ホウレンソウ

食卓の上にプリントが1枚置いてありました。
何だろうと広げてみると・・・
『ホウレンソウ(英名:spinach、学名:Spinacia oleracea L.)はアカザ科の野菜。・・・・・・・』
ん?誰の、これ。
「あ、俺の俺の!テストの範囲で出て来るんだよ。」
高校3年生の期末テスト最後の出題が「ホウレンソウ」とはさすがに農業系!

語源はペルシア語からきていてアラブ方面から持ち込まれたとの事。
小さい頃から鉄分が豊富だからとにかく食べろと言われて育った年代なので、実際は他の緑黄色野菜と同程度と言われるとなんかちょっと悔しいのです。
特に根元の赤身がかったところ。
美味しくないのに「ここが一番鉄分がある」と言われちゃあ我慢して食べるしかなかったの!
でも、実際は違ったみたい・・・。

よくホウレンソウは『○○何個分の鉄分』と書かれて売られていますが、
誤ったイメージを悪用したものだと言われているそうです。
もうひとつ驚いた記述は茹で方。
理想の茹で方を紹介します。
1、お湯はホウレンソウの約10倍(シュウ酸がお湯に溶け出す)
2、水道水にはホウレンソウのミネラルを奪う次亜鉛素が含まれているので
  ミネラルウォーターや浄水器を通した水を使う。

なんともデリケートなお野菜ですこと!
でも勉強になりました。
[PR]

by livingmama | 2007-01-28 23:41 | 食べ物