチャイムを押して火事のことを伝えましたら、家の中にいたから全然気がつかなかったとのことでした。
夏なら窓を開けていたから気がついたかもしれませんが、冬では密閉された状態なのでわからなかったそうです。
500m以上離れた駅の商店街まで焦げ臭さが押し寄せたそうです。
かくいう私もなんとなくすすけて帰宅しました。
さ、お風呂に入って洗い流さなくては!
[PR]

by livingmama | 2011-02-10 22:10 | りっち

兄ちゃんの試練!

昨日は兄ちゃんドキドキの日でした。
実は卒業研究発表会だったのです!
理系の大学ですから卒業論文ではなく卒業研究。
でも理系が苦手な兄ちゃんはどちらかといえば文献研究でしたから卒論かな?
時間の関係で半分の人のみ発表でした。

兄ちゃんが所属するゼミは教授の方針で全員発表!
他のゼミは代表者のみですから一番できる学生の研究が披露されたそうです。
論文のみは実験結果+論文の人に比べて見劣りします。
しかも兄ちゃんの順番がお腹が空いてくるお昼前の最悪な時間。
発表者の本人も空腹でイライラするし素晴らしい研究結果の後ですから「あら捜し隊」の学生(主に3年生)が痛烈な質問を浴びせてきたそうです。
危うし、兄ちゃん!!
しかし手元の印刷した資料にこそ載せていなくても沢山調べたので頭の中には資料が詰っていたそうです。
すべての質問に即答できたおかげで担当教授からも褒められたそうです。
発表内容だけではなくその場での瞬時のやり取りも評価基準になっていたそうです。
相当神経を使ったのでしょう。
Yシャツの襟首手首は真っ黒、朝シャンしたのに夕方には脂臭い頭で帰宅しました。

しかし、見る側の態度がかなり悪く私語や笑い声が耐えなかったのでぶち切れそうになった兄ちゃんを止めてくれたのが一番の仲良しのR君。
彼は在日韓国人ゆえにからかわれることが多かったそうです。
それゆえかなりの忍耐力がついているのか「今暴れたら水の泡だ!」と抑えたとか。
そして終了後に仲良く「ステーキのけん」でお腹いっぱい食べたんですって(^^)
「マンガで見た!ワンポンドステーキ460G」を食べたR君!
就職が決まったのでかなり贅沢しちゃったそうです。
兄ちゃんは注文したものが品切れでちょいがっかりでしたがお店の配慮でアイスクリームの食べ放題を無料サービスしてもらったそうです。

辛い事の後にプチな幸せがありました♪
[PR]

by livingmama | 2011-02-06 12:07 | 兄ちゃん

後厄、てんこ盛り!

1月のりっちはほーんとにショックなことばかりでした。
学校帰りのバスの中で眠ったまま終点近くまで行っちゃった、なんてかわいいほうです。
実習中に天板が手首にぶつかってかなりの火傷をしてしまいました。
痛点が鈍いのか手首に熱いものがあたってから数秒後に「・・・熱い!」となったとか。
火傷の度数では2度との事で、皮膚科の先生曰く「毛穴が死んでいる」そうです。

火傷の数日後、高校時代の部活の顧問の先生から悲しいメールがきました。
家庭科の補助員の女性(正式な教師ではなく扱いはパートさん)が亡くなったとの事でした。
お通夜は3日後との事でしたが実はこれが大変だったのです。

皮膚科に行く日とお通夜の日が重なってしまったので、4時間目の授業だけ学校を早退して皮膚科に行きました。
学校は西東京地区、お通夜が行われるのは東東京地区。
移動だけでも結構時間がかかるのに間に皮膚科タイムがとられます。
18時からのお通夜開始時間にはちょっとばかり遅れそうだけど頑張って行くからね、と元部活のメンバーにメールして会場に向かったりっち。
ところが・・・都営地下鉄でまたしても寝すぎて終点まで行ってしまいました!
「どうしようメール」が私の携帯に入ったので友人に遅れるとのメールを打ってすぐに逆戻りして慌てずに会場へ向かうように指示しました。
数十分後、またしても泣きながら電話をしてきました。
「もう2キロほど走っているけど会場が無い!」
え、そんな馬鹿な。1.2キロのところにあるはずなのに。
駅からは間違えようの無い1本道です。
まさか、逆方向に行った!?
現在地の住所を聞くとやはり逆方向をひた走りに走っていたそうです。
元来た道を戻りつつタクシーをひろっていくように指示しました。
大騒ぎの後、なんとか会場に着いたのはもう19時半を回っていました。
友人達は待ちきれず帰った後でした。
助手の方が亡くなった悲しさと道に迷って遅れた自分のふがいなさにさらに号泣したりっちでした。
だいぶ経ってからきたメールに「先輩が待っていてくれたから一緒に駅まで帰ってきた。」とあったのでひとまず安心しました。

そして、1月最後の日に極めつけの大どじをやってくれました。
週末に歯医者と巫女バイトがあった為千葉に戻っていたりっち。
月曜日の日に自宅から直接学校に行くようにレシピファイルやコックコートを持参していたのに、あろうことか大事な実習セットを下宿先(私の実家)に置いて来てしまったのです!!
気がついたのが日曜日の夜11時少し前。
探しても無いので置忘れが発覚。
実家の両親はもう寝ている頃だから電話で確認できないし・・・
またしても自分のドジぶりに自暴自棄になりそうなりっち。
意外なことに落ち着かせて励ましてくれたのが兄ちゃんでした。
「明日何時に練馬の家に着けば間に合う?電車の時間調べてあげるよ。」
兄ちゃんが頼もしく見えましたよ。

1月31日早朝5:10発の電車に乗って下宿先に向かったりっち。
朝起きた母はさぞ驚いたことでしょう。
寝ている時間帯だから連絡せずにいきなり帰ったので・・・
[PR]

by livingmama | 2011-02-01 12:07 | りっち