まあこんな時に、と言われそうですが

3月11日の東北・関東の大地震から2週間。
ようやく買占めも鎮火し、手に入りにくかった牛乳・食パン・トイレットペーパー・お米がスーパーの店頭に並ぶようになりました。
千葉市は計画停電地域に入っているので駅前のお店などは停電の時間帯に合わせての営業になっていますが慣れてしまえばたいして不便ではありません。
ところが地震直後から我が家にはひとつの心配事が・・・
3月の下旬に家族旅行を予定していたのです。
4月からの新年度はりっちが就職活動で忙しいのと航空会社の期限の迫ったマイルが貯まっているので1月に旅行の計画を立てました。
場所は神々が集う国・出雲。
実は昨年12月初旬に夫と二人で松江に行って楽しかったので今度はりっちも連れて行こうということになったのです。
あ、兄ちゃんは以前飛行機に乗って耳を悪くしたのでお留守番です。
(飛行機はおろか、高層ビルのエレベーターや地下鉄もアウトなので自ら辞退しました)

飛行機が飛ぶこともわかり、最寄駅前から羽田直通のバスが出ることが出発の数日前に決まりました。
せっかく行くので大雑把に松江・安来・出雲・石見銀山を訪問することも決定。
宿だけ決めて後は当日行き当たりばったりの旅です。

出雲大社は巫女バイトをしてから神社マニアになったりっちの希望です。
安来市にある足立美術館は私の希望。
世界遺産になった石見銀山は夫の希望。
松江城近辺は3人の希望でした。
個々の希望は皆クリアしたのですが、松江城の開府400年の記念行事は震災の影響ですべて中止になってしまいました。
九州新幹線の開業を筆頭に日本各地でイベントが中止になったようです。

さて、今回の旅で特筆すべきは天気!
まず出雲空港上空が雷でフライトが危ぶまれ、無事に着いたら着いたで曇り・晴れ・雪・雨と1時間の間にめまぐるしく変わる毎日でした。

そして島根の人はとってもやさしくて親切でした。
四国も何度訪れても飽きませんが島根もまた行きたくなる場所のひとつになりました。
[PR]

by livingmama | 2011-03-29 16:04 |

我が家のパン屋さん

我が家の主食の食事スタイルは以下のようになっています。

朝食・・・パン食
昼食・・・麺類多し、夫はお弁当
夕食・・・ご飯が基準。但しパスタの時もある。

従って朝はパンが食べたいけれども今はパン屋さんが長蛇の列で手に入りません。
そこで鼻息荒く腕まくりしたのが我が娘りっち。
「みんなのパンはりっちが作るよー☆」
しかし粉がスーパーの店頭から消えてしまっています。
そこでりっちは隣町まで自転車で行き、製菓材料店で粉をゲット!
「本当は春休みに習ったケーキの復習をする予定だったんだけど、パンに変更!」

計画停電の合間をぬって発酵時間なども計算しテーブルロールを作り始めました。
通常はオーブンの発酵機能を使いますが節電して我が家の中で一番暖かいりっちの部屋の布団の中に湯たんぽを沢山入れて発酵させました。
私が使い込んだオーブンは天板が一枚しかないのでいっぺんに沢山焼けません。
そこで1回で焼ききる分づつ数回に分けて作りました。
ノーマルなテーブルロール(バターロール)、レーズン入り、黒糖味。
設備が整った学校と違いすべて手作業&発酵も工夫したもの。
それでも何とか美味しく出来ました♪

今日からはバイトが始まるのでしばらく手作りパン屋さんはお休みです(^^)
[PR]

by livingmama | 2011-03-20 09:33 | りっち

3/11 東日本大地震

今週はりっちが歯科医通院のために千葉に帰ってきていましいたが11日の昼に都内に戻ることになっていました。
15時から吉祥寺の駅ビル内でバイトの為です。
「今日は夜遅くまでバイトだから吉祥寺で14時頃お昼を食べるね。」とでかけました。
私は今週のリビング新聞の配布が残っていたので午後に出かけようとしていました。
するとおばあちゃんが「ちょっと疲れたから寝ていてもいい?」と聞いてきました。
まあ、配布は夕方でもいいからおばあちゃんの体優先で店番をしていました。

14:40頃更新契約のお客様が見えました。
その数分後宅配便のお兄さんが店頭に来ました。
荷物を自宅に移動しようとしたらグラッと来ました。
「あ、地震!」
ところがいつもの地震と規模が違います。
「おかあさんっ!事務所の机の下に入ってくださいっっ!!」
おばあちゃんに声をかけて誘導して机の下に入ってもらいました。
私も自分用の事務机の下にもぐりこみました。
(長い!しかも揺れが酷いっ!)
2階の自宅で食器類が割れる音がします。
(あー、何が壊れたんだろう!?)
本当に長い長い揺れがおさまった後2階に駆け上がりました。
廊下の物入れタンスの上の荷物がみんな落ちていました。(軽いティッシュやキッチンペーパーの類ですが)
リビングの食器棚の扉は閉まっている・・・うおっウイスキーの瓶3本が落ちているし器が一枚割れている!
扉が開いて物が落ちてまた閉まったちゃったんだ。
キッチンは・・・うおぉぉ、りっちがお菓子作りに使っているパイレックスのボウルが全滅!
鍋物の時に使っている小鉢も全滅。
でも被害はそのくらいで済んだようです。
兄ちゃんが3階からズダダダダダッッと下りてきました。
「のりある?のりっ!」
え、何か壊れたの?
「3時からバイトの面接なんだよっ!」
ああ、履歴書に写真を貼る糊のことね。

その後余震が続き、おばあちゃんは桃色の布団を頭から被ってずうっと事務机の下に丸まっていました。
なんだか愛媛の姫だるまみたい・・・あ、種類棚の上のだるまは落ちたかしら?
目を上へむけて思わず笑いそうになりました。
バレーボールほどの大きさのだるまさん、位置は変わらずに後ろを向いている!
達磨さんが転んだ、という遊びがありますがうちの店のだるまさんは転びませんでした。

たぶん携帯は繋がらないな、と思ったら案の定でした。
しかし夫から15:33に『大丈夫?』のメールが入りました。
けれども返事は送信できませんでした。
とりあえず夫は大丈夫みたい。
りっちは!?
ちょうどバイト先で着替えていた頃だろうな、たぶん大丈夫だろう。
実家には夕方固定電話が繋がり連絡が取れました。
りっちからは17時過ぎにメールが入り、バイト先は昨年夏に耐震強化工事をしたので大丈夫とのことでした。
関西方面のお友達からも次々携帯メールが届いたのが夜もふけてから。
ご心配いただきありがとうございました。

かえで一家は全員無事でございます!
[PR]

by livingmama | 2011-03-13 13:14 | 日記

3月って早いっ!

今日いらしたお客様の領収書に日付を書く時に心の中で「もう8日なの!」とビックリ。
2月が28日までしかないのであっという間に3月の三分の一になろうとしています。

りっちの学校が3月3日までで、この日が実家の父の誕生日。
りっちは2年生の先輩の最後の販売実習でおじいちゃんにケーキをワンホールとバゲットを買ったそうです。
自分のお小遣いから出したと思いきや、「おじいちゃんがお金くれた!」
それじゃ駄目じゃないの~008.gif

3月4日に急遽実家の母とりっちと会うことになって東京国際フォーラムで待ち合わせ。
数年前に讃岐のちぃさんと昼食を食べたごはんCafeに行こうとしたら2月末で閉店!!
かなりのショックでしたが母に「日比谷に蒸し料理が美味しい店があるの」といわれすぐに立ち直った私とりっち。
母が紹介してくれたお店は鹿児島の豚肉料理のお店で「1・2・3」という名前でした。
せいろに沢山の野菜と豚のしゃぶしゃぶ肉、蒸し寿司、大きなお椀の豚汁で1000円ちょっとだったかな?
まだ胃袋が病み上がりであまり入らなかったので残りはみんなりっちの胃袋へ。
本当に良く食べる娘です。

3月6日は夫が会社のOBの方々と上野の博物館に平山郁夫展を見に行き、次に練馬区の交響楽団の演奏を聴きに行きました。
ここで素晴らしい偶然がありました。
夫の先輩の娘婿さんが楽団でオーボエを演奏するから誘われていったのですが、そのコンサートのパンフレットの表紙を描いた(正式には切り絵)のが実家の父だったのでした。
練馬区在住の父が所属する切り絵のサークル仲間が楽団の方と知り合いで表紙の作成を頼まれたのだそうです。
表紙に確かに父のしるしの四角の中に「久」の文字がありました。
なんかとっても誇らしくて嬉しかったです。

あー、来週は兄ちゃんの大学の卒業式だ。
卒業はしたけれど・・・就職難の時代を恨む兄ちゃんであります。
[PR]

by livingmama | 2011-03-08 15:08 | 日記